26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

唐津市議会 2020-11-30 11月30日-01号

さらに、人口減少対策地域課題などの解決に向け、唐津生会議の設置をはじめ、ふれあい市長室の開設など、様々な業種の方々や地域皆様の声を積極的に伺っておりまして、市民皆様が、唐津に生まれてよかった、住んでいてよかったと心から思っていただけるよう、「誇れるふるさと唐津」を未来へつないでいくための土台づくりに力を注いでまいりました。 

唐津市議会 2020-09-16 09月16日-08号

この提案につきましては、唐津生会議意見を求めましたところ、好意的な意見も多かったところでございます。市といたしましても、特に若い世代に対しましては、唐津を出産や育児の場所に選んでいただけるような子育てを応援する施策の展開が必要と考えておりまして、この未来づくり研究会提案につきましては、非常に魅力あるものと考えております。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 宮本議員

唐津市議会 2020-09-15 09月15日-07号

こういった展開の発表の場といたしまして、冒頭紹介がございました佐賀県が実施をしております、企画甲子園に倣った設定も考えられるところではございますが、1つの提案といたしまして、本市には、他業種地域からの市民構成をしております唐津生会議がございます。こういった場でプレゼンテーションを行い、委員から幅広い意見、感想を聞くといったことも可能ではないかと考えるところでございます。 

唐津市議会 2020-09-14 09月14日-06号

最後に、発信力でございますが、市民のご意見を伺う、また、市民センター強化として、市民協働まちづくり交付金拡充唐津生会議開催市民センターの権限の見直しなど9つ事業取り組み、進めてまいりました。 これまでの3年間の実績に関しましては、公約に掲げております52事業中51の事業着手事業展開をさせていただき、進めてきたところでございます。

唐津市議会 2020-03-10 03月10日-03号

安心力では、「福祉のまちづくり子育てに寄り添うからつ」といたしまして、運転免許証自主返納者支援事業保育料の軽減、不妊治療支援拡充など、14の事業全て着手をいたしまして、最後に、発信力でございますが、市民皆さん意見を伺う、また市民センター強化として市民協働まちづくり交付金拡充唐津生会議開催など9つ事業全て着手をいたしました。 

唐津市議会 2020-03-09 03月09日-02号

まず総務費、からつ力向上推進費についてですが、唐津生会議の進捗ぐあいとこれから設定しているゴールまでの流れについて伺います。 続いて、ふるさと寄附金推進費については、令和元年度の寄附総額並びに寄附積立額最終見込みについて、また人気の返礼品の傾向についてを伺いいたします。 次に、地域エネルギー創出事業費についてですが、現時点までの進捗ぐあいについて、定量的な進捗ぐあいについてお伺いいたします。 

唐津市議会 2019-03-08 03月08日-02号

項目の中に、唐津生会議というものがありますが、この平成30年度に実施された内容について、開催回数やテーマ及びメンバー等について、後、出た意見等、そのあたりの経緯についてお伺いいたします。 ○議長田中秀和君) 脇山政策部長。          (政策部長 脇山秀明登壇) ◎政策部長脇山秀明君) 再質疑にお答えいたします。 平成30年度に実施した内容についてのご質疑でございました。 

唐津市議会 2018-06-08 06月08日-02号

企画政策課市政戦略課に改称する理由、目的でございますが、各部局が所管する政策全般調整し、新たな市政展開を大局的、多角的、積極的な姿勢で取り組んでいくことといたしまして、具体的には市政戦略会議政策調整会議において、政策全般調整を迅速に推し進め、また、唐津生会議未来づくり研究会等における新たな提案についても、冷静、的確な判断により推進するものとして、市政戦略課に改称したものでございます。 

唐津市議会 2018-03-14 03月14日-06号

今回の議案質疑でも回答させていただきました、平成30年度からは唐津生会議を年4回開催することを予定しておりまして、さまざまな業種や、いろんな地域のいろんな年代の皆さん意見交換を行うことで、地域が輝くよう、ふるさと唐津創生に向けて取り組むことといたしております。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 石﨑議員

唐津市議会 2018-03-12 03月12日-04号

4点目、からつ力向上推進費について、からつ力の向上のため、大学等高等教育機関連携した取り組み推進するとともに、唐津生会議を創設し発信力を高めるものとなっておりますが、事業内容も具体的に大学等高等教育機関連携した取り組み推進となっておりますが、今まで市長がからつ力とは生産力観光力教育力安心力発信力総合力を「からつ力」と示してありましたが、からつ力向上推進費目的が具体的に小さくなっているのはなぜですか

唐津市議会 2017-12-15 12月15日-07号

そういった中で、市長公約にもあります唐津生会議におきまして、その構成員として、子育て世代版だったり、中高生版など、立場や年齢ごとに分けて開催し、そういう人たちと一緒に唐津の将来を考えていく場とする予定にしております。 これによりまして、若者世代政策形成過程の参画ができるのではないかというふうに考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 中川議員

  • 1
  • 2