201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

また、教職員の──学校のと言ったほうがいいのかもしれませんが、対応に苦慮する内容につきましては、弁護士による相談体制を整備しております。  また、管理職を中心として、学校組織として対応するということを前提としながら各学校には指導しておりますので、それぞれの課題について対策を講じているというふうに考えているところでございます。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

サポートの内容は、事業承継に関するアドバイス弁護士などの専門家の無料派遣、M&Aのマッチング支援などを実施されております。  次に、佐賀県事業承継ネットワークでございますが、こちらは平成30年7月に設置され、佐賀県、県内の20市町や商工団体金融機関士業等の専門機関など73の支援機関で構成されております。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

ただ、市民相談という部分で大きく見ますと、佐賀市はそのほかにも一般的な市民相談、また弁護士土地の関係等、専門的な相談を受けることができる市民相談も行われております。なので、ちょっとここからは課題把握という部分で、市民生活部のほうにお話を伺っていきたいと思っております。  今、申し上げたような内容で、やはり市が行っている市民相談の役割というのは大変重要であると思います。

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

歳出の主なものでは、款2.総務費、平成30年度の精算のためのふるさと寄附金基金特別会計への繰出金、会計年度任用職員制度の創設に伴う財務システム改修委託料、行政訴訟弁護士委託料。  款3.民生費では、障害福祉費で、平成30年度の精算のため各負担金返還金、児童福祉費では、子どものための教育保育給付費負担金、同じく子育てのための施設等利用給付費負担金をお願いいたしております。  

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

具体的にちょっと何点か支援の内容を御紹介させていただきますと、例えば市の見舞金制度といたしましては、亡くなられた場合の御遺族の方への見舞金としまして30万円、それから重傷病に対する傷害見舞金といたしまして10万円、それから県による弁護士の相談料無料支援、こういったこともありますし、さらには全国被害者支援ネットワークによる被害者緊急支援金も用意されております。  

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

策定委員会は、長年、自殺対策に取り組まれております佐賀いのちの電話、そして法律専門家として日常生活におけるさまざまな問題の相談に応じられております佐賀県弁護士会から委員を推薦していただいております。悩みを抱える生の声に日ごろから接しておられる方に参加していただくことは大変重要であると思っておりますので、そうした団体に御協力をお願いしたいというふうに考えております。  以上です。

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

について                  │ │    │   │       │ (1) 補聴器購入補助の拡充を                 │ │    │   │       │ (2) コミュニケーション支援アプリ(UDトーク)の普及を   │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │ 10 │山 田 誠一郎│1.弁護士

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

児童虐待の防止等に関する法律第5条第1項におきまして、「学校児童福祉施設病院その他児童福祉に業務上関係のある団体及び学校の教職員児童福祉施設職員医師歯科医師保健師、助産師、看護師弁護士その他児童福祉に職務上関係のある者は、児童虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、児童虐待の早期発見に努めなければならない。」とされているところでございます。  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

児童虐待に関する現状と不登校児童・生徒に対してのかかわりということでございますが、児童虐待の防止等に関する法律の第5条第1項には、「学校児童福祉施設病院その他児童福祉に業務上関係のある団体及び学校の教職員児童福祉施設職員医師歯科医師保健師、助産師、看護師弁護士その他児童福祉に職務上関係のある者は、児童虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、児童虐待の早期発見に努めなければならない

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

まず、弁護士等を活用した苦情対策についてです。  近年、多様化、複雑化する住民ニーズに対応して、地方自治体における行政需要は拡大、高度化の一途をたどっております。幅広い視点からの法的検討を踏まえた対応に迫られています。佐賀市においても苦情や過剰な要望等で担当職員だけでは対応が難しい場合があると思います。そのような問題が発生した場合、弁護士に頼らなければならないこともあると思います。  

佐賀市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会−03月04日-03号

また、管理瑕疵の有無については、同じく全国市有物件災害共済会では、事故の案件ごとに事故発生原因、また、そのときの天候状況、時間帯、相手方の通行状況などを調査され、これらの要因をもとに保険会社弁護士と相談、協議を行いながら、過去の事例等も参考にしながら、管理瑕疵の割合を含めて本市で判断しております。

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

次回は3月8日に原告側からの反論が予定されていますが、裁判については、今後も弁護士と相談しながら慎重に進めていきたいと考えています。  次に、社会教育課について報告します。  青少年関係事業では、後期の放課後子ども教室推進事業として、中原風っ子元気スクール、茂安っ子いきいきスクール、三根わくわくスクールにおいて各種教室を開催し、延べ573人の参加があり、2月に閉校式を行いました。  

佐賀市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会−02月26日-01号

について)        佐賀市土地改良区連絡協議会            会長 江口善己 外7名 ・奥山等のスギ・ヒノキ放置人工林を、森林環境譲与税(仮称)で順次計画的に皆伐を進め、天然林に戻すことを求める陳情書         一般財団法人日本熊森協会               会長 室谷悠子 ・要望書(辺野古新基地の問題に係る情報発信や決議等を求める要望)              沖縄弁護士

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

その後、改善点の提案や、大きな債務を抱えている方には、弁護士との債務整理の相談に随行するなど、一時的な相談ということではなく、ある程度めどがつくまで、伴走型で支援をしていくということを想定している。このことから、今までやってきた内容よりも、深く、長くつき合うというような支援になる予定であるとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

佐賀市犯罪被害者等支援条例第6条についてですけれども、相談及び情報の提供等について、県では弁護士会が行う法律相談にかかる費用を2回まで援助するというふうになっていますけれども、実際には被害者の方が相談する場合に無料相談が2回で済まない場合もあるということで、例えば、先進地の明石市では県の負担分以外に3回目以降の相談料については市が負担しますよということで記載されておりました。  

みやき町議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

今後の裁判については、弁護士と相談しながら慎重に進めていきたいと考えています。  また、11月9日に、佐賀県中学校駅伝競争大会が白石町で開催され、中原中学校男女と北茂安中学校の女子の3チームが郡代表として出場いたしました。  次に、社会教育課について報告をします。  青少年関係事業では、みやき町の小・中学校交流主張会を11月8日に中原校区、17日に北茂安校区、22日に三根校区で行いました。

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

現在、個別には空き家に関する一般市民の相談者等からの御希望がございましたら、NPO法人、宅建業協会、弁護士会など相談内容に応じ関係する民間団体等を御紹介しているところでございます。  まずは、これら個別相談に加えまして、個人情報に配慮しながら事例等を示しつつ、関係団体を交えて忌憚なく議論ができるような場を設けることができればと考えております。