3568件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-付録

               │ │    │   │       │  フル規格時の佐賀駅の整備構想について           │ │    │   │       │3.城西中跡地の利用について                  │ ├────┼───┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 17日 │  5 │西 岡 真 一│1.小学校児童の放課後対策

佐賀市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-09号

これを受けて厚生労働省は、将来の献血基盤となる若年層への対策がこれまで以上に重要となっており、普及啓発活動を強化していく必要があるとしており、市としましても、献血の推進が必要であると認識しているところでございます。  以上でございます。 ◎古賀臣介 地域振興部長   私からは、3点目の2023年国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会佐賀県開催に向けた進捗状況についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

子どもは日本の宝であり、少子高齢化人口減少時代においては、なおさら子どもたちの安心、安全を守るために防犯対策を強化する必要があると思います。  そこでまず、総括質問としては、佐賀市として子どもたちの防犯対策は現在どのような取り組みをされているのか、お尋ねします。  2項目めは、交差点や横断歩道周辺の交通安全対策について質問いたします。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

◎川副浩顯 農林水産部長   作業道の水切り対策でございますけれども、各地域で方法が異なっており、丈夫で長期間効果が継続できる構造の対策をされている地域もあることは把握しております。しっかりした水切り対策を行うことで長期間安定的に作業道を使用できることから、防災対策森林整備の効率化に効果を発揮すると思われます。しかし一方で、対策を実施する際には一定の手間やコストがかかってまいります。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

◆川原田裕明 議員   それでは、このことについて、教育委員会としてどのような指導、もしくはどのような対策を講じられているのかをお伺いしたいと思います。 ◎東島正明 教育長   まず、指導対策ということでございますが、私どもは学習指導要領が示しております生きる力、これをいかに身につけさせるかということで、各教科等の持つ目標、内容、これを確実に学ばせていくことをまずは前提といたします。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

平成10年に自殺が急増した際は、中年男性の社会経済要因と関連した自殺者数が増加していることが問題となり、平成18年には、自殺対策基本法成立、翌平成19年には、基本法を受けた自殺総合対策大綱が定められ、これら基本法や大綱に基づいて打ち出された対策は鬱病に対する啓発などの対策のみならず、多重債務問題改善プログラム、貸金業規制法改正、総合的相談窓口の開設といった包括的取り組みが特徴で、総合的な自殺対策

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

まず1点目、自転車交通安全対策についてであります。  昨今、交通事故に関しては痛ましい事故が毎日のように報道されています。今定例会におきましても、たくさんの方が交通安全対策について通告をされておりますが、私は自転車交通安全に絞って質問いたします。  先月の5月は、自転車ルール遵守とマナーアップ運動の期間でございました。

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

その結果、現在、その対策に多額の費用が生じ、その結果、次点であるところの下水道高度処理用地、東北部ですかね、変更を余儀なくされた。  そして、最悪の場合、そこからも撤退せんといかん。そういった事態も予想されますけれども、そうした意味で、私は候補地選定には大きなミスを犯した、その責任をどのように考えるのかであります。  

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会-03月22日-11号

続きまして、同議案中、歳出2款1項20目地域振興費のうち、中山間地域振興事業中、地域おこし協力隊事業・定住促進対策経費1,400万円について、委員より、隊員の募集状況はどうなっているのかとの質問があり、執行部より、予算が可決された場合に採用という条件で募集した結果、5人の申し込みがあり、そのうち2人に内定通知を出したが、家庭の都合や一身上の都合で2人の内定者が辞退され、現状では4月1日からの採用は厳

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

               │ │    │   │       │ (4) 企業誘致体制について                  │ │    │   │       │ (5) 人材採用への支援について                │ │    │   │       │ (6) 今後の展望等について                  │ │    │   │       │2.人口減少対策

みやき町議会 2019-03-20 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第7日) 名簿

                │                ┃ ┃     │財 政 課 長  弓   博 文│環境福祉課長   山 崎 幸 秀┃ ┃のため出席│                │                ┃ ┃     │税 務 課 長  岡   基世広│子ども未来課長  黒 田 栄 治┃ ┃した者の │                │                ┃ ┃     │徴収強化対策室長

多久市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−05号

   打   邦   彦    市民生活課長             石   井   淳   二    広域クリーンセンター推進課長     小   野   浩   司    福祉課長               鳥   井       武    地域包括支援課長           川   田   祥   生    健康増進課長             川   浪   正   則    人権・同和対策課長

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

では、組合定例議会であった本市に対する疑問に関連しながらお尋ねをしていきますが、まず、土壌汚染対策法についてです。  この土壌汚染対策法の目的は、土壌汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康被害の防止に関する措置を定めること等により、土壌汚染対策の実施を図り、もって、国民健康保護するというものです。  

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

図書館建設に係る財源としては、過疎対策事業債を活用する予定です。過疎対策事業債は元利償還金の70%が普通交付税の基準財政需要額に算入されますので、市の実質負担は事業費の3割程度になる見込みです。  3点目、今後、建設の機運を高めるためにどのようなことを考えているのかという御質問です。