3216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2059-06-24 06月24日-03号

また、教育に関連いたしまして、職業能力開発促進法に基づきます職業能力開発校佐賀産業技術学院多久町に1施設教育に関しまして、学校関連では計5施設設置されています。 次に、子ども・子育て関連施設でございます。これにつきましては、保育園、こども園が東多久町に4、南多久町に1、多久町に2、西多久町に1、北多久町に5、計13施設ございます。

鳥栖市議会 2028-07-21 09月30日-08号

平成30年度旅費の増額につきましては、国道3号及び国道34号の道路整備促進、加えて、味坂スマートインターチェンジ(仮称)の整備促進に向けた要望活動必要性が増したことに伴い計上したものでございます。 当該年度中は、さきに述べました要望活動を含め、中央省庁を初めとする関係機関各種要望活動を実施してまいったところでございます。 

鳥栖市議会 2024-08-05 09月11日-04号

それで、ここに鳥栖九州新幹線建設等促進期成会要望書がございますけれども、そもそも、鳥栖九州新幹線建設等促進期成会というのは、どういうものであって、どういう経過をたどって、今どうなっているのかということを御答弁いただけますか。 ○議長齊藤正治)  松雪建設部長。 ◎建設部長松雪努)  江副議員の御質問にお答えいたします。 

唐津市議会 2024-06-10 06月10日-02号

国の森林環境譲与税財源とし、森林整備及びその促進に要する資金に充てるため、唐津森林環境基金に積み立てるものとありますが、国の森林環境税の創設の趣旨と仕組みについてお伺いします。 次に、議案第67号令和年度唐津下水道特別会計補正予算及び、議案第77号唐津下水道条例の一部を改正する条例制定についてお伺いします。 

鳥栖市議会 2024-04-01 06月20日-05号

現在、鳥栖土地改良区では、構想区域内を基盤整備促進事業から除外したところで事業を進めていただいておりますが、構想策定後に行った関係者皆様への説明では、具体化に向けた検討はこれからとの説明にとどまっていることから、新産業集積エリア整備事業進捗等も十分に見きわめながら、構想区域内の関係者初め、関係機関皆様協議を通して、構想具体化を進める必要があると考えております。 

鳥栖市議会 2023-06-17 06月17日-02号

また、この質問に際しまして、この機会にお尋ねしておきたいのが、佐賀県議会で、2018年9月に、手話言語として普及させ、聴覚障害の特性に応じた筆談などの意思疎通を図る手段の利用促進を目指す、議員提案県手話言語と聞こえの共生社会づくり条例全会一致で可決されましたけれども、県や事業者役割を明確化し、手話を学ぶ機会手話通訳者確保といった基本条例を定めています。 

唐津市議会 2023-06-12 06月12日-04号

それゆえに、本年3月議会におきまして、事務系企業誘致促進するために奨励措置対象要件を緩和する条例改正案提案いたし、議決いただいているところでございます。 また、佐賀県におきましても、事務系企業誘致促進するため、同様に奨励措置要件の緩和がなされておりますので、製造業だけではなく事務系企業誘致が実現するように、県と連携して誘致に取り組んでまいりたいと考えているところでございます。 

唐津市議会 2022-12-10 12月10日-03号

また、加えて、地階部分につきましては、自主事業として初めて取り組むこととなりますので、いろんなご提案をいただいていますが、実現性についても、昨日も申し上げたとおり、市としてもしっかり情報共有と、必要であれば提言等を図ってまいる必要があると思いますが、より多くの利用促進が図られるということは期待できるということで先ほど申し上げ、また、点数が低いという中ではありますが、期待するべき効果が、やっていただけるというふうに

唐津市議会 2022-06-17 06月17日-07号

自然エネルギー発電は二酸化炭素を出さない電源でありまして、国産電源でもありますので、市といたしましては、基本的に大いに促進すべきであるというふうに考えております。 しかしながら、自然エネルギー発電主要電源になるには、現状、2つの課題を克服する必要があると認識をしております。 1つ目としまして、まだ発電のコストが高いこと、2つ目といたしまして、出力が不安定であることが上げられると思います。

鳥栖市議会 2022-06-04 12月12日-04号

現在そういった皆様のお声を踏まえまして、誰もが移動に困ることのない地域公共交通網確保維持公共交通認知度向上等利用促進、市民移動ニーズに対応した地域公共交通網の再構築、持続可能な公共交通を目指した運行の効率化の4つを基本的な目標として設定し、施策優先順位財源の問題も議論しながら施策方向性につきまして検討を行っているところでございます。 以上、お答えとさせていただきます。

唐津市議会 2021-12-12 12月12日-05号

平成27年度から現行の中山間地域等直接支払多面的機能支払及び環境保全型農業直接支払については、農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律に位置づけられ、法律に基づき実施される事業であります。中山間地域における農業・農村の維持を図るためにも、中山間地域等直接支払事業につきましては、継続して実施していく必要があると考えます。 

唐津市議会 2021-10-03 10月03日-10号

◆4番(青木茂君) 情報発信空き家バンク制度、お試し移住モニター事業唐津への移住促進しているということが理解できました。 では、この3年間、移住促進プロジェクトを実施されましたが、今後の移住プロジェクトを実施していく方向性について、どういうお考えかお示しください。 ○議長田中秀和君) 阿蘇未来創部長。          

唐津市議会 2021-09-12 09月12日-05号

議員ご提示の松原保護対策協議会活動促進するための財政支援の一つとして、本市としましても、国や県に対しまして、なお一層の支援を働きかけてまいりたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 林議員。 ◆7番(林正樹君) 国からの補助がないということですので、国からの補助金をもらえるように努力してもらいたいと思っております。 次に行きます。