196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2019-03-20 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第7日) 本文

このような中、簡素で効率的な行財政システムを構築し、行財政運営について透明性を高め、公共サービスの質の向上に努めてきたところでもあります。質の向上は公共サービスを効率的、効果的に提供するため、各種事業効果の的確な分析が策定されているのも評価できるものであります。  本予算は、希望あふれるみやき町へ将来を担う若い世代子供たちに引き継いでいくためにも期待に応えるものであります。

多久市議会 2019-03-18 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号

公共施設等は、まちの活性化やにぎわいの創出に欠かせないとする一方、ニーズの変化、老朽化、厳しい財政状況などから、公共サービスの提供を継続するため、施設の現況、利用状況、類似施設の配置状況などを勘案した上で、1つには、保有施設の縮減や規模の適正化、2つ目には、保有資産の長寿命化・機能維持を基本的な方針として掲げ、将来の財政負担を軽減・平準化するなどの対策を講じる方針としています。  

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

しかしながら、世界の水道民営化に関する調査機関PSIRU、公共サービス国際研究所データによりますと、2000年から2015年の間に、世界37カ国235の都市が一度民営化した水道事業を再び公営に戻しております。その理由は、水道料金の高騰、財政の透明性の欠如、公営が民間企業を監督する難しさ、劣悪な運営、過度な人員削減によるサービス低下などです。そして、公営に戻すときに莫大な違約金を支払っております。

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

このような中、簡素で効率的な行財政システムを構築し、行財政運営について透明性を高め、公共サービスの質の向上に努めるなど、質の高い公共サービスを効率的、効果的に提供するため、各事業効果の的確な分析、継続的な定住促進事業の推進等により町民の満足度を高め、みやき町の未来を担う子供たちが「いつまでも住み続けたい町」と思う施策を編み出すこと、真に町民の期待に応えることを心がけて予算編成を行ったところです。  

伊万里市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会(第4回)-12月20日−07号

働く場があり、暮らしていける所得が得られ、かつ保育教育などの子育て高齢者福祉交通など、公共サービスが受けられる環境があるかどうかです。人口の動態は、その結果としてあらわれるものではないでしょうか。  連携協約第2条に、連携の基本方針があります。佐世保市伊万里市は取り組みを相互に連携して推進とあり、第3条に、取り組みと役割分担があります。  

多久市議会 2018-12-18 平成30年12月 定例会-12月18日−05号

現状のまま何も対策をとらなければ、十分な公共サービスができなくなり、市民や利用者には利便性が悪く、負担を強いることになります。そうしたことを踏まえ、我々も視察でも勉強してまいりました。  多久市は近年、あいぱれっとやタクアが建設され、これからマテリアルリサイクル施設弓道場、北多久公民館、市立病院などの計画がめじろ押しであり、また、これに図書館建設が入りますと、建設費や維持費は巨額になります。

唐津市議会 2018-12-11 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号

この指定管理者モニタリング評価に関する事項というのがホームページに示されていまして、評価の目的は、指定管理者制度を活用している施設では、公の施設の管理運営を指定管理者委任することが当該施設施設者である市は、指定管理者による施設の管理運営が事業計画に沿って適切に実施され継続的・安定的な公共サービスの提供が可能であることを定期的に確認し、必要に応じて指定管理者に対する改善の指導などを行わなければならないということで

伊万里市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号

まず、メリットにつきましては、水道契約者にとって、民間事業者の経営上のノウハウや技術能力を活用することにより質の高い公共サービスの提供が可能であるということ、水道事業者に対しては、運営権対価を徴収することにより施設収入の早期回収を実現することなどが挙げられておるところでございます。  

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

日本においては、電力の小売自由化により地域電力の創設が増加していることから、地域密着の複数の公共サービスを1つの事業体で提供するシュタットベルケが注目されており、日本シュタットベルネットワークには、平成30年9月7日現在で31自治体が賛助会員として加盟し、このうち九州自治体は7自治体となっております。  

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

トランスナショナル研究所の報告によりますと、世界的には民営化された公共サービスを民間企業から再び公のもとに取り戻す動きが広がっているといいます。2000年から2017年の間に少なくとも835件の公共サービスの再公営化が実施され、世界45カ国の1,600以上の都市がその過程にかかわっているそうです。そのうち水道事業は267事例で、そのうち106事例が民営化先進国と言われるフランスだといいます。

みやき町議会 2018-03-26 2018-03-26 平成30年第1回定例会(第5日) 本文

町民ニーズの多様化、複雑化が進む中で、町のみできめ細かな公共サービスを提供することは限界があると指摘されているところでもあります。また、厳しい財政事情のもとで、町が町民の要望に応え続けることができなくなるのも現実であります。  このような中、より魅力あるみやき町を築いていくためには、広く町民の参加引き出し、その知恵と力を加えた新しいまちづくりのスタイルが必要とされているところでもあります。

みやき町議会 2018-03-12 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第1日) 本文

このような中、効率的な行財政システムを構築し、行財政運営についても透明性を高め、公共サービスの質の向上、質の高い効率的、効果的なサービスを提供するため、各事業効果の的確な分析、継続的な定住促進事業の推進等により、町民の満足度を高め、みやき町の未来を担う子供たちがいつまでも住み続けたいまちづくり、町民が健やかで幸せに過ごせるまちづくりの施策を編み出すこと、真に町民の期待に応えることに心がけて予算編成を

佐賀市議会 2018-03-07 平成30年 2月定例会−03月07日-05号

◎馬場範雪 副市長   議員から御提案といいますか、御意見があったPPPとかPFIとかという公共サービスの中でも民間とのパートナーシップ、あるいは民間主導型のやり方、最近公園下水道等、いろんなところでそういう手法を導入する自治体がふえている状況でありますので、本市におきましても、どのような形の手法がいいのか、そういったことも地権者の関係もございますので、慎重にいろいろ検討してまいりたいというふうに

伊万里市議会 2017-12-12 平成29年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号

これはこれからの人口減少を見込み、公共施設の複合化等による維持管理と公共施設の維持補修の計画的な推進を図るなど、公共施設の再配置等を推進し、新たな公共サービスの提供のあり方を考えるプログラムでございます。  5つ目につきましては、市民の皆様の安全・安心、健康など市民の皆さんの日常を守るプログラムでございます。  

佐賀市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会−06月19日-05号

◎古賀臣介 企画調整部長   オープンデータ総合計画の中での位置づけということでございますが、国は公共データをオープンデータとして提供することで、国民に対する透明性、それから信頼性が向上しまして、官民の情報共有が図られ、官民協働による公共サービスの提供が促進されるとしております。