34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会−06月16日-06号

漁期が終わっての今年に入ってからは、九州防衛が5月29日から今月3日にかけて漁協を訪問して、全15支所での説明終了したところです。  また、今日から3日後の19日にも防衛省佐賀有明海漁協を訪問して、駐屯地候補地地権者に対して説明することに理解を求める方向で日程を調整していることが報道されております。

佐賀市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会−06月15日-05号

また、九州防衛漁協支所説明会で聞いてもいないのに候補地の価格に言及したことに対し、10日の市議会一般質問市長は「説明会は話を聞く入り口であり、空港自衛隊との共用を禁じた公害防止協定の覚書をどう整理するかが先、用地買収はその後のこと」と答弁されていますが、私も全く同感であります。  

佐賀市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-02号

この間の九州防衛漁協への説明ですとか、あるいは自衛隊オスプレイ暫定配備計画されている木更津市議会基地政策特別委員会方たちが11月初旬に来佐して、佐賀動きを見ていたら暫定配備でなく、恒久配備になってしまうんではないかという懸念をしているということが報じられたり、あるいは知事が漁協を訪問して、九州防衛からの説明を受けていない3つの支所への説明を受けてもらえるように調整してもらえないですかといった

佐賀市議会 2018-03-13 平成30年 2月定例会−03月13日-09号

その県の担当は政策部長──名前はいいですけど──それと九州防衛川嶋局長市川部長あたりが来られた。もういろいろ協議しとるわけですよ、組合も。そこの中でこれだけは言っておきますけれども、これは本当の議事録であって、運営委員長の挨拶の中で運営委員長就任直後の3年前の7月から佐賀空港への配備計画の話がありました。

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

さて、この事故発生を受けまして、佐賀市は九州防衛から、電話、またはメールにて、事故概要被害状況対応等についての報告を随時受けておりました。  また、2月16日には、陸上自衛隊第4特科連隊長久留米駐屯地司令佐賀市役所においでになりました。そして、佐賀市民の皆さんに御迷惑をおかけしたことに対する謝罪もございました。

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

次に、4点目の民間空港としての発展との関係についてですが、九州防衛説明では、佐賀空港配備される予定のオスプレイを含めた自衛隊機約70機の年間離着陸回数が1万7,000回、年間利用日数が約290日ということをもとに、1日おおむね104回の飛行回数となるというようにしているわけです。昨年の発表であります。

佐賀市議会 2017-12-01 平成29年11月定例会−12月01日-02号

この内容につきましては、翌日の9月12日に九州防衛から本市に対しましても概要説明があり、その内容を申し上げますと、報告書及び米側からの説明によれば、本件事故の原因は、困難な気象条件下空中給油訓練を行った際のオスプレイパイロットミスであるとされているとの報告があったところです。  

佐賀市議会 2017-09-25 平成29年 8月定例会−09月25日-07号

また、デモフライト時に九州防衛が行った騒音測定の結果についても、後日、情報提供を受けて確認しました。  次に、計画されている施設概要や、オスプレイ、ヘリコプターの運用、環境への影響等に関する調査についてでありますが、2度にわたって防衛省並び九州防衛参考人として招致し、意見聴取を行いました。また、その結果を検証し、不明な点等について、さらに文書質問や要望を行いました。  

佐賀市議会 2016-12-20 平成28年11月定例会−12月20日-09号

この委員会では、九州防衛佐賀空港周辺で実施したオスプレイデモフライト現地視察を行いました。  在沖米軍のMV−22というオスプレイ1機を用いた目視または計器による離着陸滑走路上でのホバリングなどのデモフライトが行われるとともに、川副町や東与賀町、大川市や柳川市、有明海の海上など計10カ所で騒音測定が実施されました。  

佐賀市議会 2016-12-06 平成28年11月定例会−12月06日-03号

ですから、こういう答弁のあり方というか、こういう九州防衛の姿勢といったことについて、どのように感じられるかということをちょっとお聞きしたいんですが。 ◎秀島敏行 市長   回答には必ずという言葉が入っていて、その部分を捉えると、決して間違いではないと。ただ、何かわかりにくく捉えられるような表現にもなっていると思います。  

佐賀市議会 2016-12-05 平成28年11月定例会−12月05日-02号

それでは、あと1点お伺いしますけれども、今回、ノリシーズンで、先ほど総括質問で言いましたけれども、ノリの第1回目の入札もまあまあよかったんですけど、今現在、赤腐れ病で低迷している中で、最近私も情報が入りましたけれども、九州防衛から佐賀有明海漁業協同組合のほうに地権者に対して説明したいと依頼があっておるわけですよね、地権者に対して。

佐賀市議会 2016-09-30 平成28年 8月定例会−09月30日-09号

また、今後の調査事項については、九州防衛が実施する佐賀有明海漁業協同組合への説明会地元住民説明会終了を待ち、その状況を踏まえ、改めて協議することになりました。  次に、8月26日に開催した第25回の委員会概要について報告します。  まず、執行部より、7月29日に九州防衛主催住民説明会川副地区で開催された。

佐賀市議会 2016-09-16 平成28年 8月定例会−09月16日-07号

今回、九州防衛から佐賀県への回答として、新たに佐賀空港から各演習場等への飛行ルートが明示されたことによりまして、佐賀空港配備をしたいという防衛省の考え方がより明確になったというふうに思うわけであります。  国が佐賀空港の位置づけを示したことに対して、どのような認識をされているのかという点。  

佐賀市議会 2016-09-09 平成28年 8月定例会−09月09日-02号

まず、前回の6月定例会以降の動きでございますが、7月29日には、佐賀空港が立地する川副町4校区自治会長会からの要請により、九州防衛主催住民説明会が開催されております。  なお、この住民説明会につきましては、質問に対する十分な時間が確保できず、説明会終了後において、再度の説明会を求める声があったということを聞いております。

みやき町議会 2016-09-08 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第2日) 本文

九州防衛が定める防衛施設は、芦屋飛行場築城飛行場新田原飛行場鹿屋飛行場大村飛行場並びに目達原飛行場となっております。  目達原飛行場周辺指定区域としましては、飛行場離発着方角駐屯地からの距離で約1キロメートルの区域となっておりまして、みやき町での区域指定をされていないところでございます。  次に、4点目の住民への影響と対策でございます。  

佐賀市議会 2016-06-10 平成28年 6月定例会−06月10日-01号

まず執行部より、3月2日付で九州防衛から佐賀有明海漁業協同組合に対して、今回計画利用候補地としている空港西側の土地の現地確認目視により実施したいとの文書要請があり、3月8日付で、漁協から防衛局に対し、漁業者公共事業によって漁場環境が悪化してきたと認識しており、公共事業に対し批判的な意見が多いこと。

  • 1
  • 2