5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳥栖市議会 2017-06-12 平成29年 6月 定例会-06月12日−04号

松田氏は、自動車マツダに6年勤め、6年で仕事に対する基本的な考え方、捉え方、進め方を学んだそうです。物をつくるにはお金もかかるし、時間もかかる、だからきちっとした計画を立てる必要がある。四、五年先のことを考え手を打つ。あのときの経験が今も生きています。球団を製造に例えるのはよくないかもしれんけど、原理は同じだと思う。

鳥栖市議会 2016-06-13 平成28年 6月 定例会-06月13日−02号

この項目の最後に、広島県広島市所有のマツダスタジアムについて御紹介をさせていただきたいと思います。鳥栖市出身の緒方監督率いる広島東洋カープのホームグラウンドでもあるこのスタジアムは、2009年に新設されました。ドームにすると巨額の財源投資が必要であったため、気軽に誰もが足を運ぶことのできるメジャーリーグのグラウンドのような施工にしています。

伊万里市議会 2012-12-12 平成24年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号

だから、全く技術がないわけでもないと思いますし、これは一つの例ですが、例えば、自動車の整備工場も昔はトヨタの車しかしなかったけれども、今は日産もマツダもダイハツもハイブリッドも、いろんなことの技術が車には蓄積をされていますけれども、それに見合う技術を整備工場が持っていないと対応できないから、それはそれに見合う技術はそれぞれ研究をされていると思いますよ。

鳥栖市議会 2010-03-08 平成22年 3月 定例会-03月08日−02号

本市の下水道関連での雨水整備状況につきましては、平成16年度に道路の冠水対策及び周辺の浸水対策のため、中央市場西側通りに雨水管及び汚水管の埋設工事を行い、平成18年度には、元町佐賀マツダ鳥栖営業西側から市民体育館東までの区間に雨水管渠工事を行い、鳥栖工業高校南側一帯の浸水解消に努めてまいったところでございます。  

佐賀市議会 2008-09-11 平成20年 9月定例会−09月11日-04号

◎河野良治 環境下水道部長   マツダクリーンサービスとは、年度当初に脱水汚泥の処分に関する委託契約を結んでおります。実際の汚泥処分に関しては、契約事業者は本市の汚泥のみを処分されているものではございませんで、ほかに処理されているものの搬入状況などによって本市汚泥の受け入れ量や受け入れ時期は変わってまいりますので、議会への報告はその都度はしておりません。

  • 1