運営者 Bitlet 姉妹サービス
1170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月20日-09号 農家はこれまで安全・安心な農畜産物の生産振興と国民への安定供給に努めてきた。しかしながら、近年の農業・農村を取り巻く情勢は、農産物価格の低迷や燃油・農業資材等の高騰、農業従事者の高齢化や担い手不足、また、これらに起因する耕作放棄地の拡大、有害鳥獣被害による営農意欲の減退など依然として厳しい状況である。   もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 農業は、単に生産物を供給するだけでなく、リハビリテーション、レクリエーション、教育などさまざまなサービスを提供する可能性があり、福祉には障がいのある人だけでなく、高齢者、生活困窮者などの多様な人々が加わることができます。各自治体にて、農業の担い手不足と障がい者雇用という福祉課題の双方の解決を図る農福連携の取り組みが広がりつつあります。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 この出力要請は、電力の使用が少ない時期に発生する可能性がございまして、電力供給過多の場合に、電力の自給バランスをとるため、再生可能エネルギーで発電している設備の余剰電力の買い取りを行わないものでございます。   もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 また、メーカーも、ホンダとヤマハがHY戦争と言われしのぎを削った時代もありましたが、今はホンダがヤマハへOEMで車両を供給している時代です。具体的には、タクトがジョグ、ジョルノがビーノで売られております。これは、2サイクルから4サイクルへ変わっていったように、排ガス規制が厳しくなり、現在、欧州の規制であるユーロ4に対応するのに開発費用や製造コストがかかるためです。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 このように、雇用情勢は着実に改善しておりますが、景気の回復に伴う労働需要の高まりに対して、労働供給が追いついておらず、日本銀行の全国企業短期経済観測調査によりますと、企業の人手不足感はバブル期並みの水準と言われております。  次に、佐賀市の人手不足の状況でございますが、9月の有効求人倍率を見てみますと、全国では1.64倍、佐賀県では1.33倍、ハローワーク佐賀所管内では1.29倍となっております。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 まず、今回の九州電力が実施された出力制御でございますが、これは九州の幅広い地域で晴天となり、太陽光の発電量がふえて電力の需要と供給のバランスが崩れることを原因とした大規模停電、いわゆるブラックアウトを防止するために、九州内の一部の太陽光発電からの供給を一時的にとめられたものでございます。   もっと読む
2018-12-10 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 ◆21番(石﨑俊治君) 食材の調達でありますが、60%強を地元から供給をしていただいているということでありますが、聞くところによりますと、地元産野菜などが調達できないところもあっているけれども、地元の野菜などを取り扱っている業者の方が入りにくいというようなことを聞いておりますけれども、納入業者の決め方はどうなっているのか伺いたいと思います。 もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 しかしながら、災害等により停電が発生した場合、太陽光パネルを設置していても、夜間等に電力供給が停止する可能性も十分考えられます。  現在の非常用電源の確保としましては、大きな公民館には発電機を配備しているんですが、それ以外の公民館となりますと、拠点備蓄倉庫、市内に8カ所ございますけれども、そこに発電機を52機貯蔵しております。それで賄うことになるのかなと思っています。 もっと読む
2018-11-30 佐賀市議会 平成30年11月定例会−11月30日-01号 今後、清掃工場北側の21ヘクタールへの事業展開や、来年度操業予定の植物工場や新たな企業の誘致など、二酸化炭素の本格的な供給が始まってから、このようなふぐあいが起こると大きな問題になる。 もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 水道法第1条には、水道の布設及び管理を適正かつ合理的なものにして、水道を計画的に整備し、水道事業を保護育成することで、清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、もって公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することを目的とすると定めております。しかし、1980年代の水の過大需要に基づく大規模な水資源開発により、地域住民は近くて安い水より遠くて高い水を押しつけられる羽目にもなりました。   もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 また、レンズ風車で発電された電力の供給先につきましては、旧神集島小学校の電灯に電力供給をいたしております。  レンズ風車の運転状況でございますが、平成29年度の年間総発電量は約1,763キロワットアワーで、月平均で換算しますと約251.9キロワットアワーでございます。このレンズ風車の発電によりまして、1世帯の約8割程度の電気量を賄った計算となります。   もっと読む
2018-09-21 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-07号 ところが、ことし9月6日未明に北海道で発生した最大震度7の北海道胆振東部地震の際、電気供給がストップしたブラックアウト現象が起きたとき、1年半ぶりにツイッターの更新を再開しておられます。  地震後、ホームページに情報を欲しがる市民のアクセスがふえ過ぎてサーバーダウンを起こし、市民から復活させて緊急情報を流してほしいとの声が聞かれたことでの対応のようでした。 もっと読む
2018-09-20 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月20日-06号 また、バイオマス産業都市さがの構築に関する事業としましては、電力の地産地消として、清掃工場の廃棄物焼却発電電力の小・中学校等市営の110施設への活用、同じく清掃工場の廃棄物焼却熱の健康運動センター、植物工場等への供給、同じく清掃工場から回収した二酸化炭素の藻類企業、植物工場等への供給、同じく清掃工場内の冷却水による小水力発電、また下水浄化センターの消化ガスを活用したバイオガス発電などの事業を行っているところでございます もっと読む
2018-09-14 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 これは、食料の安定供給を図るための重要な生産基盤である農地について、資産保有目的や耕作をしない目的での権利移動を禁止し、農地を効率的に利用することを義務づけているものでございます。   もっと読む
2018-09-13 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月13日−05号 そういった中で、いろんな電力の自由化とか言われますけれども、結局、自由化といいましても、最終的に供給される電線というものは九電さんの持ち物でございますので、新電力さんに対しても電線の使用料などがかかってくるかと思います。  それと、今の考えの中で私なりに思ったのは、やっぱり維持費をいかに節約するかが大事かと思います。 もっと読む
2018-09-13 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号 そういう中にありまして、避難所に食料を供給する中でもさまざまな課題が出てまいりました。例えば、備蓄品の運搬ルートが冠水をして時間を要してしまったとか、急遽、手配をかけたため、民間の事業所にも十分な量がなくて供給できなかったというような部分もございました。   もっと読む
2018-09-12 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 唐津市におきましては、災害が発生した場合、被災者に速やかに必要な食料、飲料水を供給できるように、事業者との災害協定を締結してあるというふうに思いますが、今回、どのように活用されたのかお尋ねをしたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 櫻庭総務部長。           (総務部長 櫻庭佳輝君登壇) ◎総務部長(櫻庭佳輝君) お答えをいたします。  応援協定の活用についてでございます。   もっと読む
2018-09-11 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月11日−03号 燃油の高騰による漁家経営の圧迫につきましては、よく耳にするところでありますが、また、漁業者の減少は、水産物の安定供給において、大きな影響が懸念されております。今回の補助事業は漁家経営の一助となる事業でありますので、今後も水産振興及び漁業者のために積極的に進めていただきたいと思っております。  次は、佐志中学校の校舎の大規模改造事業の再質疑に行きます。   もっと読む
2018-09-10 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 また、近年の高温や多雨、台風などの気象災害により、計画的な供給が難しくなっている課題がございます。  このような課題を解決するため、佐賀菊出荷組合として共同出荷を行うことで、安定供給を可能にし、市場の多様なニーズに対応するため規模拡大を行い、より安定的に高品質な菊を供給できる体制を整備することを目的に、平成29年4月に、県内の先進的な菊農家で設立された任意組合でございます。   もっと読む
2018-06-26 伊万里市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月26日−05号 一方で、当時は本市のみならず、佐賀県においても香港に対して同様の輸出促進事業に取り組まれていることから、市内の生産供給体制の問題や海外市場での収益性の問題、貿易リスクへの対応等を踏まえ、これまで取り組んできた本市の事業を佐賀県の輸出促進事業に移行させることとして、この事業の主な事業について一旦区切りがついていったところでございます。  以上です。 ○議長(前田久年)  総務部長。 もっと読む