584件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-17 令和 3年 3月定例会−03月17日-07号

また、稲の害虫、トビイロウンカの大発生、これまで山間での発生は少なかったが、県全域被害が拡大。作況指数81で全国ワースト4位。台風の塩害で作況指数58と全国最低だった昨年に続き、2年連続の不作でした。  県内では不作が続いていますが、全国的には豊作が続いており、米余り状況です。米の需要量は昭和30年代後半の最盛期全国で1,300万トン以上でした。

佐賀市議会 2021-03-16 令和 3年 3月定例会−03月16日-06号

次に、やっぱり今は主要産業として、普通、山間では農業、林業ということなんですけど、実際は今まで、例えば、天山スキー場とか農協の加工場とか、そういう部分がやっぱり受皿という形でやってきました。だけど、天山スキー場は今年は休業という形です。そして、JAの加工場、マクドナルドの下請工場というか、そういう形ももう4月いっぱいで一応取引をしないということで休業になるように決まりました。

佐賀市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会−03月15日-05号

九州でも恐らく宮崎が今着手したくらいかなというふうに思っているんですけれども、とにかく先進地を見てみますと、特に事前伐採場所自体山間が多くて、地権者との交渉であるとか、そういった連携も出てくると思います。  先ほど総務部長関係部署との連携ということだったんですけれども、そういった意味でいきますと、農林水産部のほうにも連携を図っていただく必要があるというふうに思います。

多久市議会 2020-12-14 12月14日-04号

山間に位置している施設につきましては、隣接している地権者の方と、4月以前に旧水道課時代から払下げ等協議を行っているところでございます。 また、多久高校の北側にあります、先ほど申し上げました旧四下浄水場跡地につきましては、太陽光発電事業に貸し出した残りの土地が約2,900平方メートルほどございますので、利活用できないかということで検討を今進めているところでございます。 

佐賀市議会 2020-12-11 令和 2年11月定例会-12月11日-09号

私の経験でも、山間では、今まではミステリーサークルのような被害は大なり小なりありました。しかし、今回のようなウンカ被害は刈取りが遅い平野部の病虫害で、山間は大きなウンカ被害は出ないという認識でした。山間地の稲作は、病気でいったら初夏や秋にいもち病人間でいったら糖尿病ですかね、そういう形の被害が主なもので、ウンカの防除は眼中に入っていませんでした。  

みやき町議会 2020-12-11 2020-12-11 令和2年第4回定例会(第3日) 本文

現在のイノシシは中山間にすんでいる生き物でございますけれども、もともとは平地生き物でございました。江戸時代の文献などでは、さほど山深くない平地にすんでいるイノシシを狩る記述があったりいたします。人間がどんどん生息域を広げ、山のほうを開発するのに合わせて、イノシシも山へ生息域を移し、落葉広葉樹や竹林などの草地に生息するようになったそうでございます。

佐賀市議会 2020-12-10 令和 2年11月定例会−12月10日-08号

本市では、全域で坪枯れや倒伏の被害発生し、特に山間で大きな被害を受けました。また、暖冬の影響でスクミリンゴガイ、通称ジャンボタニシの越冬が多く、食害も多く発生しております。  このようなことから、昨日になりますが、農林水産省が12月9日に公表した収穫量による作況指数によりますと、例年並み作況指数が101から99に対しまして、本市を含む県南部佐賀地帯では79の不良となっております。  

唐津市議会 2020-12-09 12月09日-04号

◆2番(石﨑俊治君) 厳木地区山間も多く、自然環境を生かした都市部との交流も可能ではないかと考えております。市として山間活性化策をどう考えてあるのか伺いたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 脇山政策部長。          (政策部長 脇山秀明君登壇) ◎政策部長脇山秀明君) お答えいたします。 厳木山間地域におきましては、閉校となりました旧分校が4施設ございます。

佐賀市議会 2020-10-06 令和 2年 9月定例会−10月06日-10号

また、委員より、就労先山間であるため、往復が大変という話を聞いているが、どのように対応したのか。また、今後の事業の見通しについては、どのように考えているのかとの質問があり、執行部より、確かに距離の問題はあるが、事業者の希望もあるため、協議会で議論し、軌道に乗るようにしていきたい。また、今後山間だけではなく、平野部でも事業を展開しようと考えているとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2020-09-24 令和 2年 9月定例会−09月24日-07号

碇正光 農林水産部長   本市市有林は、山間の富士、三瀬を中心に、大和、久保泉、金立に分布しており、面積は約1,810ヘクタールとなっております。また、市内だけでなく、鳥栖市にも市有林を有しており、その面積は約40ヘクタールで、合わせて約1,850ヘクタールとなっております。  次に、市有林樹種についてお答えします。  

佐賀市議会 2020-09-23 令和 2年 9月定例会−09月23日-06号

本市での生息状況ですが、山間を除く平たん部全域の広い範囲で生息しております。  最後に被害状況でありますが、水稲のジャンボタニシによる食害影響で植え直しを行った面積を申しますと、平成29年産で約75ヘクタール、平成30年産で約91ヘクタール、令和年産で約113ヘクタールとなっており、近年は増加傾向にございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会−09月18日-05号

どちらかというと山間のほうで、聞こえにくい状況発生するからということで、今後設置を予定されているということで、それはぜひお願いしておきたいと思いますけれども、あとは、やっぱり問題は、それよりも南のほう、平地部分ですね。  そこで、聞こえにくい原因の一つとして、私なりに感じたことは、屋外子局に設置しているスピーカー、この種類がいかがなものかなと。

鳥栖市議会 2020-09-16 09月18日-07号

現状では、過去の最大を超える豪雨による河川の氾濫、堤防の決壊、山間土砂災害等により、多くの尊い命が奪われるなど、犠牲者は後を絶ちません。 今後起こり得る大規模自然災害を最小限に抑え、迅速な復旧、復興へとつながるよう、防災・減災国土強靱化はより一層、十分な予算の安定的かつ継続的な確保が必要であることにより、国に強く要望するものでございます。 以上、申し上げまして提案理由とさせていただきます。 

唐津市議会 2020-09-14 09月14日-06号

ご承知のように、本市は、広大な市域の中、平地が少なく、山間が多いなどの地理的条件もあり、多くの路線バスは、人口がある程度集中する部分に設定されております。議員ご指摘の旧唐津市内西側地区に限らず、各家庭からバス停までの距離が遠く、路線バス利用に不便を感じられる地区は、中心部から離れた市内各地で散見されるところでございます。 

佐賀市議会 2020-09-01 令和 2年 9月定例会−09月01日-01号

令和2年度は6か所予定しており、これまでの事業実績では、平成30年度の山間における大雨被害による申請数が多かった。  本事業は被災後の工事だけではなく、事前対策工事としても実施できるが、事業費の12.5%を申請者が負担する必要があることから、被害が出た後に申請される方が多いのが実情である。  

多久市議会 2020-06-18 06月18日-03号

山間のあの荒廃した土地果樹園、そういうものを見ますと、これがだんだん地元に下りてくるだろうというふうに思っておりますけれども、これを何とかせにゃ多久自体が本当に消滅しますよというような感じを私は受けておるわけですよ。