218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 埼玉の川口市教育委員会は、教職員組合との協働でいろんな取り組みをされています。研究委託校の3割削減だとか、事務処理の2割削減だとか、月1回のノー残業デー、教職員の在校時間の調査などもされて、月80時間を超えた場合は、校長等の面接を義務づけることで、極端な残業は減らしてきていると。 もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 次の質問は、この条例の制定状況を見てみますと、県単位では、2002年に埼玉が初めてこの条例を施行しました。佐賀県は44番目の制定です。残すところ東京都、京都府、高知県のみとなっております。東京都は来年の4月にこの条例を施行しようということで、今パブリックコメント、そういう状況にあります。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 訪問した地域につきましては、東京都、埼玉の関東地方を初め、岐阜県、愛知県、長野県の中部地方、大阪府、滋賀県、三重県の関西地方、広島県の中国地方と、福岡県となっております。   もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 増加する耕作放棄地の面積は38.6万ヘクタールで、埼玉、滋賀県の面積とほぼ同じで、高齢化が進んでいる中国地方でその傾向が強いようです。全国的に1戸当たりの耕作面積で5から10ヘクタールの経営者はふえていますが、一方で、これまで5から10ヘクタールへと規模を拡大されてきた経営者が経営規模を縮小される農家もふえています。その原因は、経営者の高齢化、収益の低迷と後継者がいないということです。 もっと読む
2018-09-18 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月18日-04号 そういったことを考えると、やはり何としても今回改めて再通知について質問したいと思いましたが、ちょっと参考までにお伝えしたいと思いますけれども、埼玉の川越市ですね、ここで平成27年度途中での接種率が思うように伸びなかったということで、再通知の必要性を検討されたということであります。 もっと読む
2018-09-14 みやき町議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 本文 また、在住都道府県では、東京都、愛知県、大阪府、神奈川県、埼玉の順になっておりまして、この上位5都府県で全体の半数を超えている状況でございます。   もっと読む
2018-09-14 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月14日-03号 ことしは桜の開花が記録的に早く、春先から異常高温の兆候があり、埼玉熊谷市では最高気温41.1度と、国内観測史上1位を記録しています。気象庁も、命の危険にかかわる災害として、厳重警戒を呼びかけていました。佐賀市でも7月初めの豪雨以降、連日の猛暑日となるなど、危険な暑さ、熱中症に注意と、毎日のように耳にしてまいりました。 もっと読む
2018-06-29 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月29日-10号 埼玉ふじみ野市では、18歳未満の子どもが3人以上いる世帯を対象に、第3子以降の国民健康保険税均等割額を全額免除する条例改正を2017年12月の第4回定例会で可決し、2018年、ことし4月から実施しています。この減免額は、最大で1人当たり年3万6,100円になり、特に子育て支援が目的であり、多子世帯を対象とした国保税の減免を行っています。   もっと読む
2018-06-18 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月18日-05号 ◆中山重俊 議員   いろんな努力をされているというのは認めるわけですけれども、そういう中で、全国を見てみますと、いろんなところで、例えば、国民健康保険法第77条、いわゆる保険料の減免等ということで、その具体例として、北海道の旭川市では、財政安定化支援事業の増額、18歳未満の被保険者の均等割保険料を3割減免するなど、6項目にわたって一般会計からの繰り入れなどで保険税を減額したり、埼玉ふじみ野市では もっと読む
2018-06-14 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号 また、馬渡島には、2学期から埼玉より家族留学1名が来島をされる予定でございます。  最後に、地域おこし協力隊の活用でございますが、平成24年度から3年間、離島振興対策の活動を行っていただきました。その後、平成27年度からは、唐津市が基幹業務非常勤職員の離島地域コーディネーターとして雇用をいたしまして、引き続き離島地域の活性化のための活動をしていただいております。   もっと読む
2018-03-26 みやき町議会 2018-03-26 平成30年第1回定例会(第5日) 本文 統計的に、ひとり暮らしでなくて、今、高齢者の方のひきこもり、外部との接点もない、人とのコミュニティというか、触れ合いもない、そういう方はおのずから認知症の率が高くなっているというデータもありますから、地域の中でできるだけそういう居場所づくりとか、または今、葉酸サプリという、埼玉の坂戸市とかが行っているように、葉酸でさまざまな疾病予防とか認知症予防というのも効果があるということを聞いていますので、本町 もっと読む
2018-03-16 唐津市議会 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号 北九州市の介護ロボット特区や東京都豊島区の介護保険のサービスと保険外のサービスを組み合わせた混合介護特区、また事業者に介護度を下げるためのインセンティブを与えている埼玉和光市の取り組みなどがあります。まずは、介護ロボットも、また見守りロボットとか歩行などを支援するロボットなどもありますが、唐津市の介護ロボットへの取り組みについてお尋ねをいたします。 もっと読む
2018-03-02 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月02日-02号 例えば、埼玉深谷市の落ち葉銀行では、市民は集めた落ち葉を専用の袋に入れ、2年間主催団体に預けます。その後、腐葉土となった落ち葉を返してもらい、預けた利息として花の苗1ポットを受け取るといった内容になっておりました。受け取った腐葉土を活用してまた花が咲くなんて夢がありますし、まさにこれはリサイクルであり、バイオマスだなと思ったところです。 もっと読む
2017-12-15 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月15日−07号 子供の貧困対策の先進自治体と言われる足立区や、学校給食の無償化も子供の貧困対策に有効だというふうに言われていますけれども、埼玉の滑川町の2自治体を調査してきました。  市長も学校給食の無償化を言われていますけれども、どちらの自治体の担当者も言っていたのは、首長の強く熱い思いがあったから、それが実現できたんだというふうに言われていました。 もっと読む
2017-12-12 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 この中でも一たび災害が起こったら、避難所は住まいを失い、地域での生活を失って、被災のよりどころとなり、また、在宅で不自由な暮らしを送る被災者の支援拠点となるということで、避難所における生活の質には課題が多く、水、食料、トイレなどは不十分で暖房は限定的であると、狭い空間での生活によって多くの被災者が体調を壊すおそれと隣り合わせになっているということで、福島での事故で逃げた双葉町の住民は、避難した方は、埼玉 もっと読む
2017-09-13 唐津市議会 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月13日−05号 転入前の住所といたしましては、愛知県とか福岡県、静岡県、千葉県、埼玉、それから海外という事例もございます。  本年度につきましては、現在まで5世帯8人が移住をされておりまして、事業別で申しますと空き家バンク制度で4世帯7人、相談対応で1世帯1人となっておりまして、長崎、東京、県内が3組で移住をされてきております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 原議員。 もっと読む
2017-09-11 佐賀市議会 平成29年 8月定例会−09月11日-04号 最後に予防のことですけれども、この間、広域連合で視察をした埼玉の和光市ですとか、それから、これはもう昔から言われていることですが、長野県の佐久市などが、地域医療と保健予防を組み合わせてやってきた実践があります。 もっと読む
2017-06-19 伊万里市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月19日−04号 ◆24番(盛泰子)  私が非常に参考にできるのではないかと思っているのが、埼玉和光市ですね。これらも研究しながら、いい方向に進むようにと願っておきたいと思います。  では、次、(2)の子どもたちへの対策のほうに入ってまいります。  万一の事故が起こったときに、病院とか老人施設などへの対策については、これまでも議論をしてきたところですけれども、もちろん、まだまだそちらにも課題は残っています。 もっと読む
2017-06-13 唐津市議会 平成 29年 6月 定例会(第3回)-06月13日−05号 この中に、子育てから教育まで安心・充実した環境というふうに書いてありますけれども、移住のターゲットとなっている関東圏の完全給食実施率、これは東京都で98.1%、千葉県100%、埼玉で99.5%、神奈川県だけが25.7%と全国でも随一低くはありますが、皆さん、給食は当然あると思って、この冊子を見られることではないかと思っております。  また、子供たちの体というのは、日々、成長しております。 もっと読む
2017-06-08 みやき町議会 2017-06-08 平成29年第2回定例会(第3日) 本文 埼玉の試算では年130千円から170千円と、2倍に引き上がる市町村も出ています。  佐賀県では国の計算式に基づく試算は示されていません。国保加入者は低所得者が多く、担税力の限界と言えます。来年度の国保税率についてどのように検討されているのか、お伺いするものでございます。  1)みやき町の国保税は試算(推計値)では下がる自治体なのか、上がる自治体なのか。仮試算はどう示されているのか。 もっと読む