384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

このために、かいつまんで申し上げますと、毎月1回の生活アンケートの実施、学校生活を楽しくするようなQ−Uテストの実施活用、それから、教育相談週間を設けて子どもとの個人面談、また、生徒会人権委員会などの自主的な組織の構築に向けて取り組んでおります。  3つ目の柱でございますが、これは人権が尊重される学習活動づくりです。これは当然、人権学習づくりでございますので、授業づくりということになります。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

◎今井剛 子育て支援部長   特に、発達障がいのある児童や気にかかる様子が見られる児童の場合には、放課後児童クラブでの生活と学校生活の状況など、学校情報交換を密に行い、連携を図っているところでございます。  また、病気をお持ちの児童への対応としまして、児童クラブでの見守りのポイントや症状が出た場合の対処方法などについて、学校と連携して主治医に相談するなどの対応を行っているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

佐賀県大和特別支援学校教育目標として「たくましく自立し、積極的に社会参加する人間育成」とされ、この目標を達成するためには、子どもが、きょうの学び学校生活に満足し、あすの学校学校生活を期待することができる学校をつくっていく必要があると学校経営ビジョンでもうたわれております。

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

第4期鳥栖市障害者福祉計画2016年度からの44ページには、インクルーシブ教育システムの構築の教育環境の整備には、障害のある児童生徒が身近な地域で、学校生活を送ることができるよう、適切に学校施設の整備の検討に努めますと示されております。  インクルーシブ教育とは、全ての子供のための教育という意味で使われています。  

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

そこで、各校にどれくらい不登校児童・生徒がいるのか、また、不登校にはならずとも、学校生活になじめない子がいるのかというのを細かく今把握しているところでございます。  以上です。 ○議長(山本茂雄君)  田渕厚君。 ◆11番(田渕厚君)  それに関連してちょっとお聞きしますけど、学校には来られるけど、教室には入れない児童・生徒さんというのはいるんですか。 ○議長(山本茂雄君)  学校教育課長

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

もうすぐ6月、7月、8月と雨季に入ってまいりますので、市民学校生活安全を確保するためにも、さきの豪雨時の課題に対して、どう協議し、どう対応されたのか、お伺いいたします。  以上、総括質問といたします。 ◎武藤英海 企画調整部長   おはようございます。私からは、1項目めのふるさと納税に関する御質問についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

次に、同議案中、歳出10款1項3目学校教育指導研究費のうち、教育環境整備事業1,884万円の減額について、委員より、特別支援教育推進事業として、学校生活で困っている発達障がい等がある子どもたちを支援する生活指導員が現在5名不足しているとのことだが、実際の現場ではその不足分をどのように補っているのかとの質問があり、執行部より、担任の先生や級外の先生に御協力をいただいている状況であるとの答弁がありました

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

その許可願には必ず理由を書いてもらっておりまして、その理由の内容、事情等を十分に配慮し、教育的側面などさまざまな見地から検討した結果、就学学校を変更することが児童生徒や保護者のためになり、健全な学校生活を送ることができると判断した場合には許可をしております。 ○議長(前田久年)  山口議員

唐津市議会 2018-12-13 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

さらに、小学校就学に向けての支援といたしまして、平成24年から5歳児発達相談会を実施し、就学後の学校生活での不適応や困り感を少なくする支援を行っているところでございます。  また、佐賀県が行う相談会といたしましては、言葉の相談、3歳児精密事後指導がございます。これらの市と県が行う相談会を保護者の方へお勧めし、利用していただいているところでございます。  以上でございます。

伊万里市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号

教育部長(緒方俊夫)  食物アレルギーへの対応についてでございますが、学校では食物アレルギーを有する児童生徒の正確な情報を把握する必要がございますので、学校生活管理指導表を利用した個人ファイルを作成いたしまして、保護者学校職員情報共有化を図るようにしております。  

鳥栖市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日−02号

今後も、いじめ問題は、命、人権にかかわる極めて重大な問題であると認識をし、全ての児童生徒が、安全、安心な学校生活が送ることができるよう、教育委員会と連携をし、いじめ防止に取り組んでまいります。  以上、お答えといたします。 ○議長(齊藤正治)  飛松議員。 ◆議員(飛松妙子)  ただいまの御答弁、もう前回とほぼ変わらないと感じました。私には、人ごとに捉えているとしか思えません。  

多久市議会 2018-12-06 平成30年12月 定例会-12月06日−02号

まず、スクールバス用のドライブレコーダーを購入することになった理由につきましては、多久市の子どもたちは楽しく健やかな学校生活を送る上において、スクールバス安全な運行は基本かつ重要なものになっています。そのため、利用に関しましては、教育委員会助言を請うための機関として多久市スクールバス運営委員会を設置しております。

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

中学校につきましては、調査結果ではまだ効果が出てきてはいないものの、質問紙調査の項目で、「学校は楽しいですか」との質問に対して、「楽しい」と回答した生徒が全国や県の結果よりも高い結果が出ていますことから、学校生活学習に対する意欲が向上してきたと捉えているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 伊藤泰彦議員

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

このような児童・生徒が安心して学校生活を送るとともに、授業学習内容を理解させるために、日本語指導を行っております。  主に2つの方法で行っておりますが、1つ目は、帰国子女等対応非常勤講師配置による指導です。これは一人一人の児童・生徒の日本語の現状に合わせて、主に日本語の初期指導を行っております。  2つ目は、日本語指導担当教員を配置して指導をしております。

伊万里市議会 2018-09-14 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−06号

学校家庭地域が連携し、成功体験を多く経験させることで、やれるという自信を持たせ、安心した学校生活を送る環境づくりをしていくことも、確かな学力につながっていくというふうに考えておるところです。  以上です。 ○議長(前田久年)  井手議員。 ◆11番(井手勲)  佐賀新聞の記事によりますと、伊万里市を含む杵西地区の小学校は県平均より上回っておるということですね。