136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第1日) 本文

庶務・人事担当では、職員採用関係で、9月22日に県下統一による職員採用1次試験が行われ、本町への一般事務応募者35名が受験をしました。1次試験合格者6名に対する2次試験として、10月29日に適性試験及び作文試験、11月12日に面接試験を実施しました。12月中旬に3次試験を実施し、12月下旬には採用者の内定を行う予定でございます。  

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

まず、全国学力テストの結果と教育施策についての質問でございますが、本年春に実施されました全国学力テストは、小学6年生108万人、中学3年生109万人が受験いたしましたが、その結果について、先日、地元のテレビのニュースで報道がなされておりました。それによりますと、佐賀県は小学生、中学生ともに正答率が全て全国平均を下回ったということでございました。  

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

学生の方が保育施設の採用試験の申し込みがあって、保育士自体の魅力や勤務、労働条件、先輩、後輩のつながり等による受験する施設を選択することも考えられます。  町としましては、本年度から実施しております保育士人材確保促進事業の効果的な周知を行いながら、町内の保育施設への就職希望者をふやすことにより、処遇面で保育士確保のお手伝いができればと考えているところでございます。  

みやき町議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

庶務・人事担当では、職員採用関係で、9月16日に、県下統一による職員採用1次試験が行われ、本町への一般事務応募者35名が受験をされました。1次試験合格者10名に対する2次試験として、10月28日に適性試験及び作文試験、11月15日に面接試験を実施しました。12月中旬に3次試験を実施し、12月下旬には採用者の内定を行う予定であります。  

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

一般的には景気が好調なときは公務員は不人気と言われておりますが、より優秀な職員を確保するという観点からは、より多くの方に応募、受験してもらうことが必要だと考えておりますので、応募者数の減少には危機感を持っているところでございます。 ◆野中康弘 議員   確かに公務員と民間で、志望の動向というのは景気によって左右されるという意味では、今、大分、民間の好景気が続いているのかなというふうに思います。

みやき町議会 2018-09-10 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第1日) 本文

庶務・人事担当では、待機児童解消及び地域産業の振興・資源の発掘を図るため任期付職員採用試験を8月5日、9月9日に行い、保育士、自己PR枠で4名受験され、合格者については10月1日付で採用する予定であります。  また、平成30年度職員採用統一試験として、7月17日から8月17日の間で一般事務の募集を行い、39名が応募されており、9月16日に1次試験を行う計画であります。  

佐賀市議会 2018-06-22 平成30年 6月定例会−06月22日-09号

また、昨年の6月定例会で山下議員から御紹介がありましたとおり、岡山市では専門職として司書を正規職員に採用しており、採用試験は59歳まで受験が可能となっております。このため、嘱託司書が正規職員となる機会は開かれておりますが、嘱託司書から正規職員に昇格するような制度はなく、正規職員になるには一般競争試験において合格することが条件となります。  

みやき町議会 2018-06-07 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第3日) 本文

これで基準点を満たしておかないと、入社試験とかいわゆる受験、そういうものができないと、足切りされるという世の中がそこまで来ておるというふうに伺っております。  最後に町長にお伺いしたいのは、茨城県境町フィリピンのマリキナ市と姉妹都市提携を結んでおるということでございます。

みやき町議会 2018-03-26 2018-03-26 平成30年第1回定例会(第5日) 本文

そしてまた、センター試験とか統一試験とか、そういう受験も近まってきますので、高校生あたりが三養基高校も、ほかの高校の生徒もここに集まってきて、ホールで勉強等をしているわけですね。この子たちのために15席か20席ぐらいの、いわゆる家に帰り着く前の一、二時間を勉強していただくと。

佐賀市議会 2018-03-13 平成30年 2月定例会−03月13日-09号

本来、附属小学校中学校というのは受験して行く学校ですから、経済的に余裕がある家庭ばかりかなと思ったりもするんですが、やはり先ほど総括質問への答弁でもありましたように、リストラだったりとか、離婚されたりとか、景気の不安定で家業の悪化とか、そういった事態も考えられますし、逆に、きょうだいそろって同じ学校に入れたいけれども、あと1人産みたいが、そういった経済的理由で断念せざるを得ないとか、さまざまな声が

みやき町議会 2018-03-12 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第1日) 本文

さらに、介護支援専門員の確保のための処遇改善、民間企業との連携事業の推進に必要な人材の確保の観点から、任期付職員の採用試験選考の1次試験を1月21日に行い、介護支援専門員5名、一般事務1名が受験をしました。また、その2次試験を2月5日に、3次試験を2月20日、22日に実施し、6名に採用内定の通知を行いました。3月2日、3日には内定者向けのオリエンテーションを実施しました。  

佐賀市議会 2018-03-07 平成30年 2月定例会−03月07日-05号

次に、このように実施しております本市の職員採用試験の応募状況でございますが、直近3カ年の採用予定者数、申込者数、1次試験受験者数について、採用職種全体では、平成26年度採用予定者34名程度、申込者856名、受験者561名、平成27年度、採用予定者18名程度、申込者550名、受験者384名、平成28年度採用予定者26名程度、申込者535名、受験者340名となっております。  

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

しかしながら、バルーンフェスタのシャトルバスですとか、世界遺産周遊バスにつきましては、佐賀市観光事業に対する市営バスの役割として運行しておりまして、また、ことし1月に行われましたセンター試験ですとか、同じような佐賀大学の2次試験受験者向けの臨時バスにつきましては、公共交通機関としての責務として運行しているところでございます。