運営者 Bitlet 姉妹サービス
1036件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 9月定例会の減額補正でご説明しておりましたように、10月31日から、国のルールに沿った返礼品として、全て寄附金額3割以下、地場産品のみの運用に変更いたしております。   もっと読む
2018-12-13 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号 ◎教育部長(緒方俊夫)  あくまでルールはつくらないと運用ができませんので、先ほど申し上げましたとおり、6時を過ぎれば100円の料金が生じるということで御理解をいただきたいと思います。 ○議長(前田久年)  山口議員。 ◆15番(山口恭寿)  1秒でも過ぎたら100円を取るということですね。わかりました。   もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 ◎藤田基明 子育て支援部長   現場の意見反映でございますけれども、放課後児童クラブ全体に関するルールを作成する、あるいはまた修正する場合につきましては、各クラブの代表である選任指導員を集めて説明を行いますので、その中で現場の意見を聞いているところでございます。   もっと読む
2018-12-13 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号 また、通常学級に在籍しながら他の学校に通い、落ち着いて先生や友達の話が聞けるようになることでありますとか、順番やルールを守って友達と仲よく楽しく遊べるようになること、あるいは、自分の気持ちをうまくコントロールして、日常生活の中で起こるトラブルを減らしていくなど、改善するための通級指導教室もございます。今年度、ここには小学生85名、中学生18名が通っているところでございます。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 この法案により何が変わるかと申し上げますと、現在、日本では、海域の大半を占める一般海域につきましては、長期占用の統一ルールが存在しておりませんでした。通常、都道府県条例では、占用期間が3年から5年と短期間で、これにより長期的な洋上風力の開発に関しましては、非常に困難となっていたところでございます。 もっと読む
2018-12-12 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月12日-07号 このため、整備後の利活用に関する具体的なルールづくりや具体的なデザイン計画などについては、今後の設計や整備と並行して議論を深めていきたいと考えております。  今後、まずは基本計画の内容に関して市民の皆さんに知っていただくとともに、意見交換をスタートさせる最初の場だと考えておりますので、一緒に検討をお願いしたいと考えております。 もっと読む
2018-12-11 みやき町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 みやき町としましては、このような流動的な状況において、ルールと競争のバランスを見ながら柔軟に対応し、少しでも長く地域活性化につなげていくことができるよう努力し、ふるさと寄附金事業の推進を図っていきたいと考えているところでございます。  私からは以上でございます。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 電力は安定的に供給されることが第一に望まれており、大規模停電の防止は最も重要な事項であり、国は出力制御に関して優先給電ルールを定めております。太陽光発電よりも貯水池式水力発電や火力発電を先に出力制御するものとしています。このことから、今回の出力制御は、火力発電等の出力制御を実施しても十分でないことから行われた、やむを得ない措置と理解しております。   もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 みやき町としましては、このような流動的な状況において柔軟に対応し地域活性化に極力影響が出ない形で推進してきたところでございますが、ルールと競争のバランスを見る必要もあることから、庁内で検討した結果、11月3日時点では全て総務省の方針に従った取り扱いをしてきたところです。 もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 これまで、議事録等の作成につきましては、市民や学識経験者などで構成された審議会などの附属機関の会議を開催した場合については、作成や公表のルールを定め、総務法制課内の情報公開コーナーやホームページで議事録を公開しておりましたが、それ以外の会議等については記録を残すべき基準を設けておりませんでした。   もっと読む
2018-10-22 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月22日−08号 併せて事故等による保証等の事案が発生した場合に、国による補償等が行われるまでの間、必要な費用を無利子で貸し付けることができるよう「補償基金」(仮称)を創設する、③防衛省と佐賀県は、オスプレイの安全性に関し、双方向で連絡を密にするルールを構築する、というものである。  もっと読む
2018-10-05 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−10月05日-10号 執行部には二度とこのようなことが起きぬよう、再発防止のルールづくりと責任のあり方について強く要望し、反対討論といたします。 ○武藤恭博 議長   次に、第81号議案 平成29年度佐賀市一般会計歳入歳出決算、第82号議案 平成29年度佐賀市国民健康保険特別会計歳入歳出決算及び第84号議案 平成29年度佐賀市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について一括して討論に入ります。   もっと読む
2018-10-05 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月05日−11号 その後、9月11日、野田総務大臣の会見がございまして、国のルールに従わない自治体については、ふるさと寄附金制度の対象外とする法制度の見直しを検討するとの発表があり、同日、各自治体に対し早期に制度の是正を求める。ルールに沿った運用を行わない自治体は、制度の対象外とする法制度の見直しを行う。また、11月1日時点で再度調査を行うとする内容の通知があったところでございます。   もっと読む
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 青年部・女性部の活動推進に要する経費に対する補助のルールは、3団体とも同一としておりますが、実際の取り組みには団体ごとに経費の額の開きがあるという状況となっております。  商工団体における青年部・女性部の活動は、議員ご指摘のように、次の世代の経営者を育成し、また、それら次期経営者層のネットワークを構築・強化していくという観点から重要であり、一定の支援を行う必要があると考えているところでございます。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 次に、後期高齢者医療特別会計では、広域連合とのルールに基づきまして、4月、5月に納付されました前年度の保険料を一旦繰越金として処理することから、毎年繰越金が生じているものでございます。  次に、介護保険特別会計でございますが、第6期介護保険計画に基づき、給付費の増を見込んだ平成27年度から平成29年度までの保険料設定により黒字決算となったものでございます。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 これは外国籍の方が多く居住する地区において、ごみ分別の種類やルールを外国籍の方にわかりやすく知っていただくために、ごみステーションに関する事務を所管する環境保全課と総務法制課国際交流室が協力して実施したものでございます。看板には多言語での説明とあわせて使用するごみ袋の写真を添付しており、外国籍の方の多くが悩むと言われているごみ出しを支援することができたものと認識しております。   もっと読む
2018-09-21 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-07号 そこで、小野寺防衛大臣は、有明海及び佐賀県上空では過酷な状況下における訓練は実施しないことを明言されましたが、さらに安全性に関する情報共有のルールとして、県と防衛省が双方で連絡を密にするというルールについて、今回、この3項目の中に入っております。   もっと読む
2018-09-20 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月20日-06号 佐賀市では、まちづくり自治基本条例を策定し、市民が主体的にまちづくりに参加する市民等の役割及び責務、そして、事業者や市の役割と責務などそれぞれの主体が果たすべき役割について明記し、まちづくりにかかわる人たちが共有できるルールとして整備しております。 もっと読む
2018-09-19 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月19日-05号 ◎川副浩顯 農林水産部長   ドローンは航空法の中で無人航空機として定義されており、航空法に定められたルールを守る必要はありますが、免許制度はございません。  しかしながら、農薬や肥料等の空中散布を行う場合などには、農林水産省が定めた空中散布等における無人航空機利用技術指導指針により、オペレーターは操作する機種ごとに技能検定を受ける必要がございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-19 みやき町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文 私としては、特別措置法に基づいて再生計画というのを策定させていただき、常任委員会、全員協議会でもお話をしたときに、きょうのようなここまでの御質問がいただけておけば、全員協議会でそういう御意見が多数であれば、もう一度、そのルールづくりについて議会の皆さんと真摯にルールとか定義づくりについての確認をさせていただくことができたのかなと、そのために常任委員会とか全員協議会でお諮りというか、させていただいたわけですので もっと読む