1524件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-付録

                                        令和元年11月定例会 ┌────┬───┬───────┬───────────────────────────────┐ │ 質問日 │質問順│ 氏   名 │        質   問   事   項          │ ├────┼───┼───────┼───────────────────────────────┤ │  4日 │  1 │川 副 龍之介│1.レポーター制度

佐賀市議会 2019-12-13 令和 元年11月定例会−12月13日-09号

農林水産部では、人口減少や高齢化等が進行する本市の北部中山間地において、都市部からの新たな人材を受け入れ、その定着を図るとともに、若者等の定住や農林業の活性化等を促進するため、地域おこし協力制度を活用した取り組みを行っております。  現在、農業振興課と森林整備課にそれぞれ隊員1名、合計2名を配置し、取り組みを進めております。  

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

2つ目のICTで暮らしの場面に応じた質の高いサービス提供につきましては、例えば、マイナンバー制度の開始に伴う取り組みといたしまして、申請の際に必要な書類が不要になったこと、コンビニエンスストアで各種証明書が取得できるようになったことなど、住民にとって負担の軽減と利便性の高いサービスの提供につながったと考えておるところでございます。  

佐賀市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-06号

続きまして、平成26年度以降の介護保険制度の改正に伴う佐賀市における高齢者福祉の取り組みについてお答えします。  高齢者福祉介護に係る制度改正は、平成26年と平成29年に大きな変更が行われております。  まず、平成26年の介護保険法改正では、地域包括ケアシステムの構築を推進するための改正がなされております。

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

地方公務員法の改正に伴い、平成32年度、つまり令和2年度から会計年度任用職員制度に移行されることとなるということでありました。  それから1年、さきの9月定例会では、会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例が上程、可決されましたが、その際、山下明子議員から議案質疑がなされ、制度の概要、これまでの嘱託職員、日日雇用職員の処遇改善内容等について一定の理解はできました。

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

そのため、まだ契約ができていない河川補助災害につきましては、繰越制度を活用し、早期発注に努めてまいりたいと考えております。  また、道路の単独災害及び急傾斜崩落防止事業は、施行年限の決まりはございませんが、被害の拡大防止や公共の福祉を確保するため、補助災害と同様に、繰越制度を活用し、早期発注に努めてまいりたいと考えております。  

佐賀市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-02号

まず1点目、レポーター制度の導入について。  東京都練馬区のねりまちレポーター制度については、これまで2回質問してきました。今回、3回目の質問をさせていただきます。  レポーター制度は、行政が管理する施設等のふぐあいや、道路河川危険箇所、不法投棄の発生などを市民の方がスマホを使って行政に場所、写真情報提供をすることにより行政が迅速に対応できる制度です。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

では          │ │    │   │       │ (3) バリアフリーやユニバーサルデザインの視点は       │ │    │   │       │2.放課後児童クラブの拡充のために               │ │    │   │       │3.聴こえのバリアフリーへの支援を               │ │    │   │       │ (1) 補聴器購入助成制度

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

令和2年度からは、先ほどから答弁でも申し上げておりますが、会計年度任用職員制度が導入され、放課後児童クラブの指導員も現在の職種から会計年度任用職員制度へ移行します。  移行後は、正式職員の給料に準じて報酬が支給されることになり、一定の条件を満たせば、期末手当や通勤手当などの手当が支給できることになるなど処遇が改善されると考えております。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

中身は若干省きますけれども、補聴器は平均価格15万円と高額で高いと、悲鳴が上がっていると、欧米では難聴を医療のカテゴリーで捉え、補助制度があるが、日本は障がい者のカテゴリーで捉えているので、補助対象を絞り込んでいるため、補聴器所有率が圧倒的に低い、どういう対応が可能か研究、検討に入るべきではないかとして、補聴器購入に補助制度を求めました。

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

また、この中には今年度から新たに始まった森林経営管理制度に伴う市町村森林整備に必要な費用も含まれます。  市としましては、森林経営管理制度に基づく意向調査を行い、森林所有者から森林経営管理委託を受けた森林のうち、林業経営に適さない森林について間伐などの森林整備を実施してまいります。  

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

目3.財政管理費、節13.委託料では、会計年度任用職員制度に対応するための財務会計システムの改修委託料をお願いしております。  項2.徴税費は、固定資産評価額審査決定取消請求事案に係る訴訟弁護委託料をお願いしております。  15ページ中段をお願いいたします。  款10.教育費、項5.社会教育費は500千円の増額です。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

◎東島正明 教育長   現在、中学校学級担任制、それから、教科担任制という制度を導入して、大半がそれでやっております。そして、教育効果を上げているわけでございますけれども、この学級担任制、今おっしゃられました固定の担任制ということでございますが、そのメリットというのは2つあると私は考えております。  1つ目は、1人の担任が目標に向かって学級づくりができるということです。  

みやき町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5日) 本文

この県交付金については、その交付の制度によりまして、減債基金に積み増しをして、そして起債の償還において計画的に充当するということが制度ということになっております。  現在、公共下水道については、県交付金のほうがもう終わっておりまして、現在入っておりますのが、市町村設置型浄化槽整備事業に伴いまして、県交付金が交付されている状況でございます。