5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

市内の水路には絶滅危惧種に指定されておりますニホンバラタナゴなどの魚類アカハライモリなどの生類、ドクゼリなどの植物が生息している場所もあり、貴重な動植物の生息環境として重要な役割を果たしているところでございます。  このため、動植物の生息環境への影響をなるべく抑えるよう、河床を固めない構造を基本とした多自然型水路整備を行っているところでございます。

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

また、淡水魚生類爬虫類では、オオクチバス、カダヤシ、ウシガエル、ミシシッピアカミミガメなど、こちらも10種類以上を確認しているような状況でございます。このうち、特定外来生物にも指定されております水草のナガエツルノゲイトウ、ブラジルチドメグサにつきましては、大変繁殖力が強く、大規模に繁茂しますと、生態系への悪影響のほか、河川排水や農水産業へも悪影響を及ぼすことが考えられます。  

佐賀市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会−09月19日-05号

市内における外来種につきましては、水辺などで繁茂するオオフサモやホテイアオイ、陸上で繁茂するオオキンケイギクやセイタカアワダチソウなど植物で40種類以上、クリークやため池に生息するブラックバスやカダヤシなどの淡水魚が10種類以上、そのほか、哺乳類生類を含めまして、合計で60種類以上を確認しております。  

佐賀市議会 2008-12-12 平成20年12月定例会−12月12日-08号

佐賀市においてミドリガメを初め、これらの爬虫類生類の外来生物について、どのように把握されているのか、環境下水道部長にお伺いします。  2点目、河川環境美化及びごみ対策について。  8月25日、佐賀市川副町の有明佐賀空港の南側の堤防で、有明海護岸でのごみ清掃作業中、海岸から流木を引き揚げていたところ、バランスを崩しクレーン車が横転し、痛ましい事故が起きたことを皆さんも御存じのことと思います。  

佐賀市議会 1995-09-18 平成 7年 9月定例会−09月18日-03号

元来、カエルは益虫でございまして、人類とは四季折々の風物として親しみのある生類でございます。御質問の食用ガエルにつきましては、数年前から佐賀のクリークにすみつき、その鳴き声は独特でありまして、梅雨期から夏の間にかけましては佐賀の風物詩とさえ言われるようなことになってきたわけでございます。

  • 1