6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2016-03-10 平成28年 2月定例会−03月10日-07号

そしてまた、その後、中部広域連合議会消防委員会でも名取を視察いたしました。津波で非常にやられて、そして、家も一軒もないところ、そこは今思いますと、埋め立てをするか、どんな方法でやるかという議論の最中であったので、本当に何もない草ぼうぼうのところでございました。  そして、3年前も紹介をいたしましたが、忘れてはならないのは、釜石市立釜石東中学校のことでございます。

佐賀市議会 2013-09-04 平成25年 8月定例会−09月04日-06号

また、私は今年7月、中部広域連合の消防委員会宮城県名取閖上地区の視察を通して感じたことは、日ごろの訓練や心構えがいかに大切であるかということを強く感じました。佐賀においてもいつ災害がやってくるかわからないのであります。昔からのことわざに「備えあれば憂いなし」と申しますが、常に災害に備えて心の準備をしておく必要があります。  

佐賀市議会 2012-12-06 平成24年12月定例会-12月06日-02号

また、ことしは、昨年3月の東日本大震災津波で瓦れきに埋もれたバルーン「いろは号」が宮城県名取から初めて参加し、修復されたバルーンが佐賀の大空を舞いました。名取からは佐々木市長も佐賀へおいでいただき、佐賀市内の小学生や熱気球関係者が書いた復興に向けた応援メッセージカード1,000枚が、市内の小学生から直接佐々木市長に手渡されるなどの交流が生まれております。

佐賀市議会 2008-09-11 平成20年 9月定例会−09月11日-04号

かつて視察に参りました宮城県名取マニュアルは、災害別に細かく区分されていて、大変参考になっております。かつて当局にも資料としてお渡ししております。現在の佐賀市マニュアルでは不十分ではないかというふうに自分は考えております。各災害ごとに、細かいところまで一応決めたマニュアルが必要なんじゃないかと。

多久市議会 2002-09-02 平成14年 9月 定例会-09月02日−01号

先ず、議員定数について  名取では地方自治法の改正に基づいて平成15年1月1日付けで定数を定める事になっており、現在各会派で県内各市の情報を収集中。議会運営委員会にて検討のあと12月議会で決着予定であり、議員の定数についてどうなるのか事務局としてはなんとも言えないとのこと。なお、現在の定数は昭和46年に定めた26名とのことでありました。  

  • 1