743件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

また、南口の駅前広場につきましては、まずは敷地の西側部分について、タクシープールの再配置をしたり、送迎車両の乗降位置を整備したりしながら交通広場として整備した後、次に敷地東側をイベントなどに活用できる交流広場の工事を行う予定としております。  市道三溝線、それから南北の駅前広場いずれも、令和5年開催の国スポ・全障スポ佐賀大会までに工事を終了する計画となっております。  私からは以上でございます。

みやき町議会 2019-03-20 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第7日) 本文

「医療法人天神会との連携による、1)訪問介護、2)アロマ、はり・きゅう、ヨガ、3)整形外科、4)リハビリテーション、5)プール、温泉施設でのリハビリテーションなど、統合医療を提供する。」としております。これだけわかっております。統合医療はあくまでも医師の指示が必要でございます。商業ベースにはなりません。

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

次に、市民プールですね。  市民プール、私のほうには、残してほしいと、あのプールがなくなると困るというような、保護者の方々のお声が届いておりますが、来年度、どのようにして、今後活用していかれるのか教えていただきたいと思います。 ○議長(齊藤正治)  詫間健康福祉みらい部長。 ◎健康福祉みらい部長(詫間聡)  竹下議員の御質問にお答えいたします。  

多久市議会 2019-03-18 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号

内訳といたしましては、市内温泉、プール利用者、交流スペース「彩り」利用者の合計が3万2,713人、市外温泉、プール利用者の合計が4万5,097人、宴会利用が6,302人、宿泊利用者が9,333人となっております。  平均いたしますと、月におよそ1万人以上の方の来場をいただいている状況で、最近では、海外からの宿泊客や、5月以降は修学旅行の予約も入っているということでございます。  

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

まずは、統合医療で健康増進という説明は、わかるようでわからない、ぼんやりとしたバロメーター的に見えない複合施設としての事業展開に、リハビリテーション、ジム、プールで汗を流し整体に通ったりして健康増進を目的とした建設でありますが、中身が見えないので、どのような方向性でいくのか、説明をいただきたいと思います。  

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

駅前広場を再整備する場合、送迎車の乗降場やタクシープールなど、駅の利用者に最低限必要な交通広場機能を確保しながら工事を進める必要がございます。この場合、駅前広場内を複数の区画に分けて段階的に工事を進めていくことになりますが、この工事進捗に合わせて、仮設の交通広場機能を駅前広場内で移動させながら確保する必要がございます。

鳥栖市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会-03月12日−03号

について、年金生活者支援給付金支給業務の内容と対象者及び市のかかわり等について、アスベスト対策の経費と現状について、休日救急医療センターの医師の報酬について、不妊治療の助成額について、次期ごみ処理施設建設協力金の目的及び内容について、次期ごみ処理施設建設に伴う課題への対応について、高齢者や障害者の利用に対応した市民文化会館施設の改善について、放課後子供教室事業の児童の参加数及び実施状況について、市民プール

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

8年ぐらい前に使用禁止になりましたけど、この毒性Cというのは、25メートルプールに1滴たらすと、それで魚が浮いてくるということで、非常に毒性が強いのですが、その毒性がさほど強くないということで一安心しました。  続けて答弁されましたけど、安全性については特別問題ないということで考えていいのか。

みやき町議会 2019-03-04 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

温泉を使うか使わないかは別として、基本的にはトレーニングジム等々で汗を流された方々が小さな、そんなに大浴場じゃないんですけれども、そういったところで体を休めていただくというような施設、プラス障害者、リハビリが必要な方々の歩行用プールというところをあわせて想定しているところでございます。  

佐賀市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会−02月26日-01号

次に、株式会社アルビータでは、清掃工場から供給される二酸化炭素を活用したヘマトコッカスの培養プールや有用成分の抽出設備を視察し、今後の事業計画等について説明を受けました。  この企業は、ヘマトコッカスから有用成分であるアスタキサンチンを抽出し、サプリメントなどの商品を販売されています。なお、これらの商品に含まれるアスタキサンチンは、全て佐賀市産であるとのことでした。  

みやき町議会 2019-02-08 2019-02-08 平成31年第1回臨時会(第1日) 本文

隣接する温水プールとの多機能的な改修も今、財団と協議していますので、今までの健常者の温水プールから、隣接する今回のプロジェクトを多機能型とみなして、B&Gからもある程度の支援をいただけるような今、協議をしております。  その中に、物販関係で大手コンビニと調剤薬局がコラボした、既に久留米市の井筒屋跡の1階部分にあります。24時間住民の健康相談に応じられるとか、そういう取り組みをぜひ参画したいと。

鳥栖市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会-12月20日−07号

使用料及び手数料につきましては、教育使用料として、市民プール使用料69万円が補正されております。  国庫支出金につきましては、民生費国庫負担金として、特別障害者手当等給付費負担金75万円、障害児施設措置費負担金5,417万7,000円、未熟児養育費負担金93万9,000円、生活保護費負担金16万8,000円が補正されております。  

多久市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日−04号

また、市内全ての義務教育学校におきましても、地震や火災を想定した避難訓練、また水難事故からみずからの身を守る着衣による水泳の訓練、服を着たまま一度プールに入るという、仮に川に落ちたときどうするかという訓練ですね。また、災害時に備えた保護者への児童・生徒の引き渡しの訓練など、それぞれ実施をして、子どもたち並びに保護者の皆さんの防災意識の向上を図ることにも努めているところです。  

多久市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−03号

そのため、プールが好まれたということが考えられますが、8月の利用が大変多くなっていることがわかるところです。その後、プールの利用については、10月の半ばから土日祝日の営業とされておりますので、そのことによる減少も一部見られます。  関連して2点目、市ができることは何かという集客増のことでございます。  

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

それから、スポーツだけの施設ではいけないのではないかということですけれども、この5年間のここの施設の利用状況とか、そういった検証をしますと、施設利用者については、プール、それから、トレーニングルームなど、利用者数が平成25年度は17万6,082人でございました。それが平成29年度は19万4,858人と、右肩上がりの実績になっております。

鳥栖市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会-12月12日−04号

温水プールの約2,000万円の比ではございません。設計委託料と管理工事費だけでも約1億7,300万円かかっております。  今後の事業にどのように生かすつもりでの御発言であったのか、御説明をよろしくお願いいたします。 ○議長(齊藤正治)  橋本市長。 ◎市長(橋本康志)  池田議員の御質問にお答えをいたします。  

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

市といたしましては、これらの調査結果をもとに、タクシープールや送迎用駐車場の必要規模を検証した上で、駅前広場における交通機能の再配置を行いたいと考えています。  以上でございます。 ◎志満篤典 建設部長   3点目のバイクをめぐる諸環境についての御質問にお答えします。  本市では、自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律に基づき、自転車駐車場の整備を行っております。  

鳥栖市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日−03号

実際、いろいろ調べてみますと、陸上競技場や市民プールなどにおいても、女子トイレの和式が非常に多い、洋式のほうが少ないという現状であります。  ここに関しても、しっかりと対応していただきたいと要望を申し上げて、次の質問に行かせていただきたいと思います。  続きまして、サンメッセ鳥栖図書館と市立図書館の役割についてということでお尋ねをさせていただきます。  

みやき町議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文

学校関係のブロック塀の点検ということでございますが、ことし6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震により、大阪府高槻市の小学校においてプールのブロック塀が倒壊し、その塀に挟まれ、女子児童が亡くなるという事故が発生しました。これを受けて、本町でも学校敷地内のブロック塀の緊急点検を行った結果、建築基準法施行令に適合していないブロック塀が4カ所あることが判明しました。