13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

みやき町議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第3回定例会(第4日) 本文

まず、みやき町第2次総合計画は、インターネット上に、基本計画目標2にいきいき輝く人づくり、6)として医療福祉系大学新設佐賀県と連携して条件整備を強力に推進しますと掲載されております。いかにも実行しているかのようで町民に誤解を招くが、早期に訂正すべきではないかと思いますので、答弁を求めます。  

みやき町議会 2017-06-07 2017-06-07 平成29年第2回定例会(第2日) 本文

学校教育施設については、幸い学校法人より大学新設申し出があり、27年2月27日に山口知事に、また、3月3日には当時の石破地方創生担当大臣に提案され、県から何らかの資金援助をいただけるように調整を進めている。本町としても、ふるさと納税及び国で検討されている企業版ふるさと納税を利用した新たな財源などの確保に努めたいと考えているということでした。  今度は、その3カ月後です。

みやき町議会 2016-03-23 2016-03-23 平成28年第1回定例会(第5日) 名簿

┃  │       │  のことだが、計画通り完成・提出なされたのか │企画調整課長┃ ┃  │       │ 2)総合戦略に新たな構想・取り組みはあるのか  │      ┃ ┃  │       │ 3)地方創生構想にはユニバーサルタウンプロジェ │      ┃ ┃  │       │  クト・メディカルコミュニティプロジェクト・ │      ┃ ┃  │       │  薬科大学新設

みやき町議会 2015-12-11 2015-12-11 平成27年第4回定例会(第3日) 本文

学校教育施設につきましては、幸いなことに学校法人より大学新設申し出があり、ことし2月27日に山口知事に、3月3日には石破地方創生担当大臣ユニバーサルタウンプロジェクトをそれぞれ提案してまいっております。現在、文部科学省学校法人の間で学校新設認可について協議が継続されており、学校法人もそれと並行して、さまざまな分野の方々にスポンサーになっていただくための協議要請をされております。

みやき町議会 2015-06-11 2015-06-11 平成27年第2回定例会(第2日) 本文

また、「これまで種をまき育ててきたものは結実させるとともに、さらに新たな事業を加えて、ここ数年の人口動きを加速させる戦略的プロジェクトとして、1)ユニバーサルタウン推進、2)メディカルコミュニティ整備、3)薬科大学新設促進、4)ICT活用戦略的プロジェクトとして位置づける」。

みやき町議会 2015-06-11 2015-06-11 平成27年第2回定例会(第2日) 名簿

   長┃ ┃  │       │  ついて                   │副 町 長┃ ┃  │       │ 1)目標達成のため政策に対する進捗状況     │各 部 長┃ ┃  │       │  ユニバーサルタウン推進         │     ┃ ┃1 │3番 田中俊彦│  メディカルコミュニティ整備       │     ┃ ┃  │       │  薬科大学新設

みやき町議会 2014-12-11 2014-12-11 平成26年第4回定例会(第2日) 本文

また、これまで種をまき育ててきたものは結実させるとともに、新たな事業を加えて、ここ数年の人口動きを加速させる戦略的プロジェクトとして、1)ユニバーサルタウン推進、2)メディカルコミュニティ整備、3)薬科大学新設促進、4)ICT情報通信技術活用、述べますとこのような内容でございます。  ところで、町では定住対策としてさまざまな施策に取り組まれ、一定の成果も見られております。

佐賀市議会 2013-03-04 平成25年 2月定例会−03月04日-02号

その後、田中文部科学大臣の発言を受けまして、文部科学省有識者会議であります「大学設置認可の在り方の見直しに関する検討会」から大学新設審査基準等明確化を求める報告書が提出され、新たな時代に対応した大学設置基準に見直されることになったことから、佐賀龍谷学園では現在の計画について精査が行われているところでございます。  次に、幾つかの団体からも意見、要望等がありましたので、御紹介いたします。  

鳥栖市議会 1991-04-28 06月10日-02号

それから、5年以降大学新設について、状況が厳しくなるということは、去年の段階からわかっていたことでありまして、そういったことを十分承知をしながらも、特色のある大学であるならば、必ず生き延びてくれるんじゃないかという期待も持っていると。そういう感じであります。

鳥栖市議会 1990-03-15 09月10日-02号

その理由ですけども、この九州北部研究学園都市建設構想は、通産省、建設省、運輸省の3省が合同で調査に当たり、これから整備計画を策定するとのことのようでございますし、また、先日発表されました本市への大学新設構想もこれからがスタートであるという意味の御説明があっておりますので、今回は取り消しをし、次回機会あるときにお尋ねを申し上げたいと思います。 

  • 1