20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

対象としたのは、佐賀県を初め、県内各市のほか、九州及び中国四国地方県庁所在地類似団体等でございます。主に制定経緯条文構成、内容、制定後の効果について比較を行ったところです。  制定経緯で多かったものとして、中小企業基本法小規模基本法などの改正及び施行を契機とするもの、関係団体や議会からの要請といったことがございました。  

佐賀市議会 2016-09-13 平成28年 8月定例会−09月13日-04号

平成26年11月17日の気象庁の報告書によりますと、平成26年8月の豪雨では台風と前線及び暖かく非常に湿った空気の影響で全国各地大雨となり、7月30日から8月26日までの総降水量は、九州地方四国地方、近畿地方で1,000ミリを超える大雨となりました。  その際、最大1時間降水量は、広島広島市で101ミリを観測しております。

唐津市議会 2016-06-15 06月15日-06号

岡本雅夫市長四国地方整備局に勤められていたときに、官製談合事件の対応に携わった経験があるということを坂井市長から推薦の言葉がありました。市長政治倫理審査会から要請されながら欠席されたということでありますけども、どのようなアドバイスをされたんでしょうか。 ○議長田中秀和君) 岡本雅夫市長。          

佐賀市議会 2016-03-07 平成28年 2月定例会−03月07日-04号

地域別に見てみましたら、秋田県などの東北地方から161点、東京都などの関東地方から111点、静岡県など中部地方から26点、兵庫県など近畿地方から10点、広島県など中国地方から20点、愛媛県など四国地方から42点、九州沖縄地方から553点と、このようになっております。  また、博愛作文についてでございますが、今年度は、県内の小・中学校から186点の応募がございました。

鳥栖市議会 2015-08-26 09月10日-04号

本市は九州における交通要衝であり、新鳥栖周辺九州全域中国四国地方広域交流拠点として、今後、新たなまちづくり拠点となるエリアとして期待されております。 また、サガハイマットの立地により、今後、久留米地域等と連携したがん治療拠点となるまちづくりも期待できるものではないかと考えているところでございます。 以上、お答えとさせていただきます。 ○議長齊藤正治)  江副議員

みやき町議会 2010-03-25 2010-03-25 平成22年第1回定例会(第6日) 本文

米の平均生産費は2008年で16,497円ぐらい、北海道東北地方は12千円から14千円ですが、中国四国地方は20千円以上だったそうです。地域農業の柱である米の生産や水田の多面的機能を維持するには、生産費の高い地域の条件を加味して補償するべきという声が出ているが、我がみやき町は生産費がどれくらいかわかりませんが、今回の戸別所得補償政策にどれほどの向上が期待できるのかお伺いしたい。  

鳥栖市議会 2009-04-23 03月09日-02号

九州中国四国地方はもとより、韓国中国台湾といった地域からも治療対象となる患者さんが来ていただくエリアに含まれるものというふうに考えておりまして、広い地域から患者を集客していくために、少なくとも九州内にある大学大学病院、あるいは大規模病院医師会等といった組織の連携による患者の紹介、あるいは専門医、医学物理士などの医療従事者育成など、さまざまな組織をネットワーキングすることで解決していくことができるというふうに

鳥栖市議会 2009-03-13 06月09日-03号

また、先ほど来御指摘がありましたように、交通機関の乗り換えによる交流拠点としてのまちづくりも大変重要でございまして、そのために新鳥栖駅の駅前建設予定粒子線がん治療施設は、九州中国四国地方はもとより、韓国中国台湾などアジアの皆様にも広く使っていただけるものと考えておりまして、そういった広域皆様との交流拠点として、この鳥栖が機能していくということにつなげていかなければいけないというふうに

鳥栖市議会 2009-01-26 03月11日-04号

また、がん治療施設利用者は、九州中国四国地方はもとより、韓国中国台湾といった地域治療対象者エリアに含まれるものと考えており、広い地域からの利用者が見込まれることから、粒子線がん治療施設建設に伴い、より広い地域に向けた人の交流拠点として区画整理地区が活用されるものと考えております。 以上、御理解賜りますようお願い申し上げ、お答えとさせていただきます。 ○議長森山林)  原議員

佐賀市議会 2008-03-10 平成20年 3月定例会-03月10日-03号

ただ、助成を行っている自治体は、北海道東北北陸地方寒冷地域豪雪地帯で多く見られますが、西日本では日本海側中国地方近畿地方四国地方などのごく一部で助成が行われている程度にとどまっています。九州内では佐賀県も含め、福祉灯油助成につきましては、ほとんどの自治体が実施をされておりません。  

佐賀市議会 1994-03-23 平成 6年 3月定例会−03月23日-06号

猪股氏は建設省都市局都市政策課係長河川局河川計画課長補佐関東地方建設局河川部河川調整課長建設経済局国際謀海外協力官四国地方建設局企画部企画調査官などを歴任されております。特に、建設経済局国際課においては、ブラジル、フランス、イラン、イラクなどにも渡航され、海外の実情にも精通されております。  

佐賀市議会 1991-09-09 平成 3年 9月定例会−09月09日-02号

九州地方におきましては、佐賀佐賀市の金立、また諸富町、伊万里の波多津、福岡県では八女市、鹿児島県では串木野市、坊津町、宮崎県では宮崎市、延岡市、それに四国地方におきましては、高知県佐川町、紀伊半島には和歌山県新宮市、三重県熊野市等々、青森県から愛知県、山梨県、東京都の八王子まで数多くの伝承地がございます。  

  • 1