51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

食に関する指導は、食事の重要性、心身の健康食品を選択する能力、感謝の心、社会性、食文化を身につけることなどを目標としておりまして、各学校において食育の全体計画を立て、給食の時間だけではなく、特別活動学級活動や学校行事を初めとして各教科道徳総合的な学習の時間などによりまして、実施しているところでございます。  

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

化粧品や健康食品の商品の開発や販売、輸出を行うため設立した地域商社Karatsu Styleの運営に対する補助金として8,579万1,000円。企業誘致のレンタル工場としてコスメ原料加工、製品製造施設の機械設備の整備に4,863万4,798円。事務費として職員旅費等289万2,652円。総額は1億7,843万1,890円でございます。  

唐津市議会 2018-03-12 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月12日−04号

次に、業種につきましては、水産加工品、健康食品等、配合飼料建築資材加工自動車シートカバーなどの製造業が7件、IT関連、化粧品原料の卸売り、ビジネス支援サービス業がそれぞれ1件となっております。  最後に立地場所でございますが、旧唐津市内が6件ございまして、旧浜玉町内が3件、旧相知町が1件となっております。

唐津市議会 2018-03-09 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月09日−03号

自社商品といたしましては、6月に地産のショウガやかんきつ類を使用した健康食品リンク「スウィッチェル」を販売開始いたしまして、国内では100店舗以上で展開しております。シンガポールにおいても好評を得ておりまして、受注拡大の見込みがございます。また、今月の3月には、地産の白イチゴ、白いキクラゲ使用した化粧品を発売いたしまして、こちらも販路拡大を計画しているところでございます。  

唐津市議会 2018-03-08 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月08日−02号

◆3番(原雄一郎君) 続きまして、唐津産素材健康食品共同開発費なんですけども、こちらも健康食品たくさんある中で、またあえて唐津産と銘打って開発される意図、あとは、その後の活用方法等、もし今決められているのであれば、その考えをお示しください。 ○議長(田中秀和君) 田中保健福祉部長。           (保健福祉部長 田中士郎君登壇) ◎保健福祉部長(田中士郎君) お答えいたします。  

みやき町議会 2018-01-15 2018-01-15 平成30年第1回臨時会(第1日) 本文

このバラを活用したまた新たな健康食品とか化粧品開発をやってみようとか、そのほかに、今町民の皆さんも含めて、各企業団体からたくさん提案がありますので、これを具体的に募集してみたいと思っています。そのことで有効に活用していきたい。そのために寄附項目もこれからどんどんふえてくるかと思いますので、その都度、また御報告はさせていただきたいと考えております。  

佐賀市議会 2017-12-05 平成29年11月定例会−12月05日-04号

また、藻類からは化粧品、健康食品に必要な成分が抽出できますために、コスメ産業の集積を目指し、佐賀県唐津市及び玄海町で取り組まれております唐津コスメティック構想との親和性が高いと言えます。そのため、本年8月に佐賀県唐津市及び玄海町と、美と健康に関する連携協定締結しており、化粧品の原材料として藻類由来成分の販路確保につなげていきたいと考えております。  

唐津市議会 2017-10-02 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月02日−09号

先ほども触れましたが、今回の事業におきましては、唐津コスメティッククラスター整備構想を策定いたしまして、今後5年間の戦略を立てておりまして、国内外の化粧品、健康食品事業者に対する地産原料の供給販売、アジア市場向けの差別化製品の製造受託及び輸出販売、クラスター地産素材を用いた本物志向に基づく地域発製品の販売及びブランディング、以上3つのクラスター事業を展開することとしておりまして、この計画に基づきジャパンコスメティックセンター

唐津市議会 2017-09-15 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月15日−07号

地域の農林水産物使用しました化粧品や健康食品輸出販売する地域商社の設立に向けた調査及び準備を平成28年度事業で行い、本年7月に大手口センタービルの4階に地域商社、株式会社Karatsu Styleを設立いたしました。  5名体制で地域発商品の販路開拓、卸販売、地産素材から原料や製品を製造いたしまして、国内はもとより海外市場への展開を図っております。  

みやき町議会 2017-09-06 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第2日) 本文

このような中で、現在、自然食品企業とか、あとは健康食品の販売・加工企業とか、そういった会社とも協議を進めてまいりまして、今後これが軌道に乗りますと、地区の取り組みがさらに加速するんじゃないかというふうに認識しておりますので、今後の経緯につきましては、また随時議員の皆様のほうにはお知らせをしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  以上です。

みやき町議会 2017-06-07 2017-06-07 平成29年第2回定例会(第2日) 本文

このことから町のほうでは、平成29年4月から、母子健康手帳交付時に妊婦に対してDHCの健康食品であります葉酸サプリメントの配布を開始しております。  また、葉酸は、妊婦だけではなく、成人においても必要なもので、摂取が不足すると、成人の生活習慣病や貧血を引き起こす原因となると言われており、町の地区健康教室参加者へも配布をしております。

唐津市議会 2017-03-09 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月09日−03号

議会平成28年度の補正予算として計上しております唐津コスメ海外展開促進事業費とあわせて実施するもので、先ほど議員さんご説明ありましたように、休眠施設となっている旧唐津市ペットボトルセンターを、化粧品、健康食品の原料確保と化粧品の製品製造を行える施設として改良、整備するものでございます。  

唐津市議会 2017-03-08 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月08日−02号

それから、4番目に健康食品等の製造販売の株式会社愛しとーとで、浜玉町浜崎にございます。  それから、IT関連企業株式会社ココトでございまして、これは南城内の大手口センタービル内に立地しております。  最後に、住宅木材のプレカットのポラテック西日本株式会社でございまして、これは佐志浜埋立地にございました虹の松原ファクトリーパーク内に設置することとなっております。  

みやき町議会 2016-12-08 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第2日) 本文

質問の官民協働の役割についてですが、メディカルコミュニティプロジェクトは、本来、人間に備わっている心身の自然治癒力も生かした統合医療の拠点施設として整備するため、近代西洋医学を中心とし、伝統医学と補完・代替医療を統合した患者中心の医療を推進しながらの疾病予防に努め、健康増進に寄与する活動を行っていく、いわゆる統合医療を先駆的に取り組んでいる医療法人天神会、健康食品の分野でも業界の常識を破る高いコンテンツ

佐賀市議会 2016-12-08 平成28年11月定例会−12月08日-05号

最近、テレビコマーシャルで見ましたけれども、株式会社ユーグレナと、それから武田薬品工業株式会社が提携して、ミドリムシを健康食品として今売り出しているわけですから、これは絶好のチャンスではないかなと思うわけですね。こういうことを活用しながら、藻類の何といいますか、販売、研究、開発を行っているということで、これをやはり日本全体に示すチャンスではないかなと思っております。