21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

唐津市議会 2020-09-14 09月14日-06号

環境基本条例では地球環境保全人類共通課題であるとともにと、その環境保全が積極的に推進されることという基本理念を持たれております。自然環境保全生物多様性の確保、また温暖化や省資源・省エネルギーは環境基本計画で位置づけられておりまして、この計画を策定するに当たっては、環境審議会の意見というものを聞かなければならないようになっております。

みやき町議会 2020-09-10 2020-09-10 令和2年第3回定例会(第2日) 本文

地球規模新型コロナウイルス感染症が瞬く間に拡大し、地球環境の急激な変化と相応するかのような原発汚染や、海洋汚染に比較できない人類共通脅威となっております。  県内においても、感染者数241名、PCR検査累計5,272名となり、目前の現実は社会生活活動まで脅かしている中、政府や地方まで60兆円を超える生活給付金事業継続経費など、最低限の生活救済策を各分野に予算化している現状であります。  

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-10号

その決議文を読み返してみますと、「決議第1号 非核平和都市佐賀市を宣言する決議 世界の恒久平和は、人類共通願いである。核兵器廃絶し、21世紀戦争のない平和で安心して暮らせる時代にすることは、今を生きる私たちにとって課せられた最大責務である。しかし、今なお世界には大量の核兵器厳然と存在し、核保有国拡大も懸念されるなど、世界の平和と人類生存に大きな脅威を与えている。

佐賀市議会 2015-09-14 平成27年 8月定例会-09月14日-04号

そういう意味で、佐賀が誇る史跡が人類共通財産として位置づけられる世界遺産に登録されたことは、素直に喜びたいと思います。  イコモスの登録勧告が報じられて以降、今日まで遺構がある早津江川の河川敷と隣接する佐野常民記念館は多くの客でにぎわっております。しかし、遺構の全てが地下に埋まっているため、来訪者にどのように価値を理解し、体感してもらうかが大きな課題となっています。

鳥栖市議会 2015-09-01 12月10日-05号

これは、和食が料理それだけではなく、自然を尊ぶという日本人の精神に基づいた文化として、世界に広く認められたということと同時に、日本にとっては、人類共通財産となった和食を、その母国として長く将来にわたり保護、継承していくことが求められています。 

佐賀市議会 2015-03-13 平成27年 3月定例会-03月13日-07号

宣言は「世界の恒久平和は、人類共通願いである。」から始まり「核兵器廃絶し、21世紀戦争のない平和で安心して暮らせる時代にすることは、今を生きる私たちにとって課せられた最大責務」と続きます。また「私たち佐賀市は、緑豊かな森林と命をはぐくむ宝の海・有明海を結ぶ、自然に恵まれた新しいまちとして誕生した。

鳥栖市議会 2008-11-21 09月09日-02号

「この法律は、地球温暖化地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、京都議定書目標達成計画を策定するとともに、社会経済活動その他の活動による温室効果

佐賀市議会 2005-12-20 平成17年12月定例会−12月20日-08号

決議第1号   非核平和都市佐賀市を宣言する決議案  世界の恒久平和は、人類共通願いである。  核兵器廃絶し、21世紀戦争のない平和で安心して暮らせる時代にすることは、今を生きる私たちにとって課せられた最大責務である。  しかし、今なお世界には大量の核兵器厳然と存在し、核保有国拡大も懸念されるなど、世界の平和と人類生存に大きな脅威を与えている。  

唐津市議会 2005-06-16 06月16日-05号

日本は二酸化炭素、CO2を、温室効果ガス排出を1990年に比べて6%削減をするということで、これは2008年から2012年までに達成するということで国際公約でありますから、人類共通の命題に対して地域レベルで何をやるかということが課題であります。今クールビズ、ライトダウンブラックイルミネーションとかいろんなさまざまな取り組みがなされております。

唐津市議会 2004-09-09 09月09日-03号

環境問題は人類共通の最重要課題となっています。この自然環境を次の世代に残し、限りある資源として有効に活用するため、自然と共生する環境調和型のまちづくりを推進します」ということでマスタープランの中にもうたってあります。 具体的にどういうことかと申しますと、済みません、ちょっと見にくいんですが、皆さんご存じのように、私たち生態系の連鎖の中で生きているのはご承知のとおりであります。

唐津市議会 2001-12-13 12月13日-05号

さて、唐津市議会でも事件を受け、9月議会において、国際テロの糾弾と根絶及び救援の支援を求める決議を議決し、こうした人命を無差別に奪うテロ行為に対し断じて許さない、また日本政府に対し国内の危機管理と、国際社会の一員として我が国が断固たる姿勢で臨むことを声明し、人類共通願いである世界平和の恒久平和の実現に努めるよう願うところでございます。

佐賀市議会 2001-06-27 平成13年 6月定例会−06月27日-08号

決議第1号    「核兵器廃絶世界の恒久平和を希求する2001年佐賀宣言」に関する決議案  世界の恒久平和は、人類共通願いである。  20世紀戦争と革命の時代と言われた中で、核兵器廃絶し、21世紀戦争のない、平和で安心して暮らせる時代にすることは、今を生きる私たちに課せられた最大責務である。  

佐賀市議会 2000-06-16 平成12年 6月定例会−06月16日-06号

世界の恒久平和は、人類共通願望である。しかるに、米ソ核大国による核軍拡競争は、拡大均衡をめざすという口実でますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威危機をもたらしている。  我が国は、世界唯一核被爆国としてこの地球上に広島長崎惨禍を再びくりかえしてはならないと訴えるものである。  

佐賀市議会 1995-12-12 平成 7年12月定例会−12月12日-03号

また、これは人類共通課題でもございます。こうした今日の課題を解決するために、国では環境政策理念と基本的な政策の方法を示し、総合的な環境政策を展開する上で大きなもととなります環境基本法平成5年11月に制定いたしました。また、平成6年12月には、環境基本法の最も中心的な施策として、新たに環境基本計画が定められたところでございます。

佐賀市議会 1995-09-19 平成 7年 9月定例会−09月19日-04号

環境保全については、昨今のますます複雑、多様化する環境問題を解決し、快適で良好な環境の創造に努めて、かけがえのない環境を次世代に継承するのは人類共通責務でございます。従来の産業型公害とは、対応を異にした自動車交通公害生活排水による水質汚濁、ごみ問題などの都市生活型の環境問題や、地球温暖化オゾン層の破壊といった地球的規模環境問題が深刻化しつつあります。

鳥栖市議会 1995-09-11 09月11日-02号

──────────────────────────       フランス・中国の核実験即時中止を求める決議(案) 世界恒久平和は人類共通願望であり、我が国世界唯一被爆国として、その惨禍を再び繰り返してはならないと訴えてきた。鳥栖市も昭和60年に「非核平和都市」の宣言を行い、あらゆる国の核兵器廃絶と軍縮の推進を全世界に訴えるとともに、その実現に努力してきた。

佐賀市議会 1994-09-12 平成 6年 9月定例会−09月12日-03号

その内容は、長くなりますが、大事なことですので、もう一回ここで読ませていただきますが、「世界の恒久平和は人類共通願望である。しかるに、米ソ大国による核軍拡競争拡大均衡をめざすという口実でますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威危機をもたらしている。我が国は、世界唯一の披爆国としてこの地球上に広島長崎惨禍を再び繰り返してはならないと訴えるものである。

佐賀市議会 1992-09-10 平成 4年 9月定例会−09月10日-04号

その内容は、「世界の恒久平和は、人類共通願望である。しかるに、米ソ核大国による核軍拡競争は、拡大均衡をめざすという口実でますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威危機をもたらしている。  我が国は、世界唯一核被爆国としてこの地球上に広島長崎惨禍を再びくりかえしてはならないと訴えるものである。  

  • 1
  • 2