733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2059-06-24 06月24日-03号

もう一つは、相続登記に係る司法書士等への報酬であったり、登録免許税であったりということで、大きな費用負担が発生をすると。こうした理由のために登記をされないままにされている方も多くいらっしゃるのではないかというふうに思っています。 一方、固定資産税課税については、地方税法第343条で固定資産所有者課税をするというふうに規定をされています。

鳥栖市議会 2024-04-01 06月20日-05号

今や高齢者交通事故運転免許返納高齢者移動手段確保が社会問題となっております。 そこでまず、高齢者安全運転についての講習と運転免許返納取り組み状況、まずそれをお教えください。 以降の質問質問席より行います。 ○議長齊藤正治)  松雪産業経済部長。 ◎産業経済部長上下水道局長松雪努)  中川原議員の御質問にお答えいたします。 

鳥栖市議会 2023-06-17 06月17日-02号

しかしながら、保育士幼稚園小学校などの教員免許などの支援員としての資格を持っておられる方の応募が急激にふえているわけではございません。 指導員としての経験を積み、放課後児童支援員資格を取得することにより、賃金の増額も望めますので、保育士幼稚園小学校などの教員資格を有しない方も、子育て支援員の理解と意欲がある方であれば、どなたでも採用されているところでございます。 

唐津市議会 2022-06-17 06月17日-07号

教員につきましては、状況はさらに深刻でありまして、免許保有者が限られていること、ここ数年退職者がふえましたこと、また、退職された方の再任用で定数の人数になられること、特別支援学級が急激にふえましたこと、定員数以外に配置される加配の教員数や正規の教職員の育児休業病気休暇等補助に、臨時的に必要な教員数がふえたこと等によりまして、教員不足状況が続いております。 

唐津市議会 2021-12-12 12月12日-05号

許可証発行手続につきましては、各駆除班より提出していただきます駆除員許可申請によりまして、捕獲等許可従事者名簿を作成をし、駆除員許可要件となります、狩猟免許を持たれていることを確認するため、佐賀猟友会唐津支部及び相知支部に照会を行いまして、要件を満たしていると確認できましたら、市より捕獲許可証年度ごとに発行しているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 中川議員

唐津市議会 2021-10-03 10月03日-10号

まず、民生費運転免許証自主返納者支援事業費、それから保育所等整備事業補助金、それと衛生費空き家等対策事業費、この3点については予算と決算の金額の違いについて説明をお願いいたします。 それから、農林水産業の明日の農業者支援事業でございますけれども、これは前任者と重複しましたので、これは省かせていただきます。 

唐津市議会 2021-06-14 06月14日-06号

この事業は、高齢者交通事故を未然に防ぐとともに、地域住民事故から守る観点から取り組んだ事業でございまして、運転免許証自主返納者に対しまして、タクシー運賃が割引となるタクシー券交付運転経歴証明書交付手数料を助成することで、返納後の日常生活支援し、運転免許証の自主的な返納を促すため、平成30年度から新たな支援制度として始めたものでございます。

唐津市議会 2020-12-16 12月16日-07号

平成29年の中間報告において、高齢者事故防止のため、運転免許証の自主返納の推進を実施するようにされています。 平成30年7月から高齢者免許証返納に伴い、タクシーチケット補助が実施されております。 実施後、地域状況の変化に伴い、現在のタクシーチケット補助だけでは、立ち行かなくなっている地区があります。 

唐津市議会 2020-12-13 12月13日-06号

交通弱者免許証自主返納は、平成28年192人、平成30年539人と、自主性も高まりまして、また、タクシーチケット補助を始めたこともその効果としてあらわれているんじゃないかなというふうに考えております。 高校生の県内就職率は、平成28年28%、平成30年度40%でございます。 なお、唐津市における大学の県内就職率につきましては、統計的なデータが確認できませんでした。 企業誘致のほうでございます。

多久市議会 2020-12-13 12月13日-03号

県の研修を受けた方ということで、また、いろいろ資格要件があります、免許保有とかですね。ただ、学校の先生ではなく、外部より雇用をした方々ということで御理解いただければと思います。 ○議長山本茂雄君)  田中英行君。 ◆7番(田中英行君)  ありがとうございました。 続きまして、3点目に入りますけれども、1点目から3点目、大体同じようなことですので、まとめて。 

多久市議会 2020-12-02 12月02日-01号

多久市で導入するには、利用対象者を65歳以上の方、要支援以上の方、障害者免許返納者など福祉目的に絞った運用ができないかと感じました。また、自宅からバス停までの距離が遠いとの声もあるので、自宅目的地間の移動ができる運用を今後も検討していきたい。 以上、視察の報告とさせていただきます。 令和元年12月2日、産業厚生委員長平間智治。 ○議長山本茂雄君)  産業厚生委員長報告は終わりました。 

鳥栖市議会 2020-10-03 10月07日-09号

審査の過程において各委員から、社会福祉会館の利用状況について、防災ボランティア養成について、障害者自動車運転免許取得助成について、扶助費不用額の考え方について、障害者相談支援業務の委託について、障害者団体への補助について、食の自立支援事業の現状と推移について、介護予防事業立ち上げ支援について、鳥栖・三養基地区手話奉仕員養成講座について、障害児施設給付費の今後の見込みについて、障害者への福祉タクシー

唐津市議会 2020-10-02 10月02日-09号

今後につきましても、県の予算措置の問題や、臨床心理士等免許を取得した佐賀県内の人材の不足など、当該事業を取り巻く状況は厳しいものがありますので、増員は容易ではないと思われますが、今後もカウンセラー増員につきまして、佐賀県に対しても強く働きかけをしてまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 原議員

鳥栖市議会 2020-09-18 09月20日-07号

警察庁は、昨年末時点で、約563万人いる75歳以上の運転免許保有者が、2022年には100万人ふえて663万人に膨らむと推計しております。 こうした状況を踏まえて、国は2017年施行の改正道路交通法で、75歳以上の免許保有者は、違反時や免許更新時に、認知機能検査を義務づけましたが、今や高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題であります。