62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2019-03-01 03月01日-01号

防災危機管理対策につきましては、全国各地地震や風水害などの災害発生する中、誰もが安全で安心して暮らすことのできるように、防災力向上に努めます。 市内大雨となりました「平成30年7月豪雨」は、県内では7月5日朝から7日未明まで大雨が続き、数十年に一度の大雨予想となり、県内全域ほか11府県で初めての大雨特別警報が発表されました。西日本を中心に記録的大雨となり被害が発生しました。 

鳥栖市議会 2018-02-06 03月12日-04号

計画は、防災拠点となる安全な庁舎として、大地震後にも、災害対応拠点として機能確保するための耐震性能確保危機管理対策機能の強化、誰もが利用しやすい庁舎として、多目的トイレ設置など、ユニバーサルデザインへの配慮や来庁者へのわかりやすい窓口案内表示など、手続しやすい窓口機能といった、市民アンケート市民説明会等でいただいた市民の皆様の御意見等を踏まえながら、市民生活に欠かせない行政機能について、

佐賀市議会 2017-06-15 平成29年 6月定例会−06月15日-03号

これらは、同じ総合計画基本施策であります、魅力ある観光の振興、活力ある商工業振興、また、総合的な防災危機管理対策充実地域で守る生活者安全確保などにつながるものと考えております。 ◆川原田裕明 議員   今、部長が答弁されましたけれども、私はこの道路をつくることに反対しているわけでも何でもありません。

佐賀市議会 2017-06-09 平成29年 6月定例会−06月09日-01号

まず、防災総合システム整備事業でありますが、 〇 この事業は、災害発生時における的確で迅速な危機管理対策充実を図るとともに、市民の安全・安心の確保に資するため、ドローンやタブレット端末で撮影した災害現場の状況を、リアルタイムで本市災害対策本部へ中継するシステム整備するものであります。  

唐津市議会 2016-12-12 12月12日-04号

危機管理対策室のアドバイザー唐津市にはいらっしゃいます。現在、4名であります。行政アドバイザー危機管理アドバイザー原子力対策アドバイザー報道アドバイザー、特に気になりますのが平成26年4月から不在になっておりました行政アドバイザーが本年4月から就任されております。2年間の不在期間職員逮捕という大きな事件が起きております。 このアドバイザー制度平成20年度から設置されております。

唐津市議会 2016-03-01 03月01日-01号

改正内容といたしましては、危機管理対策室のアドバイザー体制見直しに伴いまして、行政アドバイザーを常勤の期間業務非常勤職員とするため、別表から行政アドバイザーを削除するものでございます。また、この見直しに伴いまして、必要に応じて臨時に嘱託する非常勤職員報酬の上限を見直すものでございます。施行期日は、平成28年4月1日からでございます。 次に、14ページをお願いいたします。 

唐津市議会 2015-12-14 12月14日-06号

まず1項目めの単なる価格競争による入札とは異なるものであることという観点におきましては、本市制度運用におきましては、まさに公共サービスの提供を持続的に行うという観点をもって運用しておりまして、私どもの審査の視点、3点ほど申し述べさせていただきますと、施設設置目的に沿った適切な管理運営計画をなされているか、利用者へのサービスの質の向上をさせるための取り組みが計画をされているか、安全対策危機管理対策

みやき町議会 2015-03-20 2015-03-20 平成27年第1回定例会(第5日) 本文

この事業は、平成25年当初に防災行政無線整備に伴いまして、危機管理対策拠点となる防災センター建設計画したということによります。そのとき、民間業者のほうから提出されました企画提案書に基づきまして建設構想を進める中で、整備の方針について全員協議会等で慎重に御審議をいただいたところでございます。  

佐賀市議会 2014-06-16 平成26年 6月定例会−06月16日-05号

伊東博己 総務部長   このハザードマップであらわされている浸水想定区域につきましては、国土交通省武雄河川事務所事務局を務めます佐賀平野規模浸水危機管理対策検討会構成メンバーとしては国土交通省海上保安庁陸上自衛隊、県、市、学識経験者でありますけれども、この中で満潮時に伊勢湾台風並み台風が襲来したことを想定してシミュレーションし、算出されたものと聞いております。  

唐津市議会 2013-06-17 06月17日-06号

この危機管理対策アドバイザーという方の設置目的仕事内容につきましては、昨年度だったですか、議会でもお示しをさせていただきまして、非常に重要なお仕事をしていただいているということから雇用をさせていただいているところでございます。 その方の報酬でございますが、月12日勤務で、報酬額としては30万円。 以上でございます。 ○議長(熊本大成君) 浦田議員

佐賀市議会 2013-06-13 平成25年 6月定例会−06月13日-06号

伊東博己 総務部長   御指摘のとおり、南部地域につきましては標高が低いところでございまして、一方で、今私たちが参考にしております佐賀平野規模浸水危機管理対策検討会が作成しました浸水想定区域につきましては、いわゆる有明海海岸堤防が壊れた、破堤したということを想定して最大浸水区域を想定されております。  

唐津市議会 2012-09-18 09月18日-07号

危機管理対策室のあり方についてであります。 危機管理対策室については、5人の嘱託職員を採用していますけれども、雇用目的仕事内容がよくわからない。さらに一般嘱託よりもかなり高額で雇用してあります。危機管理対策室の設置に対して、市民からの疑念の声も聞くわけですが、まず最初設置目的嘱託職員仕事内容について、最初にお伺いをいたします。 次に、3番目であります。

伊万里市議会 2012-09-13 09月13日-06号

今度、総務委員会で和泉市の危機管理対策を視察させていただきますが、職員さんの配慮避難所運営HUG研修とか、あるいはクロスロード研修も受けさせていただくということで、非常に実りある、私たちからまた皆さんに提案していくことができるような視察になるのかなというふうに思っていますし、それから、今、危機管理職員によるフェイスブック情報を共有する、情報交換するということも始められているそうですので、できれば

佐賀市議会 2012-09-12 平成24年 9月定例会−09月12日-05号

このような中、今年度、国土交通省佐賀県などで構成される佐賀平野規模浸水危機管理対策検討会において、伊勢湾台風クラス台風有明海を通過し、台風により降雨や、最大6.7メートルの高潮の発生を想定したシミュレーションを実施され、海抜を考慮に入れた内陸部への避難方向も指示された浸水想定図が作成されております。

佐賀市議会 2012-09-11 平成24年 9月定例会-09月11日-04号

防災危機管理対策充実につきましては、市の重点課題として位置づけており、これまでも国、県の協力のもと、佐賀市内浸水軽減対策協議会設置いたしまして、連携を強化しながら、既存施設を有効活用した方策を検討してまいりました。  ことしからは、佐賀排水対策基本計画策定作業を進めております。

唐津市議会 2012-03-15 03月15日-07号

唐津市が音頭を取ってでも、そういう場はつくれればというふうに思いますので、特に現在、本市においては危機管理対策室のほうに、自衛隊出身アドバイザーの方、海上保安部出身アドバイザーの方、警察出身アドバイザーの方がいらっしゃいますので、いろいろ助言をいただいて、そういうところとの連携も含めた、やはり課題等を協議できる場を設けるべく、今後そういった事務的なレベルでも準備を始めていきたいなというふうに思

唐津市議会 2011-12-12 12月12日-04号

また、これに危機管理対策室のアドバイザー方々のかかわりでございます。もちろんこの防災計画検討委員会の正式なメンバーとして、委員として入っていただいております。各部会、各作業部会にも出席をしていただいて、その知識、経験に基づいて助言、指導、取りまとめ等への意見をいただいているところでございます。特に津波避難計画案の作成に関しましては、大きな助力をいただいたものでございます。