106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

特に、在宅医療にて呼吸器等医療機器使用している場合、災害時や停電時の電源の確保が必要不可欠であるということを訴え、日常生活用具の対象品目に発電機を追加するよう質問、要望いたしました。その後、ことし4月1日より対象品目にも追加されたわけですが、今回のような豪雨による冠水での停電、また、千葉県での長期にわたる停電を考えると、本当に電源の確保は必要不可欠であると再認識いたしました。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

その際、災害時のみならず、停電時であっても医療機器使用在宅医療を受けられている方々にとっては電源の確保は生死にかかわる大問題であることをお伝えし、保健福祉部長にも何らかの対策をしなければならないと認識いただきました。大変前向きな答弁をいただきましたし、その後、協議をされていると伺っておりますので、私も対象の方々やその御家族も大変期待をしております。  

多久市議会 2019-03-01 平成31年 3月 定例会-03月01日−01号

予算第4条の資本収入につきましては、医療機器整備事業等の確定に伴う企業債の減額及び補助金の増額により3,352千円を減額し、総額を40,328千円とするものです。  資本的支出につきましては、医療機器整備事業等の確定により建設改良費を6,116千円減額し、総額を80,419千円とするものです。  次に、議案乙第21号 平成30年度多久市一般会計補正予算(第7号)。  

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

◎田中稔 保健福祉部長   現在、停電時に医療機器等を作動させるような発電機、蓄電池については含まれておりません。 ◆御厨洋行 議員   含まれていないということで御答弁いただきました。  先月、議員研修において、議会BCP、災害時の議会議員の役割を学びましたが、佐賀災害が起きた場合、基本的に車での避難、そして車中泊での避難生活になるであろうというふうに講師の方もおっしゃっておられました。  

多久市議会 2018-06-19 平成30年 6月 定例会-06月19日−04号

また、アクシデント報告には、医療行為によるもののほか、患者の方が廊下で転倒されたり、あるいは負傷したなどの事例のように、直接医療行為と関係ない事故である場合や患者の方には影響を及ぼしていない医療従事者の、例えば、針刺しの事故医療機器を取り扱う過程での機器の破損やふぐあいなどのような事案も対象としておるところであります。  

伊万里市議会 2018-03-14 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

ただし、車両と中の医療機器が老朽化をしているので、どこまで使えるかは問題が残るというような内容でございました。  また、3点目の跡地、これは施設も含みますけれども、その管理につきましてはサテライトとして新たなプレハブ様式での施設なども検討をしていると。病院の解体については、アスベストを使用した建物ということでございまして、費用については相当額かかるといったような内容の説明でございました。  

唐津市議会 2018-03-08 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月08日−02号

保健センター及び歯科口腔保健センターの備品、医療機器の備品購入でございまして、事業総額1億2,082万9,000円を計上しております。  その内訳といたしましては、新保健センターの備品購入費が健診業務用及び事務室用の机、椅子など1,851万4,000円、歯科口腔保健センターの備品購入が、レントゲン、診療用ユニットなどの医療機器等及び事務用品で、1億231万5,000円としております。  

多久市議会 2018-03-02 平成30年 3月 定例会-03月02日−01号

収益的収入の主なものは、高度医療機器リース料の確定に伴う他会計補助金等の減額、収益的支出の主なものは、減価償却費の増額及びリース支払利息の減額です。  予算第4条、資本収入につきましては、平成28年に導入しました電子カルテ整備費用に係る補助金の計上等により39,595千円増額し、総額を58,544千円とするものです。  

唐津市議会 2017-12-11 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月11日−03号

また、歯科口腔保健センターにつきましては、必要となる医療機器につきまして、平成30年度当初予算にて計上予定であり、建物が完成した平成31年1月から3月にかけて搬入、据えつけを行い、供用開始につきましては、新唐津市保健センターと同様に、平成31年4月を目標といたしております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 福島議員。 ◆17番(福島尚美君) ありがとうございます。  

唐津市議会 2017-09-08 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月08日−02号

また、旧日赤南病棟を改修して整備を行う計画の唐津市歯科口腔保健センター整備計画では、平成24年度から協議会の委員として、医学的見地から計画や条例の策定、口腔保健センターに必要となる医療機器選定などに対していろいろ意見を賜っているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 古藤議員

多久市議会 2017-03-21 平成29年 3月 定例会-03月21日−05号

民間医療機関では、必ずしも十分に担えない高度な医療を提供し、MRIなどの高度医療機器により充実した医療治療を行っているところです。  また、昭和47年に救急告知病院、また平成9年には災害拠点病院の指定を受けておりまして、昨年の熊本地震に際しては、DMAT──災害派遣医療チームを派遣して、現地で活動をしました。  

唐津市議会 2017-03-01 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月01日−01号

議案第67号、神集島地区の新規策定でございまして、医療機器平成29年度に導入する計画でございます。  続きまして、120ページをお願いいたします。  議案第68号は、馬渡島地区の計画変更でございまして、平成29年度までの医療施設設備整備事業を平成31年度まで延長するものでございます。  続きまして、124ページをお願いいたします。  

鳥栖市議会 2016-12-12 平成28年12月 定例会-12月12日−04号

また、要配慮者についてチェック項目を設けているのが佐賀県内の自治体では、妊産婦が0自治体、乳幼児も0、障害者が1自治体、要介護者が0、医療機器の利用者も0、アレルギーに対しても0、傷病が7つの自治体でした。この各自治体避難者カードを調査し分析する取り組みについては、全国の超党派議員連盟、避難者カード標準化プロジェクトとして、現在、全国25の都道府県710の自治体での調査を行っております。  

唐津市議会 2016-10-03 平成 28年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号

また、ソフト面におきましても、例えば必要となります医療機器の選定を唐津東松浦医師会や歯科医師会の皆さんのほうに検討をしていただくなど、今後も調整すべき事項が多々ありますので、現時点では明確な金額をお示しできる状況ではございませんので、今後、金額が固まり次第、状況を見ながらお示しをさせていただきたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 平野議員