運営者 Bitlet 姉妹サービス
314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 なお、法人の倒産などが発生した年度は一時的に不納欠損額が増加することもございますが、ちょっと乱暴な比較ではありますが、平成17年度決算における不納欠損額が1億2,004万7,777円でしたので、総じて徐々に不納欠損額は減少している状況となっております。   もっと読む
2018-09-18 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号 企業の倒産やリストラを目の当たりにしまして、転職市場でも評価される個人にならなければいけないという固有意識が生まれると同時に、安定を求めての職選びということも出てきたのではないかと思います。また、人生の早い段階で携帯電話やメール、インターネット、こういうものを使い始めた最初の世代でございます。 もっと読む
2018-09-13 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 海士町は2007年度の地域づくり総務大臣表彰を受賞した町で、当時の山内町長さんは、町は放っておくと企業倒産に相当する財政再建団体になるおそれが出てきたと。そこで、町長さんはみずから50%給料を減らしたいと申し出たら、課長たちも「町長だけじゃいかん、私たちも30%カットをします」と。 もっと読む
2018-06-15 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月15日−07号 だから政府の、例えばエスプラッツが第三セクター倒産しましたよね。あれ出たときはみんな安心だったんですよ。でもふたあけてみるとああいう結果になったわけですよね。だから、後で述べますが、やっぱりその辺まで唐津市がちゃんとやっぱり見て指導するべきだと思うんですけれども、その資金計画はそれで行くとしましょう。 もっと読む
2018-06-14 唐津市議会 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号 例えば、先日の新聞は後継者難で倒産したところが23件あったと、こういう状況でもありますし、また先日の未来づくり研究会の報告でも高校卒業者の就職者が4割が市内で、6割が県外に行くと、こういうふうな状況も発表されたところでございます。  それでは、行政として、自治体としてどのような対策、どういうふうなのが考えられるのか。 もっと読む
2018-03-09 唐津市議会 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 ただ1点、教育・保育施設給付費の中で、保護者が倒産や雇いどめなど、自己都合等以外での理由により生活困窮となった場合の保育料減免の対応についてお尋ねいたします。  次に、衛生費のがん検診事業費は、市民のがん予防及び早期発見を目的として実施されています。がん検診の受診者及び受診率についてお尋ねします。  次に、唐津市国民健康保険特別会計予算中、特定健康診査等事業費についてお尋ねします。   もっと読む
2017-12-12 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 これが、会社ならもう倒産なんです。  私は、前も述べたように、このホールの稼働率が上がればふるさと会館は素晴らしい施設になると、私は思うわけであります。そのためには、まち中の皆さんの、特に地元5カ町の皆さんの一体感、やる気、そして唐津にはまちづくり会社やいきいき唐津など多くの組織があります。こういう人たちに参画をしていただき、参加型のふるさと会館にしてはと、私は思うところであります。   もっと読む
2017-09-12 唐津市議会 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月12日−04号 また、先ほど議員申されましたように、新聞報道等によりますと、他市におきましては、売電量の見込み違いによりまして、発電事業者が倒産に追い込まれるケースがございまして、事業用地が荒れ放題となり、景観上余りよくない状況になっているところがあるとも聞いております。  また、太陽光パネルがまぶしいなどの苦情があることも承知しております。  以上でございます。 もっと読む
2017-03-13 佐賀市議会 平成29年 2月定例会−03月13日-08号 その一方で、県内企業の2016年の倒産件数は1971年の統計開始以来5番目に少ない40件でしたが、経営者の高齢化や後継者難などの原因で休廃業や解散した企業は過去10年で2番目に多い244件となっています。  こういう中、昭和55年に24店舗で誕生し、現在5店舗の松原の寿通り商店街が6月に60年の歴史に幕をおろすという新聞報道がありました。   もっと読む
2016-12-14 伊万里市議会 平成28年12月 定例会(第4回)-12月14日−06号 3つ目が、自分の都合ではなく会社の倒産やリストラなどの理由によりまして離職を余儀なくされた場合で、給与所得を3割に軽減した上で保険税の所得割額を計算する制度で、現在71件の適用を行っております。  以上が軽減の内容であります。  次に、減免でありますけれども、こちらは2つの場合があります。   もっと読む
2016-09-16 みやき町議会 2016-09-16 平成28年第3回定例会(第6日) 本文 倒産のおそれもあるということを指摘しなければなりません。  穀物自給率は日本は36%と言われておりますけれども、これが10%台へどんどん低下させられていくだろうと言われております。胃袋を外国に頼る亡国の道だと指摘しなければなりません。何よりも防腐剤など、農薬の規制を緩める、撤廃する流れ。また、がんを誘発すると言われる成長ホルモン剤の薬を使った牛肉の輸入が進められてまいります。 もっと読む
2016-09-14 みやき町議会 2016-09-14 平成28年第3回定例会(第5日) 本文 ◯徴収強化対策室長(岡 基世広君)  不納欠損についてのお話ですが、社会情勢の変化によるところも大きいかと思いますけど、財産調査、所在調査を行っても、生活困窮や倒産、居所不明などにより納付の見込みがない方、また差し押さえる財産がない方などについては不納欠損処分としているところでございます。  以上でございます。 ◯議長(松信彰文君)  大塚財政課長。 もっと読む
2016-03-16 唐津市議会 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号 子牛の生産が6年前の宮崎県で発生した口蹄疫、そしてもう5年になりますけども、東北大震災での原発事故、そして大口農家の倒産による処理など、50万頭以上の母牛が殺処分をされました。それによる頭数減とあわせて、繁殖農家の高齢化による減少もあり、そういうもろもろの条件が相まって、子牛の生産が激減して、素牛価格が高騰しているわけであります。   もっと読む
2016-03-15 唐津市議会 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月15日−07号 ほかの自治体では、現に月分をまとめてとかという支払いをされているところもございまして、この分につきましても、後納制度の導入に向けた検討を行っておりますけれども、課題となるのは、後納にした場合、手数料の収納ができなくなるリスクはないかと、可能性としては低いかと思いますけれども、倒産等によって手数料の回収が困難になる場合も想定されるわけでございます。 もっと読む
2016-03-14 唐津市議会 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 毎年度、新規加入される事業所、また、脱退される事業所がございますが、脱退される事業所の原因といたしましては、後継者不足や後継者の育成不足など後継者関係や、売上経営不振、倒産、市外への転出などが上げられているところでございます。その中でも後継者不足による原因の脱退事業所につきましては、全体の10%程度になるというふうな状況でございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 宮﨑千鶴議員。 もっと読む
2016-03-09 鳥栖市議会 平成28年 3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 かつて酒田駅前には大型商業施設が立地していましたが、やはり民間の力だけでは限界があり、2度の倒産を経て、最終的には市が数十億円で用地を購入し、図書館や観光情報施設などの複合施設の整備をする方針であるとのお話でした。  鳥栖市では、30年来の懸案である鳥栖駅周辺整備事業がようやく動き出しました。 もっと読む
2015-12-09 多久市議会 平成27年12月 定例会-12月09日−02号 2回目のところは、もう半年しかされていませんので、その真意というか、その後、会社として倒産されておられませんでしたので、真意というのはわかりませんので、把握をしてないということです。  それと、温泉だけでいいのかという、スーパー銭湯と、議員も言われたように、県内にもそういうスーパー銭湯と言われるようなところがあります。そういうことで、そこがお互いに競合をしながらしてくると思います。 もっと読む
2015-12-07 佐賀市議会 平成27年11月定例会−12月07日-04号 対象者が災害の罹災者、あるいは倒産、失業等により収入が著しく減少した方で、かつ理由発生後に医療を受けた方となり、かなり限られた方、すなわち特別な状況にある方であること、それから、ここ近年では大きな災害などが本市のほうでは発生していないことなどもありまして、本制度の対象となる方が少ないためではないかというふうに考えているところでございます。 もっと読む
2015-06-15 みやき町議会 2015-06-15 平成27年第2回定例会(第4日) 本文 収納率低下の背景には、リストラや倒産等による被用者保険から国民健康保険への異動やフリーター等で国民健康保険の適用を受ける者の増加など、低所得者層の増大があっているのも現実であります。  また、悪質な滞納者対策といたしまして、厚生労働省は、平成12年から特別な事情はなく、1年以上滞納した世帯に、保険証にかわり、資格証明書を交付することを市町村に義務づけたところでもあります。 もっと読む
2015-05-08 みやき町議会 2015-05-08 平成27年第1回臨時会(第1日) 本文 それから、確かにリスク管理としてはそれぞれのさまざまな数値を想定してあると思いますけれども、やはりそういう一つのPFIの手法において、倒産というか、そういうような最悪の場合は解散するというところも起きているという話も聞きますし、そういうことがないような、もちろんSPCがしっかり頑張らにゃいかんし、大もとの町のほうがそれなりの計画も柔軟に、家賃から、あるいはそれぞれの状況設定まで考えながら運用していただきたい もっと読む