4781件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2028-07-21 09月30日-08号

平成30年度決算における主要施策の成果の説明書には、定期予防接種事業実施状況として、平成28年は1,059人、平成29年972人、平成30年875人と年々減少しておりますが、減っている要因は何でしょうか。 本市の高齢者肺炎球菌予防接種課題をどのように考えておられるでしょうか。 また、受診率は、平成26年度よりどのようになっているのでしょうか。 以上、1回目の質疑をいたします。 

多久市議会 2025-12-05 12月05日-02号

指定管理者の公募について、平成28年度以降に実施した分で申し上げますと、多久老人福祉センター、もとのむつみ荘ですけれども、こちらのほうが1者の応募で、その後、選定委員会のほうで審査、評価を行って決定してきたということがございます。 同じく中央公園指定管理者、これも同じような状況でございまして、1者のみの応募。 

鳥栖市議会 2024-08-05 09月11日-04号

鳥栖九州新幹線建設等促進期成会につきましては、平成7年2月13日に、九州新幹線建設や新鳥栖駅の機能充実周辺整備等を促進し、これの実現を図るため設立をされました。 設立後、国や県、鉄道運輸機構等への要望を中心に活動してまいりましたが、九州新幹線鹿児島ルート全線開通を、平成23年3月に迎えるに当たり、期成会の目的を一定達成したため、平成23年3月31日をもって解散をいたしております。 

唐津市議会 2024-06-10 06月10日-02号

本日、平成30年度唐津都市開発公社経営状況説明書平成30年度公益財団法人唐津文化事業団経営状況説明書平成30年度株式会社肥前風力エネルギー開発経営状況説明書平成30年度株式会社桃山天下経営状況説明書平成30年度株式会社鳴神温泉経営状況説明書平成30年度株式会社キコリななやま経営状況説明書、以上、経営状況説明書6件が提出されております。 以上でございます。

鳥栖市議会 2024-04-01 06月20日-05号

メンタルケアに関しては、私が聞き及んだところでございますけれども、メンタル不調により休職された、休まれた方が、平成10年度から平成19年度までが4名いらしたそうです。 平成20年度から平成29年度までとすると、これが14名いらっしゃったそうです。 管理職になりますと、平成10年度から19年度まではいなかったけれども、近年10年でいきますと、3名の方がメンタル不調によって休職されていると。 

鳥栖市議会 2024-03-15 06月18日-03号

そこで、平成10年度から平成15年度まで、平成20年度から平成29年度までの、それぞれ10年間のメンタル不調による職員の休職状況と、その内数管理職数早期退職者と、その内数との入庁5年以内の数の状況を教えてください。 また、公約事業を推進するに当たり、鳥栖市の働き方改革と組織の見直しについてどのように考えているのでしょうか。 橋本市長市長になられたのは平成19年の3月15日です。 

唐津市議会 2022-12-10 12月10日-03号

この3事業の分については、これまで前任者の答弁にもありましたように、平成24年度及び平成25年度に実施された緊急雇用創出事業のうち、文化振興課事業である唐の津風景街道推進事業並びに観光課事業である観光関連分野雇用創出事業のうち、計3事業においては消費税の二重計上があったこと、また、同じく観光関連分野雇用創出事業の1事業において納税義務を免除されている免税事業者に対して、消費税分を加算して支出していたことに

唐津市議会 2022-06-17 06月17日-07号

年度別には、平成22年から平成26年までされているんですけど、何人が受け取られているんですか。 ○議長田中秀和君) 吉村農林水産部長。          (農林水産部長 吉村和久君登壇) ◎農林水産部長吉村和久君) 平成22年度はゼロです。平成23年度4人、平成24年度3人、平成25年度3人となっております。 ○議長田中秀和君) 浦田議員

鳥栖市議会 2022-06-04 12月12日-04号

平成30年度決算認定議案質疑で、平成30年度に随意契約した130万円以下の土木建築工事の231件全てが現地検査の省略がされていることがわかりました。 ちなみに、上下水道局でも伺ったところでは、27件全て同じく検査なし、現地検査なしです。私にとっては驚くべき事実でした。 そして、その根拠となってきたのが鳥栖工事等検査要領です。

唐津市議会 2021-12-12 12月12日-05号

骨髄バンクドナー登録についての関連のご質問で、まず佐賀県の白血病の罹患数でございますが、平成23年が100人、平成24年が122人、平成25年が114人、平成26年が125人、平成27年も125人でございました。 次に、骨髄バンクドナー登録者数でございますが、日本骨髄バンクの集計によりますと、ことし10月末現在で、全国で52万6,022人、佐賀県では4,969人となっております。