2640件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2059-06-24 06月24日-03号

6月1日現在におけます本市住民基本台帳人口につきましては、これは外国人を含みますが、1万9,166人であります。うちゼロ歳から14歳までのいわゆる年少人口につきましては2,196人、比率でいいますと全体の人口の11.5%となっています。また、15歳から64歳までのいわゆる生産年齢人口につきましては1万243人、比率でいいますと53.4%であります。

鳥栖市議会 2028-07-21 09月30日-08号

特に、資料を見させていただいたときに、胃がん対策に絞って申し上げますと、県、国、市の人口10万人当たりで比較した場合、胃がんに関して言えば、国は36.3人、県は42.5人、本市は37.2人と、県より少なくはなっておりますが、国よりも多い、平均よりも多いという結果が出ております。 実は、この胃がんに関しましては、この40年間、胃がん死亡数というのは横ばいでありました。 

多久市議会 2025-12-05 12月05日-02号

出されているものでは、職員さんが7名で今回は動く体制の打ち出しをなされておりまして、専任の館長さん、それから業務主任さんというようなものの動きもある中では、たくさんの仕様書の中のものがありますが、本当に着実に実行していただく、うたい文句だけではなく、確実に読書人口を広げる図書館利用をしていただくというような状況に結びつけていただくように、これから先、選定をした市の再度の働きかけも必要なのではないかと

鳥栖市議会 2024-08-05 09月11日-04号

日本人口の4人に1人が後期高齢者である時代が目の前に来ております。 本市においては、市の総人口は現在もふえておりますが、いずれは人口減少期に入ります。今後30年で少子高齢化のピークを迎えると推計されているため、近い将来さまざまな課題が生じてくると考えられます。 そこでまず、鳥栖市の総人口の今後30年の見通しについてどのように認識されているのかをお尋ねいたします。

唐津市議会 2024-06-10 06月10日-02号

この項、最後の質疑でありますが、棚田地域においては平坦部以上に高齢化人口減少が激しく、棚田保全活動イベント等地域独自の活動運営する上でさまざまな問題点があると思いますが、このような問題点課題を解消するために今後どのように対応していくのかお伺いします。 ○議長田中秀和君) 吉村農林水産部長。          

鳥栖市議会 2024-04-01 06月20日-05号

12月議会で、藤田議員市職員の適正、組織編成について御質問された際に、平成29年4月1日現在で、教育・消防部門及び公営企業部門を除く一般行政部門人口100人当たり職員数県内で一番少なく4.59人という数字を御提示されております。 県内で一番少ないと。最も多いところが多久市の8.43人。 これを比較しましても、やはり職員数が適正だとは、私は思えないんですよね。 

唐津市議会 2023-06-24 06月24日-08号

次に、人口減少対策は、市政運営の根幹に係る重大な課題であり、その対応が急がれる一方で、その対策定住移住だけでなく地域づくりなど多岐にわたる。今後、唐津市の将来像を描いていくうえでも、これらの課題整理対策の検討は重要であり、その調査研究を行うことを目的とし、14人の委員で構成する人口減少対策に係る特別委員会を設置することにご異議ございませんか。          

唐津市議会 2023-06-12 06月12日-04号

合併後、厳木地区については人口減少が続き、過疎化が進んでいる状況でございます。厳木工業団地企業誘致に期待をされております。企業誘致に向けて市長の考え方、意気込み等をよろしくお願いしたいと思います。 ○議長田中秀和君) 峰市長。          (市長 峰 達郎君登壇) ◎市長峰達郎君) 江里議員の再質問に対しましてお答えをいたします。 

鳥栖市議会 2023-05-08 06月21日-06号

説明として、令和元年度については、人口、経済産業等基本データの収集、整理、将来人口の推計、現計画の検証、主要課題整理等を踏まえた基本構想基本計画の骨子の作成等に取り組んでいくとなっておりますが、かなり大きな額になっているように思われます。 また、令和2年度の説明が、この説明書では記載されておりません。 もう一点。

唐津市議会 2022-12-10 12月10日-03号

◆18番(浦田関夫君) 低い点数だという認識は持っているということですけれども、そういうじゃあ7割でいいよとかじゃなくて、私は8割、9割の点数をとれるような業者が、唐津市の財産をしっかり受け持ってというか、受け継いで、それを市民に、また観光客交流人口をふやすための、そういう施設の運営をしている業者に回すべきだと。

唐津市議会 2022-09-09 09月09日-02号

今回、当該事業の元気な地域創出モデル事業ということで、地域のリーダーの確保・育成や営農・販売戦略策定人材育成体制整備といった従来の支援メニューに対して、新たに高収益作物生産ICT技術の活用、関係人口増加といったメニューの拡充がなされまして、蕨野地区につきましては、関係人口増加に取り組むこととしています。 

唐津市議会 2021-12-12 12月12日-05号

人口1,000人当たりにいたしますと、佐賀県は15.2人で、全国では10番目に多くなっております。 次に、移植者数でございますが、平成4年からことし10月末までの累計で、全国で2万3,751人、佐賀県では9名でございました。また、現在の移植希望登録者が国内に2,008人、佐賀県では3名という状況でございます。 なお、今申しました罹患数等につきましては、市町単位での公表はされておりません。 

唐津市議会 2021-10-04 10月04日-11号

スポーツ合宿などは交流人口増加につながり、大きな経済効果も期待できるため、誘致動き全国的にも非常に活発な状況でございます。 本市におきましても、スポーツ合宿等補助金は第2次唐津総合計画の目標を達成するための指標の一つに位置づけておりまして、スポーツを媒体とした観光交流の促進を図るため、重点的に取り組むべき事業であると考えております。 

唐津市議会 2021-10-03 10月03日-10号

僕は、委員会の中でも言いましたけれども、人口が減になって自然収入が減るということで、唐津人口は、Iターン、Uターン、Jターンやっていただいていますけど、そうはふえないと思うんですよ。そしたら、唐津の関連人口をふやすと、唐津関係した人口をどうふやしていくかというところを考えていかなければならないと思うんですね。

鳥栖市議会 2021-10-01 12月13日-05号

ところが、そういう時代に逆行して、この20年、日本農業就業人口は半減しております。平均年齢も67歳というのが現実となっております。 これで農業に元気が出るはずがありません。 ちなみに、昭和30年代は1,450万人、今は約160万人の就業人口と聞いております。 そして加えて、ことしの豪雨災害、天候不良、病害虫発生による不作、お米の作況指数においては、佐賀県は全国最低の58という状況です。