運営者 Bitlet 姉妹サービス
1503件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月20日-付録                   │ │    │   │       │ (2) 人口動態の推移について                  │ │    │   │       │3.富士大和温泉病院について                   │ │    │   │       │ (1) 新改革プランについて                   │ │    │   │       │ (2) 医師、看護師等の人材確保 もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 一方で、昨今の深刻な人手不足の状況もあり、子育て世代のための労働環境を整えなければ人材を採用できないとの認識のもと、企業側の対応が進みつつある現実でもございます。  市といたしましても、生産年齢人口が減少し人材の確保がますます困難となっていく中、雇用環境の改善が人材確保に有効に働くことについて、機会を捉えて周知をしてまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 具体的な役割といたしましては、学校や企業と連携し、合同就職相談会を開催するなど、新卒の学生や一般の求職者などにも市内企業の情報を提供する機会を設けまして、地元企業の人材確保や若者などの就業を支援することで、都市圏への人材流出を防ぎ、唐津の定住や地域産業の活性化につなげるため、専門部署の設置を検討したものでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 冨田議員。 もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 佐賀市ではITを初めとした事務系職種における人材の育成、輩出、マッチングなどの事業を行う計画を策定し、平成30年度の2次募集に応募し、10月19日に採択を受けたところです。 もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 それから、生活支援員や、先ほど言いましたように、複式補助教員の配置については、唐津市独自でされていて、それは現場でも喜ばれているわけですけれども、でも、なおかつ、多忙化が解消されていないと、どうすれば減らすことができるのかというのは、先ほど教育長も県に要望していくというふうに答弁もされましたけども、また、全県的には、教職員の人材不足が言われています。 もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 2点目は、保育人材確保の必要性のさらなる増加でございます。  1点目の教育保育施設利用のニーズの増加に伴って、保育人材がさらに必要になると考えております。 もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 そのため、地域におきまして消費者情報の伝達ですとか、あるいは消費者被害の未然防止や発見などを支援いただく人材が必要になってくると思っております。こういった人材の確保に向けまして、今年度から新たに消費生活サポーターを育成する取り組みを始めたところでございます。   もっと読む
2018-12-11 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 さまざまな視点から応募団体の提案を判断するため、公募施設を網羅的に判断できる人材といたしまして、今回は自治体事情、企業連携に精通され、本市の実情にも詳しい九州大学産学官連携が専門の先生にお願いをしたところでございます。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 その具体的な事業として、富士地区で実施しているトレーニングファーム推進事業や来年度から運用を開始するゆめファーム全農SAGAプロジェクト等を明記し、実践的な成功モデルをつくっていくことで野菜生産の普及・拡大と人材育成につなげていきたいと考えております。また、スマート農業につきましては、今後を見据え、ロボット技術、ICTなど先進技術の普及啓発を図っていきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 本市では都市部からの人材を受け入れ、その定着を図るとともに、若者等の定住や北部中山間地の農林業の活性化を促進するため、平成26年度から地域おこし協力隊制度を活用しております。現在、地域おこし協力隊として富士町と三瀬村でそれぞれ1名ずつ、計2名の隊員が活動しております。   もっと読む
2018-12-10 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 本市の指定期間につきましては、持続的な自主事業によるサービスの向上、雇用の安定、職員の人材育成、以上3つの理由により、5年を原則といたしております。現在指定管理者73施設のうち、9割の65施設が5年の指定期間を採用しているところでございます。   もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 したがいまして、今後は人員や経費面の状況を踏まえつつ、本市の施策推進、職員の人材育成の観点から総合的に勘案し、先進的な地方公共団体への職員派遣について調査、研究を行っていきたいと考えております。  以上でございます。 ◎眞崎武浩 市民生活部長   私からは、3点目の総合窓口の民間委託の検討状況についてお答えいたします。   もっと読む
2018-11-30 佐賀市議会 平成30年11月定例会−11月30日-01号 記 ・「生涯現役社会」を実現するシルバー人材センターの決意と支援の要望   公益社団法人佐賀市シルバー人材センター               理事長 山口雅久 ・事業運営に関する要望   公益社団法人佐賀市シルバー人材センター               理事長 山口雅久 ・陳情書(平成31年度理科教育設備整備費等補助金予算増額計上についてのお願い)      公益社団法人日本理科教育振興協会                もっと読む
2018-10-22 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月22日−08号 ⑧伊万里の"いい職"説明会開催事業 市内企業の発展に欠かせない人材確保に有効な施策なので、高校生に加えて大学生の参加が増えるように周知方法等を工夫するとともに、説明会の形態についても改善の余地がないか検討されたい。⑨環境保全型農業取組支援事業 環境保全型農業は地球温暖化防止や生物多様性保全につながるものであるが、事業に取り組む農業者が少ない。 もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-付録                               │ │    │   │       │ (2) 歴史教育の一環としての利用促進への取り組みと今後の課題に │ │    │   │       │  ついて                            │ │    │   │       │ (3) 歴史遺産・資料館等の相互連携について           │ │    │   │       │ (4) 文化財の保存と活用のための人材育成 もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 また、日本一の佐賀ノリなどブランド力の高い商品を返礼品として売り込んでいく必要があるのではないかとの質問があり、執行部より、他市に見られるシルバー人材センターの墓清掃や郵便局と連携した見守りなど、物品ではないサービスとしての返礼品についても取り入れたい。また、ブランド力の高い商品についても、これを前面に押し出し、目を向けてもらうよう努めたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 初めに、議案第88号、平成29年度唐津市一般会計歳入歳出決算から総務関係3項目ですが、人材育成費についてであります。内容については、伊藤泰彦議員の質疑に総務部長から答弁をいただきました。 もっと読む
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 (総務部長 櫻庭佳輝君登壇) ◎総務部長(櫻庭佳輝君) 人材育成費のご質疑にお答えいたします。  人材育成費のほうでどういった研修をしているのかということでございました。  人材育成に当たりましては、唐津市人材育成基本方針に掲げております実施計画に基づいて各種研修を実施しているところでございます。   もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 本市は平成28年11月に早稲田大学大学院創造理工学研究科とまちづくりを初め教育・文化・産業振興や人材育成に関することについて、連携・協力をすることを目的に協働連携協定を締結いたしております。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 そういった形での技術の継承、ただ、これは民間についても、今、保育士であるとか技術職の人材確保が大変難しくなってきている時代ということでありますので、ここは本当に自治体の採用としても、いろいろ工夫が必要なのかなというふうには思っているところです。 もっと読む