7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

唐津市議会 2014-03-17 03月17日-07号

そうなると、その場その場で、物産等を提供してもらう地場の人たちとの交流そのものが、そのまま成果とイコール発信につながると考えております。そういう形で広げていきたいと考えております。 以上でございます。 ○議長(熊本大成君) 卓議員。 ◆29番(宮崎卓君) 済州島には、全部で26のオルレコースがあるわけですが、そのうち16コースが我々の姉妹都市であります西歸浦にあるわけです。

唐津市議会 2008-12-15 12月15日-07号

この交流そのものはですね、非常にいいことであると私も思っておりますけれども、20年3月の議会の質問でですね、ことしの3月ですね、一般事務職異動については、ヒアリングを行いまして適材適所に努めると。それから、3年から4年での異動が適当と。

唐津市議会 2004-06-17 06月17日-04号

私先ほども申しましたように、全県的な広域交流そのものを否定するものではありませんし、確かに管外からの管理職も立派な方もいらっしゃいます。しかし、やはり地元に愛着心の強い管理職がおっていただくのが私は一番いいと考えております。

鳥栖市議会 1993-07-18 09月14日-04号

次に、交流都市とテクノポリスの御質問でございますが、御承知のとおりに、まず本市はこの基本理念といたしまして、先ほど御質問がありましたが、その中の交流都市につきまして御説明申し上げますと、交通の要衝という地理的な優位性を生かした、物・人・情報が集まるまちづくりを指すものでございまして、そこで具体的な交流都市の施策という御指摘でございますが、交流そのものにつきましては、今まで鳥取市などの都市間交流やクロスロード

  • 1