330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

議員御承知のとおり、鳥栖市教育大綱は平成26年6月に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部が改正されまして、この改正を機に、同法第1条の3の規定に基づきまして、鳥栖市の教育学術及び文化の振興に関する施策について、その目標や施策の根本となる方針を定めたものでございます。  

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会-03月22日-11号

これに対し、委員より、旧町村で史跡として残されているものの中には、学術的に貴重な史跡もある。案内板の調査を行い、どのような状況であるかを把握することが大切であると思う。修復についても予算を計上し、取り組んでもらいたいと思うが、どうかとの質問があり、執行部より、案内板の修復については、少ない額ではあるが毎年予算を計上し修復を行っている。

伊万里市議会 2019-02-27 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月27日−01号

文化財の保存と活用においては、史跡大川内鍋島窯跡の歴史的な価値を明らかにし、史跡の整備資料とするための学術調査を行うとともに、関係機関と連携し、固有の文化財である窯跡を盗掘から守るためのパトロールや警告看板の設置など、保護活動を実施するほか、開発に伴う事前の協議や調査などを行い、文化財保護と開発の調整を図ります。  

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

センターの開設当初から指定管理者である健康科学研究所平成2年にスタートした健康づくり運動を推進する大学発のベンチャー企業で、大学大学院で運動生理学を専門的に学んだ健康運動指導士33名が学術的に裏づけされた長期にわたる運動支援、指導地域で展開しているということで、施設目的にも合致した取り組みがなされていると言えると思います。

鳥栖市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日−03号

サンメッセ鳥栖図書コーナーと市立図書館とのコンセプトの違いといたしましては、まず、市立図書館図書館法第10条に基づき設置された公共図書館であり、蔵書につきましても、一般書から学術書や研究書などを豊富にそろえた施設ですが、それに対しまして、サンメッセ鳥栖図書コーナーでは明確に規定された施設ではございませんが、地域住民が潤い、楽しみ、集う、交流拠点施設の中の読書スペースであるといえます。  

唐津市議会 2018-09-18 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号

最後に、派遣研修として、平成30年度は内閣府九州経済産業局佐賀県首都圏事務所市町支援課、九州大学学術研究産学官連携本部などに派遣をしておりまして、毎年約10名程度の職員を他自治体などの外部機関に派遣をしているところでございます。  研修の中で管理職を対象とした研修ということでございました。

唐津市議会 2018-09-14 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号

公民館目的は、社会教育法第20条により、市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育学術及び文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とするとされております。  

唐津市議会 2018-09-12 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

この概念基礎となり、このまちづくりを支え、親和性があるのが学術先端科学研究都市で、知識人や芸術家や国際企業人が行き来するまちであると考えております。こうしたまちに若者が魅力を感じるのではないでしょうか。定住政策だと考えております。  さきの早稲田大学生のワークショップの発表がありました。

伊万里市議会 2018-06-26 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月26日−05号

主な事業を紹介いたしますと、伊万里ブランドである伊万里梨、伊万里焼の海外輸出事業や伊万里フェアの開催、佐賀大学海洋エネルギー研究センターの技術を活用した学術交流事業、伊万里焼の伝統文化紹介する伊万里文化伝承協調事業、中国市場におけるネット販売等の可能性を探るSHOP IMARI調査研究事業、現地市場調査や物流技術実証を行った地域ブランド輸出促進事業、香港での販路開拓を目指した香港ジャスコ日本フェア

唐津市議会 2018-03-14 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

私といたしましても、唐津市総合教育会議におきまして、教育長及び教育委員会の委員の皆様方と教育学術文化の振興につきまして、さまざまな協議をさせていただいておりまして、子供たちが大人になったときに唐津市小学校中学校で学べてよかったと、そして、自分たちの子供唐津市で学ばせたいと思っていただきたいと考え、そのためにも、今後も唐津市教育基本方針を基盤とし、子供たちの学習意欲の向上、そして学習環境

唐津市議会 2018-03-13 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月13日−05号

農林水産省の発表によれば、この多面的機能の価値は年間8兆2,226億円、日本学術協会試算にもなります。  このまま農地が減り続けると、台風ゲリラ豪雨など異常気象の中、水田がダムの役割を果たして洪水から守ることができなくなり、災害の規模が高まってしまいます。  農業を続けることは、災害などから国土を守り、豊かな自然環境を保全することにもつながるわけであります。

唐津市議会 2018-03-12 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月12日−04号

連携協議会では、現在九州大学農学大学院と市水産課が事業推進をしております水産業活性化支援事業につきまして、九州大学学術研究・産学官連携本部とともに、事務局としてサポートをしているところでございます。  この水産業活性化支援事業では、唐津Qサバなどの開発・流通展開などの実績が上がっているところでございます。  

多久市議会 2017-12-15 平成29年12月 定例会-12月15日−03号

昭和35年、明治大学によって九州で初の学術調査が行われ、大量の石器が出土しただけでなく、各所に石器製作の痕跡が発見されました。また、鹿児島県の遺跡において、多久産の安山岩が確認されるなど、流通した範囲も広く、考古学では非常に有名な地域です。その多久での発掘調査を皮切りに、北部九州各地での発掘調査が行われていきました。  

唐津市議会 2017-12-14 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月14日−06号

現在の公民館活動についてでございますが、公民館は、法令でいいますと、社会教育法第20条の規定により、市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育学術及び文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とするとされております。  

唐津市議会 2017-10-03 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月03日−10号

最後に、派遣研修のほうでございますけれども、九州経済産業局佐賀県企業立地課、九州観光推進機構、九州大学学術研究産学官連携本部、韓国の西歸浦市など、そのほか、外部組織に出した職員も含めますと12名ということになっているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 保利交流文化スポーツ部長。           

みやき町議会 2017-09-08 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日) 本文

先ほど3日に久留米のシティプラザで日本統合医療学会第3回九州ロック学術大会というのがありましたので、私も参加しました。それは、主に医療関係はもちろんのこと、看護学校の学生とか、あるいはそれぞれの地方行政の方も参加しておられましたけれども、盛大な会場の中で、それぞれ分科会があっておりました。