361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

また、東名縄文館における常設展示と、佐賀県博物館などでの企画展も行っております。  各取り組みにおける3カ年の実績でございますが、出前授業は小学6年生を対象に行っており、平成28年度は13校、1,094人、平成29年度は17校、1,197人、平成30年度は17校、1,212人と、市内小学6年生の5割以上に対して実施していることになります。

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

また、佐賀市内で開催されるのは8部門でございますが、佐賀市文化会館では吹奏楽部門、器楽・管弦楽部門の2部門、佐賀県総合体育館ではマーチングバンド・バトントワリング部門、小倉百人一首かるた部門の2部門、佐賀県博物館美術館では美術・工芸部門、メートプラザ佐賀新聞部門、佐賀大学自然科学部門、そしてアバンセでは特別支援学校部門が行われます。  

伊万里市議会 2019-03-01 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月01日−02号

御案内のとおり、山元様からの御寄附につきましては、平成13年2月ごろに博物館美術館設置の一助としてということで200万円寄附いただいております。文化振興基金には、そのほかにも博物館美術館のためにということで約170万円ほどございまして、合計で約370万円が博物館美術館のためにということで御寄附いただいております。  

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

また、私が市民をどうしても必要だからと理由づけをする、持ちませんし、このことは近い将来にまた伊万里のまちが活性化されたときに考えるべきであって、ただ言っているのは、私は博物館の問題を言っているわけですね。博物館にかわるもの、既存の狭いスペースであるけれども、歴史民俗資料館があります。定期的に特別展とか、先日も明治期の伊万里をずっとやっていましたが、今もやっているんですかね。

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

平成28年度の総事業費といたしましては、315万3,160円で、博物館等における唐津焼文化発信事業及び乾杯条例施行キャンペーン事業への補助金として、280万円を交付しております。また、唐津焼窯元ホームページの保守管理及び唐津焼地窯元マップの増刷費用として、35万3,160円を支出をしております。

佐賀市議会 2018-09-25 平成30年 9月定例会−09月25日-08号

そのとき、北京の天安門広場歴史博物館で、鑑真和上の渡日経路の地図を拝見いたしました。  以上、鑑真和上の人となりを述べましたが、国際交流を論じるには、現在の佐賀市が姉妹都市、友好都市締結している5つの都市について、交流のきっかけ、締結前のプロセスについてまずお尋ねして、総括質問を終わります。

みやき町議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文

一方で、図書館博物館公民館児童館の管理については、地方団体等の意見を踏まえ、導入そのものが見送られております。  窓口業務については平成31年度の導入を視野に入れて検討とされております。2017年の通常国会自治体の窓口業務を地方独立行政法人委託することを可能とする地方独立行政法人法の改正が行われ、2018年4月に施行されます。

多久市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会-06月18日−03号

当然、今回計画しています特別展でも展示いたしますが、その後は資料館において活用いたしますし、あわせて、郷土学習や市内外への博物館、資料館への貸し出し等にも対応するなど、広く人の目に触れる機会を創出していくことができるんじゃないかというふうに考えております。ぜひやりたいという思いを持って準備を進めております。 ○議長(山本茂雄君)  國信好永君の質問は終わりました。  次に、飯守康洋君。

唐津市議会 2018-06-14 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号

まずは、これまでの経過でございますが、平成24年度に美術館博物館運営と陶磁器専門家5名からなります唐津焼美術館、これは仮称でございましたけれども、これの基本構想策定委員会を発足いたしました。  約2年の協議を経まして基本構想を策定し、その成果につきましては、平成27年度より唐津市のホームページにて掲載しております。  

唐津市議会 2018-06-13 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月13日−05号

また、いずれは、現在まちづくりを行っている地域団体が連携して、共同の取り組みや活動が1つの窓口でできるような拠点づくり及び事務局体制づくりも考えていかなければならないと思っておりますので、今後も、地元の方々やJA、漁協、特に佐賀県出先機関である名護屋城博物館などと連携・協議をしながら地域活性化を図っていきたいと考えております。  以上でございます。

唐津市議会 2018-03-16 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

そういうときに、お店の皆さんが2時間、3時間待っていただくのは気の毒ですから、鎮西に名護屋城博物館とか、名護屋城とか、波戸岬がありますと。2時間後に、3時間後には、料理をちゃんとそろえておりますので、その間、そこら辺を散歩してください、見に行ってくださいというようなことを言っておられるということをお聞きいたしました。  本当にこういうことが地域づくりというのが、本当の基本だと私は思うわけです。

鳥栖市議会 2018-03-12 平成30年 3月 定例会-03月12日−04号

その会場の一つとして、中冨記念くすり博物館を会場に鳥栖サテライト館が開設され、鳥栖の幕末から明治期の偉業、偉人につきまして、映像やパネルを使って、詳しく紹介されることとなっております。  県におきましては、博覧会の目的を、佐賀の偉業や偉人を顕彰し、その志を今に生かし未来につないでいくこととされております。  

佐賀市議会 2018-03-07 平成30年 2月定例会−03月07日-05号

それから県の所管施設である佐賀県博物館佐賀県美術館には、現在、書、印鑑、拓本、関連書跡、書簡など含めて90点余りの所蔵品があって、佐賀城本丸歴史館にも書が10点ほどあると聞いております。 ◆福井章司 議員   かなりの数が残されているということでございますし、また同時に美術館あたりに参りますと、ほとんどお蔵に入ったまんまであって、我々が目にする機会というのはそうございません。

多久市議会 2018-03-07 平成30年 3月 定例会-03月07日−02号

7番目は、そういった意味で、何とか志田林三郎記念館の設置なども、今、東京のほうで博物館とか、そういうところにちょっとはあるんですけど、記念館みたいなのはありませんので、ぜひとも全国で初めての記念館の設置を検討していただきたいと思います。  以上で2回目の質問を終わります。 ○議長(山本茂雄君)  総合政策課長

佐賀市議会 2018-03-02 平成30年 2月定例会−03月02日-02号

専門職を育てる仕組みや、探すことができるネットワークなどの対応策が必要だと考えるがどうかとの質問があり、執行部より、学芸員の募集の際には、近隣の博物館や資料館の館長に人材について話をしたが、結果的に適任者が見つからなかった。専門職を育てることは、来館者数にもつながっていくことで、重要であると考えているとの答弁がありました。