14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会−03月23日-付録

───────────────┤ │ 15日 │  8 │山 下 伸 二│1.中心市街地活性化について                 │ │ (月) │   │       │2.災害対策について                      │ │    │   │       │ (1) 電力レジリエンス強化への対応について          │ │    │   │       │ (2) 内水

佐賀市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会−03月15日-05号

それでは、2点目の内水ハザードマップの件についてなんですけれども、昨年11月に内水ハザードマップが更新されておりますけれども、今回、この内水ハザードマップの更新に至った経緯についてお示しいただきたいというふうに思います。 ◎干潟隆雄 建設部長   改訂前の内水ハザードマップは、平成25年12月に平成24年7月の九州北部豪雨に相当する1時間当たり91ミリの雨を対象降雨として作成しておりました。

佐賀市議会 2020-09-25 令和 2年 9月定例会−09月25日-08号

◎池田一善 総務部長   本市では、昨年8月末の大雨で、これまでの内水ハザードマップ対象降雨である1時間当たり91ミリを超える110ミリの降雨があったことから、ハザードマップ見直しを行っております。現在は、内容の最終確認を行っているところで、今後、印刷や配布に向けた準備を行い、今年の年末までに対象地区市民配布を完了する予定となっております。  以上でございます。

佐賀市議会 2020-02-27 令和 2年 2月定例会−02月27日-01号

ハード整備など、短期的に対応が難しい部分もあることから、市民皆様の「自助・共助」での備えや避難による安全確保をお願いする部分も必要となってまいりますので、まずは、内水ハザードマップ見直しを行うとともに、現在策定を進めております「国土強靱化地域計画」に沿って、中・長期を見据えた対策も着実に進めてまいります。  次に、地域の交通の充実に向けた取組でございます。  

佐賀市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-05号

そういったことになったわけですけれども、洪水ハザードマップ内水ハザードマップ、両方ある中で、豪雨と満潮時の排水機能が果たせるかどうか、そういったことを全て加味されたものが内水ハザードマップになるわけです。洪水の手前ですね。そうなるわけですが、現行は91ミリメートルを想定されておりますが、今回、本当に110ミリメートルに至るような豪雨が降りました。

佐賀市議会 2016-06-20 平成28年 6月定例会−06月20日-05号

畑瀬信芳 総務部長   現在、佐賀市で作成済み防災マップ洪水ハザードマップ内水ハザードマップ、津波ハザードマップ高潮ハザードマップとなっております。また、随時作成している防災マップ土砂災害ハザードマップとなっており、地震についてのマップは現在作成に至っておりません。  

佐賀市議会 2014-09-18 平成26年 9月定例会−09月18日-05号

既に市民皆様にお配りしています内水ハザードマップにつきましても、このシミュレーション結果をもとに作成をした結果となっております。  今後の内水氾濫シミュレーションの活用につきましては、必要に応じた局部的な浸水状況分析でありますとか、短期対策事業事後評価でありますとか、その後行おうとしている中期対策の新たな事業メニューの選定など、必要に応じて活用していきたいと考えておるところであります。  

佐賀市議会 2011-10-06 平成23年 9月定例会−10月06日-08号

特に今後の取り組みについては、浸水被害発生要因についてデータ分析を行い、市街地を含む平野部内水ハザードマップ整備と、それを踏まえたハード整備及びソフト対策の整理を行うとともに、市内の各地域にわたる分析を行い、排水対策についての総合的な計画策定に取り組むこと、用・排水専門知識を持つ職員の育成や庁内の体制強化に取り組むことなどについての考えが示されました。  

  • 1