2130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

これに対し、委員より、川副学校給食センターの給食費で、平成15年から未収金があるとのことだが、平成19年の合併時に収入未済額を整理する協議などはなされなかったのかとの質問があり、執行部より、この収入未済額については、債権者からの申し出等がなければ返済義務は消滅せず、不納欠損の処理ができない。合併後、鋭意徴収に取り組んでいるが、なかなか徴収できない状況が続いているとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

川副地区の方に話を聞いたら、合併して大型化することで本当にメリットがあるということですから、順次進めていただければと思います。  続きまして、水路の整備でありますけれども、本当に何回もほかの議員からも質問されておりますが、現在うちの町内でもクリークの支線のほうは県営クリーク防災事業により順調に進んでおりますけれども、国営総合農地防災事業による本線がなかなか進んでいないという状況であります。

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

合併前の分ですけれども、4.5%ということが最高ですね。議員御指摘のとおり、今現在、起債の利率の制限をかきますと、4%というのを出しておりますので、それが妥当か妥当でないかということの御質問については、確かにおっしゃるとおり、今の段階ではそういった利率はございませんので、これは確かにおっしゃるとおり、見直すべき材料かなということで考えておりますので、今後検討させていただきたいと思っております。  

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

河川清掃参加者につきましては、川を愛する週間の実施報告書の集計データによりますと、市町村合併後の平成20年度には7万9,490人の参加者があり、平成24年度の10万2,811人をピークに年々減少しております。昨年の平成30年度は8万9,016人となっております。  この河川清掃により、身近な水路、水辺環境が良好に保たれていると考えております。

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

その後、市町村合併等もあっておりますが、現状といたしましては、市内の全ての小学校学校行事や地域行事などでの利用がない日に限り、毎週土曜日、または日曜日のいずれかで、午前9時から午後5時までグラウンドの一般開放を実施しているところでございます。  引き続き、3点目の佐賀県総合体育館と市文化会館の駐車場の共用についてお答えいたします。  

みやき町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

それぞれに理由をお聞きしましたけど、何で1人になっているんですかと聞きましたら、合併時に変わったというのが白石町です。他の町にも聞きましたけど、自分が在籍する前から1人になっていますので、申しわけございません、1人ですという回答がございました。玄海町におきましては1人で、そして今現在保証人はないということなんです。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

消防団につきましては、これまでもこの議会の場で幾度となく多くの議員によって質問がなされてはおりますが、改めて佐賀市の現状を把握するため、直近3年間の団員数の推移をお示しいただき、合併後のピーク時の団員数との比較をお示しください。  また、昨年度1年間、どのような活動があったのか、活動実績もあわせてお示しください。  以上、2項目について答弁を求め、総括質問といたします。

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-10号

皆様方におかれましては、議員活動、合併の都合で15年の方から19年半近くの方、幅がございますが、いずれにいたしましても、地域の皆さんたちのよき相談相手として、そしてまた、佐賀市政の発展のためにこれまで尽くしてこられました。本当にありがとうございます。これからも十分健康に注意をされて、地域の皆さんたちの期待に応え、そしてまた、佐賀市政の発展のためにお力添えをいただければ幸いでございます。

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

市町村合併少子高齢化人口減少により新たな地域課題が発生している。住民ニーズの個別多様化により行政による画一的なサービスでは対応が困難になっている。自治体財源の減少により、より効率的な公共サービスの推進が必要になっているといった理由で、平成23年からまちづくり協議会が設立され今日に至っておりますが、これまでの取り組みと成果について伺います。  次に、干ばつ対策について伺います。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

合併により佐賀市が所管する河川・水路等は膨大な数、延長となり、全てを管理することは極めて困難であることは理解いたしますが、この問題に関しては何らかの抜本的な対策を講じる時期に来ていると感じております。  そこで、総括質問では、現在、佐賀市が所管する水路、河川砂防課や農村環境課等が主だと思いますが、みずから定期的に管理を行っている部分とそうでない部分があろうかと思います。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

まず、児童館から江口地区に一部の歩道が未整備でございますけれども、この件については、合併してすぐに県道神埼北茂安線のこの用地買収が難航しているというのをお聞きしましたので、県にも行きましたけど、直接地権者の方にお会いしました。そうしましたら、聞いていたことと少し違って、地権者の方の要望にもお応えしていないというのがわかりました。

みやき町議会 2019-06-06 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

町には合併以来、多くの要望が上がっていて、町としてもそれらの要望に応えるために、いただいた寄附金を有効に使わせてもらうという一念でこれまで寄附金の獲得に努力されてきたことではありましたが、残念ながらふるさと寄附金をいただくための手法が総務省のげきりんに触れてしまったものか、ことし6月1日から来年9月までの1年4カ月間はふるさと納税指定から除外されてしまいました。

みやき町議会 2019-06-03 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1日) 本文

また、既存の合併処理浄化槽の寄附は、平成28年度から平成30年度までに553基の寄附採納を行い、町による維持管理に移行しました。なお、今年度は、現在のところ8基の寄附申請があっています。  次に、個人設置型浄化槽整備事業は、今年度30基分の予算計上を行っており、現在のところ3基の設置申請を受け付けています。