143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

これからも趣向を凝らした仕掛けを行い、多くの皆様が柳町かいわいの趣のある歴史建造や町並みを散策しながら、佐賀のよさを改めて感じていただけるよう取り組んでまいりたいと考えております。  以上です。 ◆永渕史孝 議員   自民政新会の永渕史孝です。先日の大雨にて被災された方々にお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を衷心より祈念いたします。  それでは、通告に基づきまして4点質問いたします。  

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

その内容でございますけれども、子どもたちが主体的に、幕末から明治にかけて活躍した郷土の人物、史跡建造、こういうものから自分で課題を見つけて設定し、調べ、考え、それをまとめ、作品としてこちらのほうに応募していくと。これには小学校の数は五、六校だったかと思いますけれども、グループで参加し、中学生については全部の中学校、18校が参加してくれました。

みやき町議会 2017-12-12 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第2日) 本文

その中で、歴史的に文化財として価値があると判断される重要な建造については、指定に向けて検討を行っていきたいと考えているところでございます。  価値判断については、専門家や有識者の意見を聞いた上で審議会等で判断すべきであると考えております。また、指定に向けた中で一番重要視されるのが物件の所有権や所有者の意向などであると考えますので、該当する物件のケースに応じて対応をしていきたいと思っています。  

佐賀市議会 2017-09-11 平成29年 8月定例会−09月11日-04号

東名遺跡が重要文化財になるでしょうから、1つふえるわけですけれども、川副町の山口住宅、富士町の吉村家住宅、それから筑後川の昇開橋とか、与賀神社の三の鳥居とか、与賀神社の石橋とか、そこの建造として全然動かせないものが多々あるんですね、国指定の重要文化財の中には。では、今、議論している埋蔵文化財となると幾つあるかといいますと、国指定に関しては2つか3つでしょう。

佐賀市議会 2017-09-08 平成29年 8月定例会−09月08日-03号

佐賀市は、佐賀市固有の歴史的風致の維持及び向上を図るため、佐賀市歴史的風致維持向上計画を策定し、平成24年度から平成33年度までの10年間の計画期間内において、歴史建造の保存、伝統と歴史に対する市民啓発と個々の活動への支援、江戸期の町割りを継承する道路や水路の保全と活用を基本方針とし、さまざまな事業に取り組んでこられています。

佐賀市議会 2017-03-08 平成29年 2月定例会−03月08日-05号

実相院仁王門正面の額裏には「寛永20年」──1643年ですが──と書かれ、県内でも数少ない江戸時代前半の貴重な建造になっております。  幕末になりますと、多布施反射炉でつくられた大砲の試射や大砲演習が大久保地区のお台場で行われるようになりました。当時の砲弾が試射の的が置かれたミカン山から多数発見されております。

佐賀市議会 2017-03-07 平成29年 2月定例会−03月07日-04号

佐賀藩本丸の佐賀公園整備も着実に進んでいる状態で、まさに歴史が今語られている時代ではありますけれども、残念ながら蓮池には佐賀らしさを生み出す貴重な地域資源建造、これが存在しないわけなんですけれども、歴史的風情と情緒を色濃く残した地域であるということで、これまで以上に、今後、歴史にかかわることにおいて支援が考えられないのか、その点、社会教育部長どう考えられるのか、お答え願いたいと思います。

みやき町議会 2016-12-15 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第5日) 本文

施設航空写真ですが、赤い太線で囲んでいる5つの構造物が解体・撤去予定の建造でございます。中央の1番の建物、既存のみやき町庁舎ではございますが、そのうち点線部分が鉄筋コンクリートづくりであると判明した部分であります。黄色の線で示した部分が未確認の地下埋設物が確認された部分でございます。  以上で議案第63号の説明を終わります。

佐賀市議会 2016-12-09 平成28年11月定例会−12月09日-06号

まず、文化財とは、文化財保護法において歴史上、芸術上、学術上、鑑賞上等の観点から価値の高いものとして有形文化財無形文化財民俗文化財記念物文化景観、伝統的建造群の6分類で定義されております。これに対し、歴史遺産とは、法律などによる明確な定義はございませんが、佐賀市では人類の文化的活動によって生み出された歴史的に価値の高い有形、無形の所産とし、文化財を含む広い意味で使っております。  

佐賀市議会 2016-06-16 平成28年 6月定例会−06月16日-03号

それと、指定文化財ではございませんけど、国の登録文化財建造として、野中烏犀圓のしっくい壁が剥がれるなどの被害を確認しております。 ◆山下伸二 議員   これからこの文化財については佐賀市と所有者で話をしながら対応をされていくと思うんですけども、こういった被害に対して佐賀市として今後どのような対応をされていく考えなのか、お示しいただきたいと思います。

鳥栖市議会 2016-03-08 平成28年 3月 定例会-03月08日−02号

国のほうでもこうした文化財建造を後世に残していく目的で、文部科学大臣文化財登録原簿に登録して評価する制度があります。先ほど言われた網田駅、嘉例川駅、大隅横川駅も国の登録有形文化財となっております。  そこで、重ねて質問しますが、一般に教育委員会文化財の価値があるかもしれないと考えた段階で、文化財保護審議会に伺うシステムになっております。

佐賀市議会 2015-10-09 平成27年 8月定例会−10月09日-付録

について         │ │    │   │       │ (2) 施設の機能充実と活用について               │ ├────┼───┼───────┼────────────────────────────────┤ │ 17日 │ 24 │江 原 新 子│1.小学校での予防医療の実施について               │ │ (木) │   │       │2.歴史建造

佐賀市議会 2015-09-10 平成27年 8月定例会−09月10日-02号

そういう意味では、人づくり、そういったことについても、今後、佐賀市として積極的に支援をしていただきたいと思うんですけれども、次に、佐賀市歴史的風致維持向上計画に基づく取り組みについて質問をさせていただきたいと思うんですけれども、ここも4核エリアの中で、特に東側に位置します柳町周辺、歴史建造がたくさん残っている。

佐賀市議会 2015-03-25 平成27年 3月定例会−03月25日-09号

次に、同議案中、歳出2款1項22目歴史まちづくり推進費のうち、歴史建造等活用事業中、八戸地区枝梅酒造活用事業4,466万5,000円については、より詳細な調査が必要との意見があったため、現地視察を実施した上で議案審議を行いました。その中で、委員より、景観上の位置づけがないこの八戸地区の土地の取得の目的は何か。

佐賀市議会 2014-06-16 平成26年 6月定例会−06月16日-05号

このような地形的、位置的背景のもと変遷を歩んできた佐賀市には、地域固有の歴史と伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史的価値の高い建造が一体となった歴史的風致が形成され、今日まで継承されています。  この歴史的風致の維持及び向上を図るため、歴史まちづくり法に基づく計画として、佐賀市歴史的風致維持向上計画が策定されました。

佐賀市議会 2014-06-13 平成26年 6月定例会−06月13日-04号

文化財保護法第2条第1項では、文化財とは、歴史上、芸術上、学術上、観賞上等の観点から価値の高い有形文化財無形文化財民俗文化財記念物文化景観、伝統的建造群の6種類が、指定等の有無にかかわらず該当するとあります。  平成23年4月1日現在、佐賀市には、県下唯一の国宝である催馬楽譜を初めとして、国や県、市の指定文化財213件、登録有形文化財2件があります。  

佐賀市議会 2014-03-19 平成26年 2月定例会−03月19日-08号

続きまして、同議案中、歳出2款1項22目歴史まちづくり推進費のうち、歴史建造等活用事業996万7,000円について、委員より、柳町入り口に大型バス乗降場や休憩所などを整備するに当たり、設計のための委託料として250万円を計上しているが、その委託の内容はどのようになっているのかとの質問があり、執行部より、今回、整備を予定している場所については準防火地域に指定されており、休憩所の建築に当たっては防火対策

多久市議会 2014-03-06 平成26年 3月 定例会-03月06日−02号

例えば、多久聖廟や森家、川打家のような建造などにつきましては、指定管理委託を行い、日常的に管理を行っています。また、美術工芸品の中には、多久市資料館で寄託を受け、設備の整った書庫で管理しているものもございます。  また、異常や問題等が発生して所有者や管理委託者から連絡があった場合には、必ず担当者が現場に赴き、現状を確認してから対応することとしております。