運営者 Bitlet 姉妹サービス
1459件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月20日-09号 そこで、改めてこの健康運動センターの設置目的を振り返ると、施設のコンセプトとして、佐賀市健康運動センターは運動を中心とした活動や交流を通じて市民が生き生きと暮らせる社会の実現を目指し、誰もが利用できる健康づくりを支援する拠点施設であり、子どもからお年寄りまで世代を超えてくつろげる交流の拠点としても気軽に利用していただけるような施設づくりを目指しています。 もっと読む
2018-12-20 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月20日−07号 また、補助金等について対象団体の活用状況等を勘案した額の見直しなど、既存の制度や事業の見直しを行う一方、12月補正予算で御審議いただきました平成31年度に繰り越して実施する全小・中学校普通教室へのエアコンの前倒し設置、また、留守家庭児童クラブの開設時間の延長など、子どもや子育て世代の支援にさらに力を入れる予定といたしております。   もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 一方で、昨今の深刻な人手不足の状況もあり、子育て世代のための労働環境を整えなければ人材を採用できないとの認識のもと、企業側の対応が進みつつある現実でもございます。  市といたしましても、生産年齢人口が減少し人材の確保がますます困難となっていく中、雇用環境の改善が人材確保に有効に働くことについて、機会を捉えて周知をしてまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 その内容については、仕事の種類、また幅が少ないとか、自分が求める職業の仕事がないとか、移住先の生活に不安があるとか、こういった仕事と金が仕事をしている世代にとっては移住の問題で一番大きいのかなと思っております。   もっと読む
2018-12-13 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号 4点目に、若い世代の女性の減少が挙げられます。本市の合計特殊出生率は全国的に見ても高水準で推移しておりまして、平成28年(2016年)では2.01で、佐賀県の1.63や国の1.44と比較してもかなり高い数値であると言えます。 もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 また、事業計画における将来推計において、団塊の世代が75歳を迎える2025年には、約128億円に上る試算となっております。   もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 市民の健康増進、それから、スポーツ推進を目的とした自主事業については、常に利用者の視点に立って、さらなる利用者サービスの向上を図るために施設を有効利用しまして、さまざまな世代に対応できるよう努力しているところでございます。このような取り組みが先ほど言いました施設の利用促進にもつながって、利用者からも好評を得ているというふうに認識しております。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 国の方向性として、子育て世代を応援し、社会保障を全世代型へ抜本的に変えるため、幼児教育の無償化を一気に加速することとされました。  消費税率引き上げ時の明年10月1日からの実施を目指すこととし、具体的な手続などについては、現在、検討が行われているようです。   もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 ◆19番(多久島繁)  なかなか地方の──地方といいますか、周辺部の人口減というのは難しい問題だと思いますけど、平成28年の12月議会で梶山議員が3世代同居について質問されております。そのとき、データで示されました2010年、平成22年の3世代同居率は市内で16.4%でした。そこで、当時の政策経営部長は、市全体の施策を3世代同居に特化して取り組む必要があると考えると。 もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 国では団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えまして、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住みなれた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指し、新たに認知症施策推進総合戦略、新オレンジプランが平成27年1月に策定されまして、認知症サポーターの養成を重要な施策に位置づけられております。   もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 幼児教育・保育の無償化は、国の方針に基づき、子育て世帯を応援し、社会保障を全世代型で抜本的に変えるため、幼児教育・保育の無償化を一気に加速するとされ、生涯にわたる人格形成の基礎を養う幼児教育・保育の重要性やその負担軽減を図る少子化対策の観点などからも取り組まれることとなりました。 もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 団塊の世代に生まれた方が後期高齢者になられる、いわゆる2025年が7年後に迫っておるわけでございますけれども、現在の伊万里市の高齢化の状況、あるいは進みぐあいについてお尋ねをいたします。  2点目、都市公園の管理について。  国見台公園を初めとして市内各地に都市公園が点在をしているわけですけれども、その数、その公園に従事する職員体制、管理状況についてお尋ねをいたします。   もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 また、その法改正では、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援の実現のため、母子保健法で子育て世代包括支援センターの設置が、児童福祉法で子ども家庭総合支援拠点の設置が市町村の努力義務とされております。   もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 総括質問に対する答弁をいただいたところでございますが、過疎化防止の観点から、特に子育て世代の移住・定住化を図る必要があると思うわけです。子育て世代の移住の実態はどういうふうになっているのか、お伺いいたします。 ◎古賀臣介 地域振興部長   子育て世代の移住につきましては、年少人口や生産年齢人口の確保に大変寄与するというふうに思っております。   もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 その中で胃がん検診につきましては、現在、40歳以上の方を対象にバリウムによるエックス線検査を実施しておりますが、これに加え、30歳から39歳の方を対象に血液検査によるピロリ菌検査を若い世代におけるがん検診事業として取り入れていこうと計画しております。 もっと読む
2018-12-07 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月07日-04号 若年世代の本市への転入人口増加を目的としまして、佐賀市内に転入する世帯に対しまして、住宅の新築、購入に係る費用の一部を助成しておりました。  具体的には、市外に1年以上居住した夫婦で、夫婦の両方またはいずれかが満40歳未満であり、住宅の取得にあわせて市外から転入する世帯を対象に、新築の場合は40万円、中古の場合は20万円を基本として助成しておりました。 もっと読む
2018-12-06 みやき町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 11月19日からは、母子手帳アプリの運用を開始し、子育て世代の住民の皆さんを中心にチラシ等を配布し、利用啓発を行っています。  次に、子ども未来課について報告をします。  出生祝金は、10月末現在で131件の申請があり、8,540千円を支給しました。定住総合対策事業による成果により、対象者は増加傾向にあります。   もっと読む
2018-12-05 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月05日-02号 これを次の世代にも引き継いでいくため、佐賀が輩出した偉人や、その偉業を知ってもらうための取り組みを続け、郷土の誇りや郷土愛を育んでいきたいと考えています。  そのような取り組みを続ける中で、島義勇という共通の宝を持つ札幌市とは、これからも末永く交流を続けられればと思っているところであります。  これまでも観光PRや教育分野での協力など、少しずつ交流が生まれてまいりました。 もっと読む
2018-10-16 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月16日−12号 これらは、特別会計ですが、後期高齢者医療に係る負担の4割は、74歳以下の世代の国民健康保険被用者保険から支援金として拠出され、現在の制度では、高齢世代の増加は74歳以下の世代の保険料負担増を意味します。  さらに、介護保険では、要支援者や要支援者へのサービス外しや、地域資源や自治体ごとの財政状況の違いを問わず、一律に地域包括支援システムの構築を国が求めるなど、現実性が疑われます。 もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 社会保障充実分として4事業が義務づけられた背景としましては、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に要介護状態になっても住みなれた地域で人生の最後まで暮らすことができるよう医療、介護、予防、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムを構築することを目的として、介護保険制度が改正されたところでございます。 もっと読む