346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

社会教育担当では、子どもクラブ球技大会の県大会が8月10日に伊万里で開催されました。そのうち、ドッヂビー県大会には、みやき町代表として姫方子どもクラブが参加しました。  青少年健全育成地区懇談会中原校区13地区、北茂安校区7地区、三根校区1地区で実施され、夏休みの生活、通学路の安全確保などについて活発な意見交換が行われました。  公民館事業については、夏休み子ども教室を3校区で開催しました。

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

一部無償に関しましては、伊万里、大町町、白石町の3市町で第3子、または第4子以降や、小学校6年生と中学校3年生など、児童・生徒の一部を対象として無償化に取り組んでおられます。  給食費の無償化については、子どもの貧困対策というよりも、子育て世帯経済的負担の軽減や少子化対策の一つとして取り組んでおられるようでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

佐賀県原子力防災訓練は、平成31年2月2日、土曜日、午前8時から佐賀県や玄海町、唐津市伊万里の主催として開催されました。主な訓練内容を幾つか申し上げますと、まず、災害対策本部等設置運営訓練として佐賀県及び関連機関情報共有を図り対策を協議するための災害対策本部の設置運営訓練が行われました。

鳥栖市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日−02号

県内他市の人口に対する職員数の状況といたしましては、公表されている資料では、人口1,000人当たりで算出されていることから、同様に人口1,000人当たりで申し上げますと、平成29年4月1日時点で、教育消防部門及び公営企業部分を除く一般行政部門の人口1,000人当たりの職員数といたしまして、佐賀市が5.33人、唐津市が6.42人、多久市が8.43人、伊万里が5.44人、武雄市が5.36人、鹿島市

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

同様に県内他市におきましても要望書が提出されており、本年9月には、伊万里が県内で初めてとなる伊万里中小企業・小規模企業振興条例を制定しました。  また、唐津市、嬉野市は、いずれも条例制定に向けた検討を行っており、このほかの市からも、今後制定について検討するとの回答をいただいているところです。  以上でございます。

みやき町議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文

実際にこの取り組みを行っている団体は、現段階では全国で70弱、佐賀県内では伊万里のみとなっております。主な活用事例としましては、自治体ポイントを使って通販サイトでの特産品購入やコミュニティバス運賃を支払ったり、地域商店で使える商品券へ交換したりといったものが多いようです。また、マイナンバーカードで図書館などの公共施設を利用するといった動きもあるようでございます。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

もう残っているのが佐賀市伊万里とほかの町ぐらいなものですから。そう考えると、地籍調査がしっかりするということで、先ほど言ったような筆界未定のデメリットは逆に言うと、完了するとそれはメリットになるわけでございます。土地売買が容易になったりとか、佐賀市経済に波及する効果も高いかと思いますので、しっかりと短期間で事業が進むように職員の皆さんも頑張っていただきたいと思います。  

みやき町議会 2018-09-14 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日) 本文

伊万里においては、区長とか消防団幹部とか、こういうところに配布していますということで、唐津市と、それと玄海町、これはもう全戸配布なんですね。これはやはり原発があるからだなということを思いました。吉野ヶ里町なんかは、貸し出しをして台帳につけておくということで、もう返しますということになったら、また台帳、別のに申請して返納というか、結局返すということですね。

みやき町議会 2018-09-13 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

買い物を、移動スーパーがせめて2日に1回か3日に1回必ず自分の家のところに来て、そこで自分で選んで買う、これは吉野ヶ里町が既にやっていますし、伊万里もスタートいたしました。まだほかのところも若干やっています。私はそれをすれば、免許証の返納というのは意外とできると思います。  

多久市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会-06月18日−03号

◆14番(平間智治君)  次に5点目に移りますけれども、次の項目とも関連していますが、地域活動を含めた健康マイレージ制度の導入ということで、今、佐賀県内では、鳥栖市、みやき町、小城市伊万里健康マイレージ制度を導入しております。  あと、先進地で調べたのを紹介したいと思うんですけれども、岩手県岩手町では、地域ポイント制度が、今年度4月からスタートをしております。  

佐賀市議会 2018-06-18 平成30年 6月定例会−06月18日-05号

◎川副浩顯 農林水産部長   バイオマス資源としてのもみ殻の利用については、JAさがのほうでもみ殻を木材乾燥用ボイラーのバイオマス燃料として利用できないか検討されておりまして、燃焼試験伊万里の民間会社に依頼され、実施されております。  しかし、もみ殻単体では十分な熱量を確保することができず、建築資材をまぜて燃やす必要があること。

みやき町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第2回定例会(第2日) 本文

なお、佐賀県内では伊万里中学校で2校、嬉野市の中学校が1校、保険加入自転車通学の条件としておりますが、保険料の補助を実施している自治体はありませんでした。議員が御指摘されるように、自転車事故により何らかの賠償責任が発生した場合、万一のことを考えると保険加入していくことが望ましいとは思っております。

佐賀市議会 2018-03-23 平成30年 2月定例会−03月23日-11号

玄海原発の再稼働問題について、この1年を振り返れば、玄海原発から30キロメートル圏内の自治体伊万里長崎県松浦市、平戸市、壱岐市は、市長、市議会も反対を表明しています。一方、佐賀県知事、佐賀県議会唐津市長、唐津市議会は再稼働を認めています。万一の過酷事故が起こったときの責任は、誰がとるのでしょうか。  

みやき町議会 2018-03-13 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第2日) 本文

また、新聞等でも報道はされましたけれども、県内7市町、佐賀市伊万里武雄市多久市、鳥栖市、大町町でも同じように、累積赤字を解消するために県の基金を借り入れて対応されているところでございます。県内の他市町の状況も踏まえたところで、財源の確保を検討していきたいというふうに考えているところでございます。  

鳥栖市議会 2018-03-12 平成30年 3月 定例会-03月12日−04号

佐賀県では、まず、県西部の伊万里武雄市から調査が始まり、鳥栖市につきましては、平成28年2月に、山浦町、平田町、牛原町、河内町の一部が最初に指定され、その後も、同年8月に、姫方町の一部、平成29年3月に、村田町、西新町、江島町の一部、同じく6月に、平田町、山浦町、立石町の一部、また、7月には、柚比町、江島町、養父町、神辺町の一部の地域が指定され、平成30年2月現在、市内12町区の地域の一部で土砂災害警戒区域及

佐賀市議会 2018-03-02 平成30年 2月定例会−03月02日-02号

また、今年度からは、伊万里のほうが市内の医療機関委託しまして、デイサービスやショートステイの費用を一部助成し、実施されているようでございます。こちらの実績は、デイサービスで1件、ショートステイで1件というふうに聞いております。  以上のように、それぞれの自治体地域の実情に応じた事業を実施されていることは、我々も聞き及んでおりますし、確認もしております。

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

次に、玄海原発から30キロ圏内にある8自治体のうち、佐賀県伊万里長崎県壱岐市、平戸市、松浦市の4市の市長及び3市議会が再稼働に反対しています。これらの自治体は、福島第一原発事故の原因究明がなされておらず、安全性に疑問があること、実効的な避難計画が策定されていないことなどを理由に原発再稼働に反対しています。事故が起きれば、周辺の自治体は取り返しのつかない甚大な被害を受けます。

佐賀市議会 2017-12-08 平成29年11月定例会−12月08日-07号

まず、交通死亡事故多発警報発令についてですが、議員もおっしゃいましたように、ことし11月21日に伊万里、基山町、それから、吉野ヶ里町におきまして、1日で3件の交通死亡事故が連続して発生いたしました。そこで、11月22日に佐賀県交通対策議会の会長である佐賀県知事から交通死亡事故多発警報が発令されたところです。