12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

唐津市議会 2018-12-13 12月13日-05号

市長私的用件中止になったと私たちは聞いておりますが、36年前に日本国唐津市長瀬戸尚さん、それから、大韓民国麗水市の金市長とで姉妹都市締結しておられる経緯もあります。このような国際的な交流に、私的で中止になったとあれば、私は、議会等でその報告がなぜなかったのかをお尋ねいたします。 ○議長田中秀和君) 久我未来創部長。          

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

次に、大韓民国釜山広域市にあります蓮堤区です。蓮堤区との交流はゲートボールを通じて始まり、議会や行政の相互訪問少年の船、少年野球チーム派遣などが継続し、平成9年9月に設置された姉妹都市検討懇話会において姉妹都市締結検討がなされました。その後、平成10年3月、市議会の議決を受け、同年10月9日に姉妹都市締結に至っております。  次に、中華人民共和国の江蘇省にあります連雲港市です。

多久市議会 2018-03-02 03月02日-01号

そのころ隣国・大韓民国平昌で開催された冬のオリンピックで、日本選手をはじめ多くの感動のドラマがございました。 羽生結弦選手小平奈緒選手たちの、困難やケガを克服して金メダルへ向かう快走劇を知るにつけ、ひたむきに事に当たることの大切さを改めて教えられる思いがいたします。ライバルをもレスペクト(尊敬)し、謙虚に素直に、そして地道に自己ベストを重ねていく。

鳥栖市議会 2017-01-30 03月13日-05号

本市小学校大韓民国との国際交流については、平成24年に県の国際交流課から大韓民国麗水市の国際博覧会参加事業「心、贈ろう」プロジェクトへの絵手紙作成参加要請があったことをきっかけに始まっております。 旭小学校から送った絵手紙に対して大韓民国小学校校長先生から、県国際交流課を通じて交流の申し出があり、平成25年1月に大韓民国小学校から38名の方々が市内小学校への訪問があっております。 

鳥栖市議会 2013-06-09 06月12日-03号

次は、教育現場における国際交流についてということですが、昨年9月定例会一般質問におきまして、私は、佐賀県が、世界とつながる佐賀青少年交流推進事業が3年間の事業で計画されていることを踏まえ、大韓民国小学校市内小学校交流を申し入れたことについて、交流を実施する考えがあるのかを尋ねました。答弁では、現在のところ県の事業による相互訪問交流については考えがないと言われました。

鳥栖市議会 2012-09-11 09月11日-03号

この事業を聞くようになったのは、本年5月12日から8月12日まで大韓民国麗水市で開催されました国際博覧会を記念しまして、市内小学生絵手紙大韓民国に送り、そのうちの作品がきっかけで、大韓民国小学校市内小学校交流を申し入れたということですが、本市においてそういった交流を実施する考えがあるのかをお聞かせください。 ○議長齊藤正治)  西山市民生活部長

唐津市議会 2000-06-14 06月14日-04号

友好都市といたしまして、昭和57年、1982年の2月に中国の揚州市と締結をされまして、姉妹都市といたしましては、大韓民国麗水市、これは1982年、昭和57年ですね。同じ年ですね、の3月にここは締結されていると思います。また、その後済州島の西帰浦市と苓北町ですね。これは日本ですけれども、1994年、平成6年に姉妹締結がされております。 

  • 1