441件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

どちらも国の事業で、佐賀商工会議が受託者となり、運営しておられます。  まず、佐賀県事業引継ぎ支援センターでございますが、平成27年9月に開所し、社員承継やM&Aといった親族外承継をサポートされております。サポートの内容は、事業承継に関するアドバイス弁護士などの専門家の無料派遣、M&Aのマッチング支援などを実施されております。  

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

その後、市民参加の祭りをという声に応える形で、昭和47年に、市や商工会議観光協会が中心となったまつり振興会が組織されまして、納涼佐賀まつりが始まりました。この昭和47年8月10日に開催されました納涼佐賀まつりが、今日まで続いております栄の国まつりの第1回目でございまして、途中、大人みこし、こどもみこし、綱引きなどが加わり、発展、継続してきたところです。

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

地域の中小・小規模事業者に適切な支援策を進めていく上で、その地域データ分析が不可欠だと思いますが、国の経済センサスなどの大規模調査では、発表の時期が一、二年おくれるし、小規模な調査ではサンプル数が少ないため、昨年秋に佐賀大学経済学部と佐賀県商工会連合会、佐賀県商工会議連合会が合同で佐賀県地域経済に関する状況調査を行いました。

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

一方で、平成26年の小規模企業振興基本法及び商工会及び商工会議による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律施行を契機に、地方公共団体におきましては、中小企業振興条例の制定が増加してきている状況です。佐賀県におかれましても商工団体からの要望書提出を受け、平成30年3月に佐賀県中小企業・小規模企業振興条例を制定されました。

鳥栖市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会-03月12日−03号

商工費のうち商工業振興費につきましては、商業の活性化や中小企業の経営の安定化、企業誘致の推進などを図るため、企業立地奨励金、雇用奨励金、商工会議補助金中小企業相談所補助金、市内中小企業者の資金調達の円滑化を図るための市小口資金融資預託金、産業団地造成特別会計への繰出金など4億4,781万6,000円が計上されております。  

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

また、県単位で構築されております事業承継ネットワーク参加し、国、県の支援機関を初め、商工会議金融機関などとの連携、情報共有を図っているところでございます。  今後とも経営者の方が事業承継に取り組みやすくなるよう環境整備を行い、長く地元で営業を続けていただけるよう努力してまいりたいと考えております。

鳥栖市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会-03月04日−02号

次に、使用できる店舗等の募集につきましては、過去に実施いたしましたプレミアム付商品券事業におきましては、鳥栖商工会議に御協力をいただき、新聞折り込みやホームページなどを活用し、広く募集をしていただきました。  これらを参考に、市内の多くの店舗等が参加していただけるよう周知を図ってまいりたいと考えております。  以上、お答えとさせていただきます。

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

佐賀市の場合、佐賀市佐賀県に加えまして、地域経済団体として佐賀商工会議佐賀県ソフトウェア協同組合、有識者として佐賀大学などに参画していただきたいと考えているところです。  貸付金の返済につきましては、国から委託費が支払われましたら、今年度中に全額返済することとしております。返済による収入につきましては、今回の補正予算におきまして諸収入200万円として計上させていただいているところです。

鳥栖市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日−02号

懇話会で、実際に地元の代表である田代地区の会長や、鳥栖商工会議の専務理事とかの発言がありましたが、これはお願いです。  もっとですね、もっと地元の意見を吸い上げて、検討した上で策定しないと、私は、この、先ほどの総評でいったら、絶対これは実現しない、前に進まない結果になると思います。ぜひよろしくお願いします。  では、飯田蔵上線についての評価、答弁をお願いいたします。

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

その後、小規模企業振興の重要性を打ち出した小規模企業振興基本法及び商工会及び商工会議による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律平成26年に公布され、地方公共団体においても、同様の目的を持った条例の制定が増加している状況でございます。特に都道府県ベルでは条例制定が進んでおり、本年2月の時点で未制定は、東京都高知県佐賀県のみでした。

鳥栖市議会 2018-10-09 平成30年 9月 定例会-10月09日−10号

産業経済部における支出済額は29億525万9,722円であり、その主なものといたしましては、さが園芸農業育成対策事業費補助金、県営水利施設整備事業(鳥栖南部地区)負担金、滞在型農園施設等改修工事費、ふるさと・しごと創生促進事業委託料、企業立地奨励金、鳥栖商工会議補助金道路維持関係委託料及び工事費、道路舗装工事費、橋梁定期点検及び修繕設計委託料、並びに工事費、交通安全施設整備工事費、道路改良工事

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

こちらは三瀬村が地域の活性化を図り、民間活力を導入した観光牧場を開発する中で、国際化をモチーフとした対応を検討され、ボルドー商工会議を通じて三瀬村と類似した近郊のクサック村を紹介されたことに始まります。それを受けて、昭和62年11月初旬、三瀬村長を初めとする一行が視察のためクサック村を訪問し、その後、クサック村から姉妹村締結の申し出があり、昭和63年4月19日に姉妹村締結に至っております。  

佐賀市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-07号

まず初めに、祭りの運営につきましては、地元商店街商工会議観光協会、佐賀青年会議所といったそれぞれの祭りの主管団体や、警察消防などで構成されます佐賀城下栄の国まつり振興会が主催し、運営を行っています。  ことしも8月の第1土日となります8月4日土曜日と5日日曜日の2日間、中央大通り周辺を会場として開催を予定しております。

鳥栖市議会 2018-06-08 平成30年 6月 定例会-06月08日−02号

地元商店街や住民、そこに住む人たち、商工会議、また、行政、ほかにも、さまざまなまちづくり団体等で、この2つのエリアを、どのようにして活性化していくのかを考え続けていくことが、これから必要になってくるというふうに思っております。  これで私の一般質問を終わります。  ありがとうございました。          

佐賀市議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会−06月08日-01号

記 ・「生産性向上特別措置法」に基づく導入促進基本計画の策定および固定資産税の特例措置に関する要望           佐賀商工会議            会頭 井田出海 ・嘆願書(有明海沿岸道路に直通する道路建設について)           大川市大野島校区区長会            会長 古賀 明 外1名 ・嘉瀬川ダム整備計画に対する要望書           嘉瀬川ダム利活用促進協議会

鳥栖市議会 2018-03-23 平成30年 3月 定例会-03月23日−07号

商工費のうち、商工業振興費につきましては、商業の活性化や中小企業者の経営の安定化、企業誘致の推進などを図るため、企業立地奨励金、雇用奨励金、商工会議補助金及び中小企業相談所補助金、市内中小企業者の資金調達の円滑化を図るための市小口資金融資預託金、産業団地造成特別会計への繰出金など4億6,195万8,000円が計上されております。  

鳥栖市議会 2018-03-13 平成30年 3月 定例会-03月13日−05号

総務課長(実本和彦)  謝礼品提供事業者に対する謝礼品募集の広報については、鳥栖観光コンベンション協会において、協会会員及び商工会議会員などに対して行っていただいております。  しかしながら、先ほど申し上げた発送依頼、管理などの事務量が増大していることもありまして、市内事業者などへの訪問などによる働きかけが十分にできていないところでもございます。  

鳥栖市議会 2018-03-09 平成30年 3月 定例会-03月09日−03号

2つ目は、小規模事業者持続化補助金で、小規模事業者が商工会議と作成した経営計画をもとに取り組む、販路開拓等に対し支援するものでございます。  3つ目は、サポイン補助金と呼ばれており、中小企業が、大学や公設試験研究機関等と連携して行う研究開発や販路開拓等を支援するものでございます。