31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-05号

一方、農家の自衛策としましては、吹き流しの設置が一般的ではありますが、佐賀県農業技術防除センターにお聞きしましたところ、水路側のあぜにビニールハウスのバンドをたるませて設置することにより、風に吹かれたビニールハウスのバンドが音を出し、カモを遠ざける効果があるとのことでございました。  

みやき町議会 2018-09-13 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

実は、そこの廃熱を利用したビニールハウスをつくって、今、進出していただいているところのキュウリを栽培したりとか、また、これから行おうとしているようなバナナとかパイナップルとか、そういうものを廃熱を利用して温室栽培をして、そこに携わる収穫とか、そういうのを近くの方々、できれば、高齢者の方々、その人たちの新たな雇用の場としてできないかということを試行的に行いたいと思っていますので、ことし3カ所の調査費を

佐賀市議会 2018-03-07 平成30年 2月定例会−03月07日-05号

このときは、水道管破裂スリップ事故なども多数発生し、農業面でも施設園芸用のビニールハウスが倒壊し大きな被害が発生いたしました。一昨年は、ビニールハウスの全壊、半壊が佐賀市全体で158棟、被害面積として2万4,616平米を記録いたしました。地域別に見ますと、富士町で84棟、大和町で42棟、三瀬村で32棟に被害が出ております。

多久市議会 2017-10-16 平成29年 9月 定例会-10月16日−04号

また、佐賀県においては、県が作成しております鳥獣保護管理計画書において、被害を受けている者の住宅等敷地、またはビニールハウス敷地、あと垣根とか柵、その他これに類するもので囲まれた被害農地内で小型箱わなによりますタヌキ、アナグマ等の中型の鳥獣を捕獲する場合につきましては、過去に鳥獣保護法の関係法令に違反したことのない者については、狩猟免許狩猟者登録の必要がなく市長の許可による捕獲が特例によりまして可能

みやき町議会 2016-09-12 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第4日) 本文

旧丸三ローンテニスコート、平成26年6月28日の全員協議会において、旧丸三テニスコート用地について、定住対策用地として取得の協議を行い、その後、稲佐山観光ホテル側と協議を重ねて、55,000千円で取得、土地の利用活用方法については官民連携による有効活用できないか模索しているところ、社会医療法人天神会からこの土地を福利厚生施設及びビニールハウス用地として活用したいということで、平成26年10月23日の

佐賀市議会 2016-03-04 平成28年 2月定例会−03月04日-03号

カラスによる主な農業被害といたしましては、果樹、野菜飼料作物、穀物などが食べれるといった農作物被害、ビニールハウスが破られるといった施設の損傷被害、子牛や子豚などの家畜がカラスにつつかれたり、家畜飼料が食べられたりする畜産被害がございます。  その中でも、本市では麦、大豆、水稲を中心として、果樹、野菜などの農作物被害が顕著であります。

多久市議会 2016-03-01 平成28年 3月 定例会-03月01日−01号

障害者支援センターまや」は、現在33名の利用者がおられ、ビニールハウスでのトマト水耕栽培のほか、原木しいたけや菓子類の製造販売まで手掛けられ、「食」と「農」をテーマに障害者社会参加を援助し、福祉フロンティアを目指しているとのことでした。  委員からは、旧西部小学校跡地の利活用について、PR等を十分に行い、予算に見合うだけの効果を出してほしいとの意見がありました。  

鳥栖市議会 2015-09-09 平成27年 9月 定例会-09月09日−03号

また、農作物の被害として、ビニールハウスの破損60棟についても報告されております。  以上、御答弁とさせていただきます。 ○議長(齊藤正治)  中川議員。 ◆議員中川原豊志)  ありがとうございます。  答弁によりますと、住宅等の床下浸水が1件、農地ののり面、道路ののり面、道路の冠水などが数件と倒木が40件ほど、またビニールハウスの破損も60件ほどあったものと御報告を受けました。

みやき町議会 2014-09-16 2014-09-16 平成26年第3回定例会(第4日) 本文

その中の一つとしてスポーツ施設に来ていただき、久留米都市圏との交流を図れるような農業体験の施設とか直売所とか、それは周辺にビニールハウスで既に栽培されています。そういう直売所をおたくのほうでつくっていただくと、周辺の方々がその産物を直売したりそのような加工もできると。今ある茂安公園、千栗土居公園にあります朝市とあわせて道の駅なるものを民間の資本でできないか。

みやき町議会 2012-06-07 2012-06-07 平成24年第2回定例会(第2日) 本文

これにつきましては、太陽光やクリーンエネルギーなどの地域の再生可能なエネルギーを活用して、農産物などの地元の資源を官民協働・連携によって最大限に活用する、そして、それを地域の活性化につなげることを目的として、利用可能なクリーンエネルギー量をはかる大規模な調査というようなことで、四季彩の丘にあるビニールハウス、あるいは資料館等で取り組んだものであります。

佐賀市議会 2008-09-16 平成20年 9月定例会−09月16日-06号

県内のビニールハウスミカンの栽培面積は全国の3割、180ヘクタールで、全国一の生産地です。  あるミカン農家は、「冬場の日照不足で露地物に適さない分、ハウスミカンに力を入れてきた。失敗は許されない」というのが率直な声です。ハウス内は10月から3月までの6カ月間加温し、冬場の夜も室温を25度に保ちます。4月に出荷するため10アール当たり日量平均22リットルのA重油が必要と言われています。

佐賀市議会 2008-06-16 平成20年 6月定例会-06月16日-06号

佐賀市農業は、整備された圃場、共同乾燥施設、ライスセンター、カントリーエレベーターを利用した土地利用農業、米、麦、大豆、またビニールハウスを利用した園芸作物の栽培が行われております。3月の議会で認定農家について質問しました。その中で17年、18年、19年、米、麦、大豆の認定農家の数は横ばいでございます。その中で園芸作物は17年、402名、19年、503名となってと答弁がありました。

佐賀市議会 2006-09-19 平成18年 9月定例会-09月19日-05号

被害状況につきましては、昨日調査しましたところ、市内全域で家屋の破損、樹木の倒壊、ビニールハウスの倒壊など被害が見られます。そのほか、市庁舎1階の窓ガラスが割れるなど市の施設にも被害が出ております。  この中で人的被害が出なかったこと、また降雨量が24ミリと少なかったことは幸いでありました。

  • 1
  • 2