7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

しかし、現在、製品化された液体ミルクは常温で最長でも1年間の賞味期限となっており、備蓄倉庫での管理及び賞味期限等を考慮して、現時点では導入は考えておりません。ただ、そのかわりに、大規模災害時には、協定締結している民間事業者などからの流通備蓄で対応することとしているところでございます。 ◆村岡卓 議員   流通備蓄で対応ということでございます。

みやき町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

そういう中でございますが、2点目といたしまして、県の施設であります江口地区の排水機の排水強化施設の要請について、今回2点目として質問をするわけでございますが、これは近年、地球温暖化、1960年から七、八十年ごろは30度ぐらいの温度であったんですが、最近では35度から37度と、もう35度は平均というような温暖化でもって、このような異常気象じゃなくて、これが常習というような、常温というような形になってきたわけで

みやき町議会 2017-03-14 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第5日) 本文

その排水に対しては、排水処理を行う過程において常温程度になるということで伺っているので問題はないと思われます。  合併浄化槽かどうかというようなことだったと思うんですけれども、合併処理浄化槽というのはし尿と普通の雑排水を合わせたのを合併浄化槽というと思いますけれども、今回、この処理施設に関しては、生産過程で排水する処理についてはそれだけの分の排水処理施設を整備されると聞いております。

佐賀市議会 2016-03-09 平成28年 2月定例会−03月09日-06号

平成21年度に行われました農林水産省による実態調査によれば、運営主体はNPO法人が多いものの、一部、社会福祉議会等の公益性の高い団体が取り組んでいる場合もあり、提供される食品の種別は、運営主体設備に影響されるため、さまざまでありますが、主に缶詰やレトルト食品、お米など、常温で保管、流通できる食品を取り扱われているようでございます。  

みやき町議会 2015-03-20 2015-03-20 平成27年第1回定例会(第5日) 本文

普通の常温で35度以上になった調査結果が18日と6日ということで、非常に高い温度測定されましたと。このようなことを調査されてから、教育長、どんな思っているんてすか。もう2年ですよ。熱中症で倒れたら大変なことですよ。その点、教育長はどう思われますか。  そして、今度は2点目、このグラウンドは、きょうも先生と議会のある前にお会いしてきました。

佐賀市議会 2015-03-12 平成27年 3月定例会−03月12日-06号

防災備蓄ということで、もちろん専用の長期保存食品備蓄されておりますけれども、その保存方法に関して、私も災害時の、そういう長期保存可能な食品の裏側を見たことはあるんですけれども、直射日光を避け、冷暗所で保存くださいとか、常温で保存くださいとか表示されているものが多いと思います。  

  • 1