52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

◎百崎哲也 経済部長   佐賀大会で行われる主なタスクといたしましては、嘉瀬川河川敷のローンチサイトから一斉離陸する場合に設定されることが多い種目といたしまして、競技委員長ターゲットを指定するジャッジ・デクレアド・ゴールや、パイロット自身ターゲットを指定するパイロット・デクレアド・ゴールがございます。

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

その主な取り組みについて御紹介いたしますと、まずは11月4日、これは月曜日の振りかえ休日になりますけど、嘉瀬川河川敷のローンチエリアにおきまして、Hondaレースマシンデモンストレーションを実施いたしました。こちらは元F1レーサー中嶋悟氏をスペシャルゲストに迎え、現役のドライバーのジェンソン・バトン選手佐藤琢磨選手によるレースマシンデモンストレーション走行を御披露いただきました。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

まず、大会概要について申し上げますと、ことしは10月30日のオープニングパレードを皮切りに、10月31日から11月4日の5日間、嘉瀬川河川敷会場世界各国から100機を超えるバルーンが集結いたします。競技飛行を初め、人気のバルーンファンタジアや幻想的な夜間係留など、多くのお客様に楽しんでいただけるように準備を進めているところでございます。  

佐賀市議会 2017-03-03 平成29年 2月定例会−03月03日-02号

先月の2月18日になりますけれども、熱気球世界選手権開催を記念いたしまして、嘉瀬川河川敷会場参加気球187機を幅4メートル、奥行き1メートルの巨大ジオラマで再現いたします、一般市民参加型のワークショップ開催したところでございます。今後、このワークショップを月に4回程度開催いたしまして、ことしの11月の大会までには完成させたいというふうに思っております。  

佐賀市議会 2016-12-12 平成28年11月定例会-12月12日-07号

次に、バルーンフェスタ期間中、嘉瀬川河川敷会場北側駐車場利用されている方からいただいております環境整備協力金についてでございますが、この制度は平成13年の大会から開始しております。バルーンフェスタ会場内の基盤整備などに係る経費の一部として充当しており、こちらのほうも熱気球大会佐賀運営委員会の収入となっております。  

佐賀市議会 2016-12-06 平成28年11月定例会−12月06日-03号

安全運転対策といたしましては、メーン会場でございます嘉瀬川河川敷の通路への看板設置、また、競技前に行われますブリーフィング(事前説明)のほうで、くれぐれも安全運転に心がけるよう注意喚起を行っていたところでございます。 ◆実松尊信 議員   注意喚起大会期間中も行っていたというふうに聞いていますけれども、結局、大会最終日まで、そういったことは改善されなかったというふうに私は思います。

佐賀市議会 2016-09-14 平成28年 8月定例会−09月14日-05号

佐賀市では、1997年以来、19年ぶり3回目の大会となり、嘉瀬川河川敷を主会場として開催いたします。  大会概要といたしまして、開催日程は10月28日から11月6日までの──通常の倍の期間になりますが──10日間となっております。  まず、熱気球ホンダグランプリを10月28日から30日までの3日間開催し、熱気球世界選手権を10月31日から11月6日までの7日間開催いたします。  

佐賀市議会 2015-12-04 平成27年11月定例会−12月04日-03号

なお、佐賀市立野球場及び嘉瀬川河川敷北グラウンド利用者数につきましては、平成26年度実績でございますが、佐賀市立野球場1万2,617人、嘉瀬川河川敷北グラウンド1,439人となっております。  以上でございます。 ◆実松尊信 議員   それぞれ御答弁をいただきました。それでは、一問一答に移りたいというふうに思います。  

佐賀市議会 2015-03-25 平成27年 3月定例会−03月25日-09号

続きまして、同議案中、歳出7款1項7目熱気球大会開催費のうち、熱気球世界選手権会場整備事業4億8,472万3,000円について、委員より、世界選手権に向けて嘉瀬川河川敷を広範囲に整備するということだが、バルーンフェスタ以外で嘉瀬川河川敷を恒久的に活用するような考えはあるのかとの質問があり、執行部より、場所が河川敷であるため構築物の建設はできないが、今回の整備において、新たに芝を植える部分を市民の運動

佐賀市議会 2013-12-10 平成25年12月定例会−12月10日-05号

バルーンミュージアムのですね、立地が問題だということで、そのワークショップの中でも出たのが、バルーン関係者は風雨で競技が中止になった場合を考えて、嘉瀬川河川敷とか言う方もいらっしゃったそうでございますし、また中には、やっぱり中心市街地活性化のためにも市の中心部がいいということが出たということを聞いております。  

佐賀市議会 2012-09-14 平成24年 9月定例会−09月14日-07号

私も食べ物好きですので、喜んで参加をさせていただきましたけれども、どんどんどんの森とかですね、嘉瀬川河川敷でもいわゆる集客イベントとしてはよかったということですけれども、あえて、今言われましたように、656(むつごろう)広場と白山でやったと、そういう効果も狙ったんだというふうな御答弁がありましたけれども、私も行ってですね、その会場とその周りは確かににぎわっていたというふうに思います。

佐賀市議会 2011-09-07 平成23年 9月定例会−09月07日-03号

野球大会で一番利用が多いのは、4面のグラウンドがあります嘉瀬川河川敷北グラウンドで、13の大会が行われており、大会日数合計で109日となっております。次に利用が多いのが久保田グラウンドで、13の大会が行われており、大会日数合計で53日となっております。3番目に利用が多いのが健康運動センターで、10大会が行われており、大会日数合計で43日となっております。  以上でございます。

佐賀市議会 2011-03-09 平成23年 3月定例会−03月09日-04号

佐賀市が所管するグラウンドで、野球、サッカー、ソフトボール、グラウンドゴルフなど青少年から一般まで何らかの大会が行える施設といたしましては、旧佐賀市では、市民運動広場市立野球場西神野運動広場嘉瀬川河川敷北グラウンド健康運動センターの5カ所でございます。旧諸富町では、諸富公園多目的広場の1カ所でございます。旧大和町では、大和中央公園自由広場春日運動広場の2カ所でございます。

佐賀市議会 2010-12-06 平成22年11月定例会−12月06日-03号

それ以外で、佐賀市内で発生したものとして把握しているものは、平成21年1月に大和町の嘉瀬川河川敷で1名の方が負傷された事案平成21年11月から12月にかけまして同嘉瀬川河川敷で2名の方が負傷された事案と合わせまして3件の事案が発生しております。また、直接人的被害はないものの、金立地区久保泉地区などの民家周辺でもたびたびイノシシの出現が目撃されております。  以上でございます。

佐賀市議会 2010-06-18 平成22年 6月定例会−06月18日-07号

経済波及効果につきましては、嘉瀬川河川敷会場及び中心市街地サテライト会場におきまして約920名の方に実施をいたしましたアンケート調査に基づきまして、推計ではございますが、両会場合わせまして57億7,000万円の効果を得たところでございます。前年と比べてみますと8,000万円、率にしまして1.4%の減少でございました。

佐賀市議会 2010-06-11 平成22年 6月定例会−06月11日-02号

また、サテライト会場とのアクセスの関係についても、毎日、嘉瀬川河川敷会場からシャトルバスを運行して、足を運んでいただくという形の中で運行をいたしております。その中で佐賀城下秋骨董市につきましては、平成19年度で2万8,000人、20年度で3万2,000人、21年度で3万3,000人という御来場をいただいているところでございます。

佐賀市議会 2009-03-17 平成21年 3月定例会−03月17日-09号

また、水防センターについては、洪水時には水防活動の拠点として、また平常時にはミニバルーン大会時の本部等としての利用や、嘉瀬川河川敷利用者トイレ等休憩所、並びに地元活動の場として利用できるよう、平成21年度に佐賀市で建設する予定であり、スペースとしては約300平米必要と考えております。  

佐賀市議会 2008-09-16 平成20年 9月定例会−09月16日-06号

佐賀大学医学部グラウンド嘉瀬川河川敷、佐賀市立野球場どん3の森ふれあい広場、旧諸富町は1カ所でございますが、中の島緑地公園、旧川副町は2カ所あります。佐賀空港スポーツパーク川副多目的広場、旧東与賀町は1カ所で、東与賀運動公園運動広場、旧久保田町も1カ所ございます。久保田グラウンド補助グラウンド、旧大和町は2カ所ございまして、春日運動広場松梅運動広場、それから旧富士町は4カ所ございます。