718件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

出産後も身体的にも精神的にも不安定な時期になりますので、産後2週間に産婦健康診査を行い、産後鬱のリスクが高い方や育児不安の強い方については速やかに助産師による家庭訪問を実施し、母親の育児不安解消に努めております。また、必要に応じて小児科、こども家庭課の関係部署にも情報をつないでおります。  

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

前回同様に、出産、育児に対して複数のリスクが重なりやすい多胎家庭への支援を基本に、質問を続けさせていただきます。  先ほど数値をもって、おおよその傾向を示していただき、また、佐賀市でとられている事業についてもあわせてお示しいただきました。

鳥栖市議会 2019-03-25 平成31年 3月 定例会-03月25日−06号

そういったリスクも今後考えて、仕事を進める必要があるということを申し上げておきます。  では、新産業集積エリア整備事業についての2つ目、新産業集積エリア整備事業の用地取得における農地法違反に関する原因究明及び確認等調査業務に関する報告書についてお尋ねをします。  

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

そうしたリスク管理体制がなっていないと言われても、しょうがないんじゃないですか。  百年に一度あるかどうか、この鳥栖市で、震度7の大地震に備えた危機管理室をつくる前に、日々起こりうる日常業務のリスクに備えた危機管理室の設置をまずは考えるべきでしょう。  

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

妊娠中や周産期及び子育て期におきましては、これらリスクや問題の早期発見、早期支援の可能性も非常に重要であり、高まっていくということです。  また、子育て世代包括支援センターは、フィンランドのネウボラを参考に平成27年度に妊娠・出産包括支援モデル事業が29の市町村で実施されたことが始まりとなっています。

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

そして、経営上のリスクを抱える病院は少なくないと。個人の病院やリハビリテーション施設や駐車場などは、やはり個人病院は自己資金ですよ。自己資金でずっとお金を返しながら経営されているということですよ。  そういう中で、うちの場合はたくさん広い駐車場と施設、診療所とリハビリテーション、こういう形でやはり営業になってくると。みやき町のそういう施設、病院やリハビリテーションの施設も大打撃だと思うんです。

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

そこで、一応、大津市では、当然食中毒のリスクに触れられた上で、十分に加熱された食品を提供する、外気温が高いときは持ち帰り自体を休止するか保冷剤を一緒にお渡しするなどと、こういうふうな衛生上の注意点をしっかり明記されております。大津市の保健所のほうとしても、これらをしっかり意識すれば、食中毒は防ぐことはできるということで一応取り組まれているところでございます。  

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

◎池田一善 総務部長   防災行政無線は、災害時の情報伝達の目的で、市内に172局整備しており、避難所及び土砂災害や河川決壊などの災害リスクが高い地域に重点的に整備したものでございます。このため、場所によっては、また、台風や豪雨などの災害の種別によっては、近年の住宅の気密性の向上も相まって、屋外の拡声子局からの放送では聞き取りづらい場合もあると思います。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

御質問の児童虐待を未然に防止するための市の取り組みということでありますが、1点目として、乳幼児健診や妊婦健診の未受診者、または未就園児童等のうち安全が確認されていない乳幼児につきましては、母子保健を担当する健康づくり課と定期的に情報共有して、虐待のリスクの有無や支援方針等を確認し、必要な支援につなぐこととしております。  

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

本市では行政運営の中で生じる重大な問題や訴訟リスクについて専門的知識を有する弁護士から助言をいただきながら、法的に適切な対応を行うことを目的として、弁護士と顧問契約を締結し、適宜相談を行っているところでございます。  相談の内容といたしましては、事務の執行における法制的な指導助言を求めるものや、契約書や市が発出する文書についての文面等の確認を依頼するものがございます。

佐賀市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会−03月04日-03号

そのリスク補償は所有者に委ねられていて、市交通局も新しい車両にはリスクを考えれば給油はやりたくない。だから、台数はふえないというか、そういうことなのかなと思うんですが──ちょっとまとめ切れていませんが。そこで、佐賀市はいわゆる環境政策として、新型車両への給油ができる次世代バイオディーゼル燃料、次世代BDFの開発に乗り出したというわけです。

みやき町議会 2019-03-04 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

これは先ほど申し上げた、建物を先行して建てて、後からテナントを募集するとなれば、今、中尾議員がおっしゃるように大変リスクも大きいしですね。今参画を明確に示されているところを対象にまず現在の提案があっている、提案です。これから正式にテナント料というか、賃借料等も示しながら、最終的に参画をするというところが確定してから基本設計から実施設計に入っていきます。

多久市議会 2018-12-18 平成30年12月 定例会-12月18日−05号

こうした耐用年数を経過し、今後、更新時期を迎えるものが多く、老朽化によるリスクや維持管理費の増大、改修や建てかえなどに多額の費用が必要であり、財政を圧迫することになります。  公共施設の見直しに与えられた時間は限られております。現状のまま何も対策をとらなければ、十分な公共サービスができなくなり、市民や利用者には利便性が悪く、負担を強いることになります。

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

3点目、将来の胃がん発症リスクを軽減するために、ピロリ菌感染検査かABC検診の導入ができないか。  次に、大きな2項目め、在留外国人との共生に向けた取り組みについて伺います。  今国会で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、新たな在留資格を設ける改正出入国管理法が成立しました。  

みやき町議会 2018-12-14 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日) 本文

OA機器というイメージはありますけれども、今、実際実証されているのが、道路をAIで、例えば、パジェロみたいなものにAIを搭載して町内の町道とか生活道を含めて調査すると、AIが全て道路の摩耗とか、表面で見えないような陥没リスクの高い道路を全部解析するのが開発されています。

伊万里市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号

市職員のコンプライアンスの徹底、リスク管理などの内部統制機能を忠実に図って、市民から信頼される市役所の実現を目指していくことが私の責任だと思っております。  それと、もう一つ言わせていただきますと、先ほど教育委員のことについて、他市の例だと思いますが、いろいろな問題点について言われておりますが、私は伊万里市の教育長初め教育委員の皆さんには本当に御尽力をいただいていると思います。

鳥栖市議会 2018-12-13 平成30年12月 定例会-12月13日−05号

しかし、事業の進捗につきましては、毎回報告されていたことや、徐々にスケジュールがおくれていることは把握できるとしており、この会議にて、全体の進捗が適切に把握され、リスクないし問題点の認識が共有され、今後の対応策等が十分議論されておれば、担当者らのみが精神的負担を負うことは避けられた可能性があり、そうなれば、本件嘱託登記はなされなかった可能性が否定できないと指摘された形で触れられております。  

唐津市議会 2018-12-13 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

また、電力の安定供給の点からも、リスクと脅威になっております。  福島原発事故から7年半たった今でも、帰還困難区域は人が住めない状態になっております。避難指示が解除された区域も、若い人を中心に帰還が進まず、復旧できておりません。これほど暮らしが長年にわたり破壊される人災は戦争みたいなものです。  そのような原発をベース電源に位置づける国の方針がそもそもおかしいと私は思っています。