38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

ところが、中には自分の自宅から、例えば、福岡に買い物に行って、福岡の買い物に行った後、プロ野球のナイターでも見て帰りたいというようなケースは8時間ではおさまらないわけですね。そういったところからすると、やはりこの8時間というのは見直し緩和というのができないですかね。

佐賀市議会 2018-12-05 平成30年11月定例会−12月05日-02号

ちょっと後の質問にもつながるんですけれども、Jリーグ関係やBリーグ関係、プロ野球でもそうですが、やはりホームタウンの自治体というのは、財政的支出とか、または人的配置とか、専門的に体制を整えて支援されているというのを、私もちょっと調べた結果わかってきたところでございます。  そうすると、例えばスタジアムとか、会場とか、そういったハード的な部分も今後出てくる可能性もあるんですね。

佐賀市議会 2013-03-05 平成25年 2月定例会−03月05日-03号

そもそもこのオーバーシードを実施している施設は、冬場でも利用頻度が高い施設やプロが利用する施設などであり、例えば、サッカー場やプロ野球のチームが利用する野球場などが挙げられます。今申し上げましたオーバーシードのデメリットを考えますと、市立野球場で実施するのは難しいのではないかと思っております。

佐賀市議会 2012-03-15 平成24年 3月定例会−03月15日-08号

プロ野球選手も佐賀市出身の方が多く誕生していきます。今の考え方でいくと、今はつくらないんだけれども、そういったことが起きたときにすぐ対応できるように準備はしていこう、そういったことでよろしいでしょうか。 ◎伊東博己 総務部長   はい、おっしゃられましたとおり、もう少しまた別の競技でも、テコンドーですか、そういった選手もおられますので、そういった可能性があるというふうに考えております。

佐賀市議会 2011-03-09 平成23年 3月定例会−03月09日-04号

プロ野球では現在オープン戦が行われており、将来有望なルーキーたちにより、開幕を前にしてここ近年にない盛り上がりを見せております。ほかにも実業団や学生野球も本格的なシーズンを迎えます。また、開幕を迎えるのは選手だけではありません。自分のまちのチームを応援するファンにとっても待ちに待った開幕なのです。

佐賀市議会 2010-06-18 平成22年 6月定例会−06月18日-07号

平成22年度でございますが、年間で150人を予定しておりましたが、4月に野球選手の方、プロ野球コーチの方でしたか、がちょっと倒れられたというニュースが流れまして、そのニュースが流れた後に非常にその希望者がふえたところでございまして、多分その影響じゃないかと思ってございます。で、6月17日現在でございますが、もう既に144人が、これはまだ予約でございますが、受診の予約をされた状況でございます。  

佐賀市議会 2006-12-12 平成18年12月定例会−12月12日-06号

さて、議員から御提案いただきましたバス停留所のネーミングライツについてでございますけれども、一般的なネーミングライツについては大都市プロ野球、あるいはプロサッカーのスタジアムなどにスポンサー名をつけることで年間数千万円の広告収入を得ることができるようでございますが、地方競技場などではスポンサー獲得に苦戦をしているのが実情のようでございます。  

佐賀市議会 2004-03-04 平成16年 3月定例会−03月04日-02号

続きまして、ネーミングライツについてですが、これは施設命名権と言われておりまして、現在では東京スタジアムも味の素が5年契約で12億円で命名権を取得し、もう一つは、神戸市が所有するプロ野球の公式球場グリーンスタジアム神戸をソフトバンクグループ2社が2年間で2億円で施設の命名権を買っております。横浜市横浜国際総合競技場を公募されたようですが、ここは借り手はつかなかったようでございます。

佐賀市議会 2003-12-12 平成15年12月定例会−12月12日-07号

それと、宮崎市には、これはプロ野球誘致の関係でございましょうか、3球場ございましたけれども、あと長崎、それから熊本鹿児島は市営球場は一つでございます。それから大分市には市営球場がないというふうに伺っておりまして、佐賀市の場合、決して少ない方ではなくて、むしろ多い方になるんじゃなかろうかというふうに思っております。  

佐賀市議会 2003-09-17 平成15年 9月定例会−09月17日-04号

突然ですが、ことしのプロ野球、きのうもどなたかおっしゃっておりましたが、セ・リーグでは阪神の18年ぶりの優勝が決まり、またパ・リーグではダイエーホークスが3年ぶりの優勝にあとマジック9となったところで、きのうも敗れて何だか雲行きが怪しくなりました。ダイエーファンとしましては、毎日がその勝敗に一喜一憂のところであります。

佐賀市議会 2003-09-16 平成15年 9月定例会−09月16日-03号

◆瀬井一成議員   昨日は、プロ野球でセントラルリーグの阪神タイガースがリーグ優勝を果たしました。私とら年生まれでございますので、大変うれしく思っております。また、そのことによって阪神地区の特に経済が活性化をして、住民生活が向上すればいいなというふうに思っているところでございます。  

佐賀市議会 2002-03-08 平成14年 3月定例会−03月08日-03号

例えばですね、順位の第6位にある職業野球、これはプロ野球ですけども、これは1年も、早いときは2年ぐらい前から入ってくるんですね、予定が。第1位にある市の行事というのが、仮に2カ月ぐらい前に決まっても、第6位のが入っているから、これは動かないわけです。じゃあ何のための優先順位なんだと。それと、優先順位なんか見ていても、団体は入っていますけども、市民は入っていないんです、個人が。

佐賀市議会 1999-09-08 平成11年 9月定例会−09月08日-02号

これまで山口亮一画伯、黒田チカ博士、それから作家の滝口康彦氏、そしてこの夏休みに行いました漫画「あぶさん」のモデルにもなった佐賀市在住の元プロ野球選手永渕洋三さんなどがそれであります。こうした事業は大変好評をいただいており、今後とも継続していきたいと考えております。  そこで、御質問のふるさとコーナーでございますが、まず、現在の郷土出身者に関する資料等の状況を御説明いたします。  

佐賀市議会 1999-06-25 平成11年 6月定例会−06月25日-03号

その早稲田大学野球部の伝統もすばらしいものがあり、プロ野球がなかった時代の早稲田、慶応の、いわゆる早慶戦が一番人気があったと聞いております。しかしながら、佐賀市出身の大隈重信侯がつくった早稲田大学との接点がいま一つないのが現状であります。そこで、私は早稲田大学野球部の春季キャンプ佐賀市で毎年やれないかと提言をしたいと思っております。  

佐賀市議会 1998-12-11 平成10年12月定例会−12月11日-05号

ちょうどことしのプロ野球のペナントレースでは、セ・リーグを37年ぶりに制覇いたしました横浜ベイスターズが、当然パ・リーグの覇者と競って日本一になりましたけれども、この日本一になったという報道の中で、いち早く鳥栖市では鳥栖の市庁舎に「横浜ベイスターズおめでとう」という垂れ幕がかかったそうでございます。

佐賀市議会 1998-12-08 平成10年12月定例会−12月08日-02号

完成する県営球場は、中堅122メートル、両翼99.1メートルの広さを誇り、観客席は内野1万1,850人、芝生の外野は4,650人を収容するなど、プロ野球の公認規格を満たすすばらしい球場であり、来年の4月17、18の2日間、セ・リーグの広島東洋カープ対横浜ベイスターズがこの球場で行われることが決定いたしました。

  • 1
  • 2