2818件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

また、既に設置しているワイヤーメッシュ柵の規模を縮小したり移設を希望されて不要になったものがあれば、必要に応じて近隣の地域に移設するなど有効活用をしている。このほか、生産組合で中山間地域等直接支払制度を活用し、ワイヤーメッシュ柵のストックをしている地域もあるとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

   問   事   項          │ ├────┼───┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 12日 │  1 │山 田 誠一郎│1.農業振興について                      │ │ (木) │   │       │  スマート農業による農業振興について            │ │    │   │       │2.地域振興

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

一方、本市におきましては、これからの人口減少や少子高齢化社会に対応するため、平成30年度に地域振興部を新設し、市民等との連携・協働による地域づくりの推進や、スポーツを生かした地域活性化等を総合的に推進することとし、教育委員会が所管していましたスポーツ振興課を市長部局へ移管したところであります。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

1990年から補聴器助成を行っている東京都江東区では、耳が不自由な高齢の方への家庭及び地域社会高齢者福祉の向上を図ることが目的であり、福祉施策として行われています。豊島区では、聴力低下による閉じこもりを防ぎ、高齢者の積極的な社会参加地域交流を支援し、高齢者健康増進、認知症予防に資することを目的高齢者補聴器購入助成を行っています。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

また、地域天然記念物のある──エヒメアヤメなんですが、この自生南限地帯となっております久保泉小学校、ここではエヒメアヤメについて調べたり、株苗を植えて育てるエヒメアヤメの保全活動、こういう体験学習を通して、えひめあやめ保全会の方と連携して行っております。  いずれにしても、地域の特性を生かすというときには、地域の皆様方のお力を十分におかりしながら学習活動を展開しているという状況にございます。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

このような社会環境の変化に対しましても、交通ビジョンに基づいた取り組みを進めており、例えば、バス路線の再編につきましては、対象地域である北部地域において、地域住民の方々と一緒に検討を行い、地域のニーズに合った公共交通のあり方を検討しているところでございます。  また、市全域におきましても、地域交通のあり方に関する調査、分析を行っております。

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

地域史の中においても遺跡の存在価値は高く、地域遺産として大切に保存していくべきものです。  このように、東名遺跡は学術的価値が高く、世界史や人類史、地域史においても非常に重要な遺跡であると考えております。  以上でございます。 ◆西岡真一 議員   ただいまの御答弁、学術的には全く正しい評価であり、全く正当なものであろうと思います。

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

◎古賀臣介 地域振興部長   私のほうからは、1点目の地域の魅力と振興について、各校区でのまちづくり協議会の魅力や特色ある取り組みについてお答えいたします。  まちづくり協議会は、現在全32校区のうち30校区で設立され、それぞれの校区の地域課題の解決や地域の魅力の発信などについて各校区で考え、行動する自発的な取り組みをなされております。  

佐賀市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-01号

総務部長        池 田  一 善 企画調整部長      武 藤  英 海    経済部長        百 崎  哲 也 農林水産部長      川 副  浩 顯    建設部長        干 潟  隆 雄 環境部長        喜 多  浩 人    市民生活部長      眞 崎  武 浩 保健福祉部長      大 城  敬 宏    子育て支援部長     今 井    剛 地域振興部長

佐賀市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-目次

 ………………………………………………………………………………… 87 古賀臣介地域振興部長 ……………………………………………………………………… 87 中村宏志議員 ………………………………………………………………………………… 87 古賀臣介地域振興部長 ……………………………………………………………………… 88 中村宏志議員 ………………………………………………………………………………… 

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-付録

────────────────────┤ │    │ 20 │嘉 村 弘 和│1.道路交通安全対策について                 │ │    │   │       │2.コンビニ等での各種証明書交付サービスについて        │ ├────┼───┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 21日 │ 21 │重 田 音 彦│1.地域包括

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-10号

施設の移転については、今年2月に地域の方から、建てかえ・移転の要望をいただいており、今後、地域の方々や保護者の意見を真摯に聞きながら、検討を進めていきたいとの答弁がありました。  これに対し、委員より、山間部では子どもたちが減ってきているため、やはりさまざまな議論をしておかないといけない。

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

実際に北部中山間地域の集落の中には、集落内で多くの空き家が生じたり、集落内に若者がいないなどの問題も出てきており、地域活動そのものが難しくなるなど、将来、地域コミュニティの崩壊が懸念される集落も見受けられます。  このような問題を少しでも解消するためには、地域外への転出者の減少や地域外からの移住・定住者の増加につながる取り組みが必要であると考えているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

まず初めに、地域包括ケアシステムについて伺います。  この件については、2月定例会でも野中宣明議員から質問があり、佐賀市においては、子ども、高齢者、障がい者など、住民一人一人の暮らしと生きがい、地域をともにつくっていく地域共生社会の実現を目指し、その取り組みの中で地域包括ケアシステムの構築を進めていく。

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

そういう意味合いから、地域の一員としての自覚を持つように育ててまいりたいというふうに思っているところでございます。 ◆川原田裕明 議員   今答弁がありましたように、私たちは以前からまさにそのことを実践しながら、地域の中で子どもたちを育てています。常に地域の行事、例えば運動会、祭り、あとは体協の行事とか、そういう形の中で常に子どもを真ん中に置いている。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

◎今井剛 子育て支援部長   私のほうへは地域子育て支援拠点施設子育て支援センターの役割と利用状況についてという御質問にお答えいたします。  佐賀市内では、私立の保育所及び認定こども園8カ所、社会福祉議会諸富支所、公立保育所2カ所及び子育て支援センターゆめ・ぽけっとの計12カ所において、地域子育て支援拠点事業を実施しております。