運営者 Bitlet 姉妹サービス
1719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月25日−08号 しかし、運転免許証自主返納支援事業だけでは交通弱者対策として不十分であることから、地域が主体となってコミュニティバスを運行する取り組みを行われている伊万里市大川地区への視察を行いました。   もっと読む
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 ◆4番(青木茂君) 佐賀県スポーツコミッションが主体となり、東京オリンピック事前合宿地などのコーディネートを行っているとのことですが、佐賀県スポーツコミッションの活動内容について説明をお願いいたします。 ○議長(田中秀和君) 久我未来創生部長。           (未来創生部長 久我邦浩君登壇) ◎未来創生部長(久我邦浩君) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 そこで、平成29年から平成30年にかけまして広島市主体で協議され、当初の検討事項のうち一部が実施されたことが示されております。   もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 事業内容でございますが、農業経営体が労働力として障がい者を受け入れるための休憩所、作業場、更衣室、安全設備等の施設の整備に関してのハード事業において、国が2分の1を補助、実施主体は、市町村を含む地域協議会となっております。  2つ目といたしましては、同事業において、農作業等支援サポーター育成・派遣事業がございます。 もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 児童生徒にとっては、視覚的、聴覚的に学べる点において学習意欲が高まり、主体的な学びへと結びついていくと考えられます。そういった意味ではICTの利活用が学力向上の一助となっていることは間違いないと考えているところでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 13時に再開することとし休憩します。                     もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 この博多駅前通りでは、周辺の事業所が共同で設置した博多まちづくり推進協議会が事業主体となり沿道のまちづくりが進められております。現地視察では、歩道の幅員や設置された屋台の規模、通行可能な歩道空間の広さなどを確認し、歩行空間の活用イメージについて参加者間で協議したところでございます。   もっと読む
2018-12-11 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 鯨組主中尾家屋敷は、平成28年度から指定管理者制度を活用した施設で、モニタリング評価を初めて実施する施設でございましたが、モニタリング評価実施主体が、本庁、市民センターそれぞれの部署に確認作業、連携がなされておらず、指定管理者への的確な指示がなされていなかったのが原因でございまして、指定管理者が意図的に提出しなかったものではないものでございます。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 ◎川副浩顯 農林水産部長   国においては、将来の地域漁場の利用のあり方について、地域の漁業者や漁業関係者が主体的に検討していくことを想定されております。そして、目指す一つのケースとして、地域の漁業者が減少したり、漁業所得の低迷などにより地域の水産業の展望が得られない場合などに、地域の漁業者、漁協と企業が協調して、漁業、漁村を活性化していくということを想定されております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 これらを本格的に地域住民が主体となって、そこに行政がアドバイス、あるいは支え役となって進めていくことで定住人口の減少に歯どめをかけるしかないというふうに思うわけですが、まず、中山間地域の農業の振興策について、農林水産部長に答弁をお願いいたします。 もっと読む
2018-12-10 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 そのため、事業主体である大浦浜漁業協同組合におかれまして、腐食防止のため平成22年2月にタンクの外装の塗装を実施されているところでございます。また、平成27年7月におきまして、燃油を重油から軽油の仕様に変更する際、内装におきましても清掃等を実施されているところでございます。   もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 一体的なまちづくりに向けて周辺の開発計画との調整や公募手続など、市が主体的にかかわること。共同開発までの間、市がJA佐賀中央から土地を賃借して利用することという内容でございました。市といたしましては、土地の一部を取得することにより、まちづくりの課題に応じた土地利用を市が主体的な立場で進めることが可能になるものと考えています。   もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 (2)河川清掃は住民主体が原則ではあるが、住民による清掃が困難な箇所については適宜、所要の支援を行うこと。  (3)河川清掃の実施時期は地域によってさまざまであるため、地元からの要望に対しては、年間を通して柔軟に対応できるよう、予算執行の配分を考慮すること。 2 カラス対策経費(捕獲・駆除)  (1)カラスの個体数を増加させないという、目標に見合った捕獲活動を行うこと。 もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 次に、事業主体についてでございますが、3戸以上の農業者で組織する団体で、農事組合法人、農地所有適格法人、任意団体となっております。  最後に、受益面積でございますが、整備する機械・施設の受益となる農用地が中山間地域に該当する農用地でありまして、導入する機械・施設の利用面積が能力等に応じて定められた面積以上が必要となるものでございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 福島議員。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 成果でございますが、市民協働のまちづくり交付金につきましては、それぞれの地域が自主的かつ主体的に取り組むまちづくりとして、各地区で有効に活用いただいており、地域ごとの特色強化につながったものと認識をしております。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 今後の企業誘致のターゲットといたしましては、駅周辺やまちなかのオフィスビルへの誘致ということでは、ITを中心とした事務系の企業が主体となってまいります。一方、新工業団地への誘致につきましては、自動車関連産業を初めとして製造業の企業になってくるものと考えております。 もっと読む
2018-09-25 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月25日-08号 それにも増して、地元の方々が主体的に運行時間などを考えていただき、利用者みずから利用促進に努められていること、これが一番大きいのかなと感じております。  また、三瀬地区におきましては、総括質問への答弁でも述べましたように、巡回バスの改善のため、地元の皆さんと協議していただく場を設けております。 もっと読む
2018-09-21 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-07号 そういう意味では、マニュアルは各施設の状況に応じて作成されておりますので、見直し等に当たりましては、まずは運用主体である各施設において、いわゆる社会情勢や、あるいは事件等の状況と照らし合わせて検証を行い、課題が見つかった場合には必要に応じて見直しを行うべきであるというふうに考えております。   もっと読む
2018-09-20 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月20日-06号 佐賀市では、まちづくり自治基本条例を策定し、市民が主体的にまちづくりに参加する市民等の役割及び責務、そして、事業者や市の役割と責務などそれぞれの主体が果たすべき役割について明記し、まちづくりにかかわる人たちが共有できるルールとして整備しております。 もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 また、行政ができるのは単なるお手伝いでございまして、やっぱりその主体となるのは地域の人たちの力でないとどうしようもございませんので、そういう地域に力が芽生えるというか、そういうようなお手伝いを行政としてもさせていただきたいと思っています。 もっと読む
2018-09-18 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月18日−07号 このような活動を通じまして、生徒の主体性が育まれ、地域とのつながりが深まっていくと思っておりますので、今後も引き続き活動を行っていただきたいと思っております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 水上議員。 ◆23番(水上勝義君) 現在、公共施設白書によりますと、平成27年度で776施設があるようになっておりますが、施設が大変多いと思います。   もっと読む