3452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

また、委員より、平成30年度から調査、研究委託先が鍋島報效会に変わった理由はとの質問があり、執行部より、平成28年度と平成29年度は、佐賀城下の小路・町の調査を佐賀城下まちづくり実行委員会委託し、平成29年度で調査が一旦終了した。平成30年度は、徴古館にある調査が終わっていない多数の収蔵品や文献を本市の歴史まちづくりに生かしていくため、鍋島報效会に調査を委託しているとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

          │ │    │   │       │ (1) 衛生センターのし尿・浄化槽汚泥の下水道管による直接受け入│ │    │   │       │  れについて                        │ │    │   │       │ (2) 味の素(株)九州事業所の食品系バイオマスの下水道管による直│ │    │   │       │  接受け入れについて(平成

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

平成29年度の登録児童数は2,076人で待機児童数は175人となっています。平成30年度の登録児童数は2,206人で待機児童数は167人でございます。今年度の登録児童数は2,342人で待機児童数は251人となっております。  以上でございます。 ◆松永憲明 議員   この待機児童の解消に向けての取り組みについては後でお聞きするということにいたしまして、次に、施設の現状について示してください。

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

これらのがん検診の平成27年度から平成29年度までの3カ年の受診率について推移を申し上げます。  ここでの受診率は、県内市町で比較できるよう佐賀県が国勢調査人口をもとに各市町の対象者数を推計しており、これに基づき算出した数値になります。  まず、肺がん検診は平成27年度20.6%、平成28年度22.6%、平成29年度20.7%となっております。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

経済センサス調査が開始されました平成21年調査では、5,324事業所、直近の調査であります平成28年調査では4,836事業所となっており、488事業所、約9.2%が減少しております。  次に、これらの事業所で働く従業員数ですが、平成21年調査で3万4,365人、平成28年調査で3万2,569人となっており、1,796人、約5.2%が減少しております。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

平成26年度は間伐が約219ヘクタール、主伐が約13ヘクタール、合わせて約232ヘクタールでございます。平成27年度は間伐が約211ヘクタール、主伐が約8ヘクタール、合わせて約219ヘクタールです。平成28年度は間伐が約188ヘクタール、主伐が約5ヘクタール、合わせて約193ヘクタールです。平成29年度は間伐が約233ヘクタール、主伐が約7ヘクタール、合わせて約240ヘクタールです。

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

一番古いのが平成5年度からだったと思います。それは平成30年度の決算に出ておりますけれども、200余りある起債の中で、いわゆる最高の利率がどれくらいの利率なのか。以前は利率を全部決算書に表示をされておりましたけれども、今回の平成30年度の決算書には、各起債の利率が示されておりません。  

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

平成28年度が5件、平成29年度が2件、平成30年度が8件、これは恐らく相談件数であって、氷山の一角であろうと、当然そのように思っております。やはり子どもたち一人一人が自分の担任と必ずしも合わない、合うということだけではないというのが現状でございます。

みやき町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5日) 本文

では、平成30年度みやき町一般会計歳入歳出決算認定について御説明いたします。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 認定第1号         平成30年度みやき町一般会計歳入歳出決算認定について  地方自治法第233条第3項の規定により、平成30年度みやき町一般会計歳入歳出決算を、 議会の認定に付する。   

みやき町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5日) 名簿

                                 ┃ ┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛         令和元年第3回みやき町議会定例会議事日程(第10日)                       令和元年9月18日 午前9時30分(開議)   日程第1  報告第6号 専決処分の報告について   日程第2  報告第7号 専決処分の報告について   日程第3  認定第1号 平成

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

クリーンセンター天山、これは佐賀市衛生センターと同じく平成3年3月竣工であって、もう28年が経過しています。三神地区汚泥再生処理センターについては、平成14年3月竣工ということで、経過年数は17年、これについても施設の更新について考える時期に近づきつつあります。佐賀市衛生センターを見ても、今後、人口減少を考えるときに、処理量が減少するのではないかというふうに思います。  

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

この団地は、平成20年4月に全体面積約8ヘクタールの開発に着手し、3年後の平成23年6月に造成工事を完了いたしました。  開発後の分譲面積は6.1ヘクタールで、平成22年1月からは分譲が可能となった区画から引き合い企業に対して用地の紹介を行うなど、随時分譲を開始し、6年後の平成28年5月に完売いたしました。進出企業は、自動車関連の3社を初めとして、製造業の合わせて8社に進出いただきました。  

みやき町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

寒水川河川改修計画により、通瀬川排水機場が平成6年に完成、寒水川水門平成20年、寒水川放水路が平成22年に完成しております。この河川改修の中で江口排水機場は廃止の計画となっておりましたが、ポンプ、エンジンともに老朽化しているが、使用できたため、その後の洪水時も稼働していたところでございます。  

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

寒水川河川改修計画により、通瀬川排水機場が平成6年に完成、寒水川水門平成20年、寒水川放水路が平成22年に完成しております。この河川改修計画の中で、江口排水機場は廃止の計画となっておりましたが、ポンプ、エンジンとも老朽化しているが、使用できたため、その後の洪水時も稼働してきたところでございます。

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 名簿

┃  │       │ 1)ふたご、みつごの出生状況          │       ┃ ┃  │       │ 2)みやき町の多胎支援を伺う          │       ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━┫ ┃  │4 番    │1.MAGO(まご)ボタンの利活用促進について │町     長┃ ┃3 │       │ 平成

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会 提出議案一覧表

────┼────┨ ┃報告第6号 │専決処分の報告について              │9月18日│確  認┃ ┠──────┼─────────────────────────┼────┼────┨ ┃報告第7号 │専決処分の報告について              │ 〃  │ 〃  ┃ ┠──────┼─────────────────────────┼────┼────┨ ┃認定第1号 │平成

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会 目次

…………………………… 245 地方自治法第121条による出席者  …………………………………………………………… 245 開  議 ………………………………………………………………………………………… 247 報告第6号 専決処分の報告について ……………………………………………………… 247 報告第7号 専決処分の報告について ……………………………………………………… 247 認定第1号 平成

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

ふるさと納税に関しましては、平成31年3月に地方税法等の一部を改正する法律平成31年法律第2号)の制定に伴い、指定制度が創設され、本町といたしましても、指定に関する申出書を4月に総務大臣に提出していましたが、著しく多額の寄附金を受領したことなどの理由により、令和元年6月から令和2年9月までの1年4カ月間は対象外となりました。