192件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-付録

みについて                │ │    │   │       │ (2) 学校図書館について                   │ │    │   │       │ (3) 市立図書館の役割について                │ │    │   │       │2.森林セラピーによる地域活性化について            │ │    │   │       │ (1) 基地認定

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

ゆめファーム全農SAGAはそのモデル拠点で、情報発信基地となりますので、本市の園芸農業にとって重要な施設として活躍していくものと期待しております。また、今年度から佐賀県や市町、農協、生産者と連携して園芸作物の農業生産額の増加を目標に取り組んでおります、さが園芸生産888億円推進運動の推進にもつながるものと思っております。  

佐賀市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-02号

この間の九州防衛局の漁協への説明ですとか、あるいは自衛隊オスプレイの暫定配備が計画されている木更津市議会基地政策特別委員会の方たちが11月初旬に来佐して、佐賀の動きを見ていたら暫定配備でなく、恒久配備になってしまうんではないかという懸念をしているということが報じられたり、あるいは知事が漁協を訪問して、九州防衛局からの説明を受けていない3つの支所への説明を受けてもらえるように調整してもらえないですかといった

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

基地計画予定地の地権者である南川副支所の皆さんが運営委員長を初めとして、今月15日までに、土地は絶対に売らない、また、配備計画の売買交渉などの話し合いにも乗らないと意思決定されました。私もこの漁協の一組合員でありますから、組合の決定を支持し、守ります。南川副支所だけではありません。15に分かれている県有明海漁協の支所の全てが、自衛隊オスプレイ部隊の配備反対の意向を示しておられます。

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会-03月22日-11号

また、2019年2月24日に投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票」では、新基地建設反対が72%、賛成が19%、どちらでもないが9%という結果となり、新基地建設に対する県民の圧倒的反対という意思が明確に示された。今回の県民投票は新基地建設のための埋め立てのみを対象にしたものであり、いかなる言い逃れも許されない。

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

それぞれの関係者、それから、何らかの形ですね、例えば、病院に入院したとか、あるいは買い物に来たとかいうことで、特に現在具体的に取り組んでおられるのは、内之浦宇宙空間観測所の鹿児島ですね、内之浦ロケット発射基地、これの内之浦肝付共和国ということで、国民として登録してあるわけです、そういう関係者を。

佐賀市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会−02月26日-01号

記 ・陳情書(全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の主旨を支持し、国に意見書を提出することを求める陳情)           日米地位協定を見直す会             共同代表 難波希美子 ・要望書(佐賀市基盤整備促進事業補助金予算枠の増額について)        佐賀市土地改良区連絡協議会            会長 江口善己 外7名 ・奥山等のスギ・ヒノキ放置人工林を、森林環境譲与税

佐賀市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会−02月26日-目次

……………… 392 追加議案上程・提案理由説明・質疑・委員会付託・討論 ……………………………… 392 秀島敏行市長 ………………………………………………………………………………… 392 採  決 ……………………………………………………………………………………… 393 意見書案上程・提案理由説明・質疑・委員会付託・討論・採決 ……………………… 394 ・沖縄県名護市辺野古における米軍新基地建設

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

本市は、中山間地域から平たん地域まで農地標高差が500メートル以上あり、それぞれの気候地形を生かして多様な農産物が生産されており、日本各地への食料供給基地として重要な位置を占めております。  米、麦、大豆の土地利用農業におきましては、販売価格の伸び悩みが続く厳しい状況の中、経営所得安定対策によるさまざまな交付金により一定の収入が確保され、農業経営は徐々に安定してまいりました。

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

しかし、御承知のように、ことしに入り、2月5日に神埼市で自衛隊目達原基地を飛び立ったAH−64Dヘリコプターが墜落するという事故が発生しました。事故の原因究明や安全確保に向けた対策等について、小野寺防衛大臣から7月23日に県に対して説明が行われ、県議会においてもこれらの説明に対し、確認がなされたところであります。

佐賀市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例会−09月18日-04号

◎秀島敏行 市長   軍事化を心配された質問だと思いますが、私の脳裏には、8年半ぐらい前になりますか、例の沖縄の普天間の基地移転のときに県議会、市議会でも決議がございましたが、あのときの県議会決議の中で明確に出されています、佐賀空港は今の覚書がある限り軍事的利用はだめだと、不可能だと、そういうふうな決議文まで出ております。それが私は脳裏にまだ強く残っているところであります。

佐賀市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会−09月13日-02号

◎秀島敏行 市長   私のこの件に関する考え方は、一番最初そういう内容があったということを、例の普天間基地移転でこの議会決議等があったときにも私の考え方を述べていますが、そのときと全く変わっておりません。 ◆山田誠一郎 議員   佐賀市の市長として、やはり一回口にしたことを、それを貫くということは私は非常に評価していきたいと思っております。  

みやき町議会 2018-03-23 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4日) 本文

1、目達原駐屯地基地発のヘリコプター墜落に関しての今後の対応について。  自衛隊の運用や活動は、一般の住民にはわからない秘密事項であると思われます。国の防衛や甚大な災害から国民生命を守るという大きな目的は、私たちも十分理解し、さらに協力、応援も果たすべきであると思います。  

みやき町議会 2018-03-23 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4日) 名簿

  │       │3.県道神埼北茂安線の開通までの経過とこれから │町     長┃ ┃  │       │ の安全対策について              │課     長┃ ┃  │       │ 1)大変事故が多く早期なる信号機の設置を願う  │       ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━┫ ┃  │       │1.目達原基地

佐賀市議会 2018-03-13 平成30年 2月定例会−03月13日-09号

私はあのとき、最後の反対討論に立ちまして、たとえこの決議案が採択されたとしても、土地所有者である漁業者の意思は既に土地は売らないということで固まっており、自衛隊基地になるとの見通しは完全に断たれていることを力説したのでありました。私はあのときに、議会世論を2つに切り裂いたオスプレイ騒動もきょうで終わりですと断言いたしました。今も同じ気持ちであります。秀島市長も覚えておいでと思います。  

佐賀市議会 2017-12-11 平成29年11月定例会−12月11日-08号

普天間基地へオスプレイを配備させるためにとか、あるいは自衛隊にオスプレイを購入させる、このために事故率が低く、安全であるという説明をするために、クラスAの事故率だけが低いということだけを、殊さら強調してきたように思われるわけであります。しかしながら、今回、そのことも事故率が増加したことによって覆されたわけであります。