44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2017-03-08 平成29年 2月定例会−03月08日-05号

フリーターであるとかSOHO、いわゆるスモールオフィス・ホームオフィスといった多様なスタイルの働き方、こういったのもふえているのも事実でありますが、これからの企業においても、あるいは市役所のような公務職場においても、今後の中心を担っていくであろう若い人たちを育てていくために、あるいはまた、悩んでいる今の若い人たちの相談事業、あるいはそういった交流、触れ合える場づくり、そういったところを国、県、あるいは

みやき町議会 2015-06-15 2015-06-15 平成27年第2回定例会(第4日) 本文

収納率低下の背景には、リストラや倒産等による被用者保険から国民健康保険への異動やフリーター等で国民健康保険の適用を受ける者の増加など、低所得者層の増大があっているのも現実であります。  また、悪質な滞納者対策といたしまして、厚生労働省は、平成12年から特別な事情はなく、1年以上滞納した世帯に、保険証にかわり、資格証明書を交付することを市町村義務づけたところでもあります。

鳥栖市議会 2014-06-10 平成26年 6月 定例会-06月10日−03号

しかし、ニートフリーターの増加といった今の状況は残念なことです。  これらを踏まえ、将来のなりたい自分を探し、そのための道しるべを見つけること、いわゆるキャリア教育の充実が急務であると思います。  2014年度子ども・若者白書を受けて、その結果をどのように捉えるのか、なぜ将来に夢が持てないのか、キャリア教育の必要性についてどのようにお考えなのか、執行部のお考えをお聞かせください。

多久市議会 2012-06-18 平成24年 6月 定例会-06月18日−03号

今現在、多久市では定住対策として定住奨励金や新婚世帯家賃等補助金がありますが、今、現実問題として学生などの就活問題や若い世代就職難ニートフリーターが増加傾向にある現在社会経済低迷が続く今日、未就職者の増加や生活保護受給者の増加など、さまざまな問題があります。また、就職難で学生の自殺者も年々増加傾向にあり、社会問題であります。  

唐津市議会 2011-03-11 平成23年  3月 定例会(第2回)-03月11日−05号

今でも高校を出て、あるいは大学大学院を出ても就職口がないということで、フリーター、アルバイトをしている若者が多いわけでございますけれども、どうなるのか。仕事さえも奪われていってしまうのではないかというふうに考えるわけでございますが、中小企業、大変なことになるというふうに思いますが、どのように予測されているのか。その面でですね。お尋ねします。

佐賀市議会 2010-06-16 平成22年 6月定例会−06月16日-05号

今、青少年センターではですね、ニートフリーターを支援するさが若者サポートステーション、また、不登校の子どもを持つ親の組織でありますほっとケーキ、それと、10代の子どもたちによる劇団でございますけれども、ティーンズミュージカルSAGA、そういった青少年団体を初め53の団体がそれぞれの目的を持って活発な活動を行っているところでございます。  

佐賀市議会 2008-12-22 平成20年12月定例会−12月22日-付録

佐賀海苔有明海一番」等のブランド化に向けて  (1) 海苔の選別基準の数値化について  (2) 海苔・ヌーボーについて  (3) 本庁ロビーに季節に応じた観光やイベントのパンフレットが配置できないか 3.若年者の雇用対策について  (1) 本市における日雇い派遣、フリーターニート対策について  (2) ジョブカフェSAGAとの連携による就労支援は図れないのか  (3) 多くの若者が立寄る場所(大型

佐賀市議会 2008-12-12 平成20年12月定例会−12月12日-08号

こういった状況の中でリストラ、フリーターニート対策としての就業支援のためのジョブカフェSAGAとか労働局ハローワークとの連携、また情報交換など、協力体制は必要じゃないかと思いますけども、こういったのはどのようにとらえているのか。また、緊急の就労相談として、人が集まるところへの移動相談ですね。駅とか大型店への相談窓口、この設置についてどのように考えておられるのか、お尋ねをいたします。

みやき町議会 2007-12-14 2007-12-14 平成19年第4回定例会(第4日) 本文

とにかく先ほども申しましたように、団塊の世代の人たちは働くことにはやはり意欲を持っていますので、そのほかにまだフリーターとかニートとかいろいろありますね。そういう皆さん方、やはり職を持たない方がいらっしゃいますので、やはりこれから高齢化していく中で、集落営農ができたところはいいです。じゃあ、それから外れた部分、これをどうしていくのか。

佐賀市議会 2007-03-26 平成19年 3月定例会−03月26日-09号

また、国保自体が加入者の過半数が年金生活者などの無職の人やパート、フリーターなど、他の政府管掌保険に比べて平均所得額が165万円と大変低い中にあって、国の手厚い援助があって初めて成り立つのが実態です。ところが、政府は1984年の法改定で、国庫負担率を引き下げたのを皮切りに、国の責任を次々と縮小してきました。

唐津市議会 2006-12-14 平成18年 12月 定例会(第5回)-12月14日−06号

◆3番(楢﨑三千夫君) この再チャレンジ政策はですね、若い人にも限らず、また団塊の世代にも適用されるわけですけれども、今の世の中、このフリーターの人がですね、200万人いるそうでございます。そしてまた、ニートに至っては64万人と大きな数字が上がっております。この人たちに対してもですね、適用されて、また再チャレンジをしていただきたいと、それは農業だけに限らないと思うんですよね。

多久市議会 2006-09-21 平成18年 9月 定例会-09月21日−05号

中身といたしましては、若者の就労問題、フリーターニートをテーマにしたものを内田龍史さんがその分の寄稿されております。さらに、自尊感情をめぐる子供の現状ということで富安信一さんが寄稿されております。  また、佐賀鍋島藩の口達録の一文も紹介されております。この部分につきましては、今後この部分の解読が進み次第、順次掲載されていくものと思っております。  以上でございます。

唐津市議会 2006-06-12 平成18年  6月 定例会(第3回)-06月12日−04号

次に多い原因が、フリーターニートの増大、パートや派遣職員などの低所得層の雇用の増大によります晩婚化、未婚化の問題もあると思います。また、働く女性の出産や子育てを助ける制度施設が不十分であるということ。そのほかに子供を取り巻く社会環境の不安、核家族化で子供を育ててくれる祖父母が同居していない、また住宅事情の悪化など等いろいろの問題があります。