235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

他市の状況を見ましても、移行に関する方向性がある程度まとまった段階でパブリックコメント等により、市民の皆様に意見を伺う方法がとられておりました。本市におきましても、御意見をお伺いする時期といたしましては、他市と同様に中核市への移行を判断するタイミングで実施することになると考えているところでございます。

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

その上で、今回、保存活用計画についてはパブリックコメントをことしの初めに求められまして、多数の御意見が寄せられたところでございます。  そこで、このパブリックコメント──これはほかのパブリックコメントを求めるような案件と比べて、群を抜いて、東名遺跡に関しては件数も意見も多いということでございます。

佐賀市議会 2018-12-11 平成30年11月定例会−12月11日-06号

年明けにはパブリックコメントを実施して、広く意見聴取を行った上で、今年度中に計画をまとめる予定としております。  さて、本市の農業を取り巻く情勢は、農業従事者の減少や高齢化の進行野菜や果樹、花卉といった手間と労力を要する品目の生産面積の減少などによりまして、農業産出額は年々減少しているところでございます。

鳥栖市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日−02号

その中で、今回5回で、見直し方針に対する意見集約、評価、それから、第6回、予定されているのが、平成31年2月開催予定で、見直し案に対する意見集約、評価、計画素案の提示、それから、第7回は、来年の5月で、見直し計画案策定、それから、第8回目に、11月で計画素案策定、パブリックコメント、見直し方針決定というスケジュール案となっております。  しかし、これはもう約1年しか時間的猶予はありません。  

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

東京都もこの10月にパブリックコメントを実施していて、いよいよ条例制定に向かっているということのようです。一番新しいものとしては、県内での伊万里市というのがあるんですが、佐賀県条例と共通するのが、いわゆるものづくりなど商工業を主眼にしたものということが言えると思うんですが、今後考えるときには、さらに視野を広げていく必要があるのではないかと思います。  

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

また、7月にパブリックコメントが実施されたと思いますが、そこで寄せられた意見についてもお示しください。  以上、1回目の質疑を終わります。 ◎池田一善 総務部長   諸富支所庁舎等移転整備事業について、産業振興会館を移転先に選定した経緯について御説明いたします。  諸富支所庁舎は昭和54年に建設され約39年を経過しております。

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

今、検討したいという話があったんですが、空家等の適切な管理に関する条例の制定自体は24年の、施行が10月なんですが、実はパブリックコメント等も2月とかにやっているので、早い段階からこの話は市としては把握していたんですね。また、いろんな形で考えて検討して、課題もずっと見詰めてきた中で、なかなか本当に進んでいないなというのが実情だと思います。  

鳥栖市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−05号

さらに、次年度、検討懇話会におきまして、見直し計画素案につきまして御意見をいただきましたものを集約し、承認を得た後、パブリックコメントにより市民の皆様方からの御意見等をお伺いしまして、検討懇話会にて最終的な承認を得た上で、見直し方針の決定を行ってまいりたいと考えております。  以上、お答えとさせていただきます。 ○議長(齊藤正治)  中川議員

佐賀市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会−09月13日-02号

これから仮にホームページで資料を掲載し、パブリックコメントを募集する程度で県民や市民の声を聞いたというのであれば、到底受け入れられませんし、理解は得られないと思います。子どもから御高齢者まで、また、あらゆる業種に携わられる地域住民へ丁寧な説明をした上で、地域住民のその声を真摯に受けとめた上で、オスプレイの受け入れ可否について結論を導いていくべきではないでしょうか。  

鳥栖市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日−03号

そこで、市庁舎整備のあり方、方向性などを整理するため、鳥栖市市庁舎整備基本計画の策定を進め、計画の策定に当たりましては、有識者や市民等で構成される鳥栖市市庁舎整備基本計画策定委員会、庁内におきましては、鳥栖市公共施設等総合管理計画策定委員会、鳥栖市庁舎に関する庁内検討会等を実施するほか、市民アンケート、パブリックコメントや、市民説明会などを実施し、市民を初めとする、利用者の実際の意見などを踏まえながら

佐賀市議会 2018-06-22 平成30年 6月定例会−06月22日-09号

この遺跡の取り扱いにかかわるものとして、佐賀市埋蔵文化センター基本構想・基本計画についてのパブリックコメントがことし1月25日から行われておりましたが、その結果と、市としての受けとめをお聞かせください。  以上、総括質問といたします。 ◎百崎芳子 教育部長   私には3点御質問いただいておりますので、順次お答えいたします。  

みやき町議会 2018-03-26 2018-03-26 平成30年第1回定例会(第5日) 本文

行政政策形成過程において広く町民の意見を求めるための各種審議会、また、町民代表委員の参画やパブリックコメントの積極的な実施に努めております。先ほど議員質問にありましたアンケートですね、そういうのも含めたところで広く聴取していきたいということで思っております。  各種ボランティアの町民による主体的な活動の推進や、まちづくり団体育成、支援にも努めてまいります。  

鳥栖市議会 2018-03-12 平成30年 3月 定例会-03月12日−04号

その後、昨年5月に鳥栖駅周辺まちづくり基本計画案が公表され、6月にはパブリックコメントが終了し、正式な計画となりました。  この計画では、駅東側の公有地にあります本鳥栖町エリアが、都市型居住エリアに位置づけられ、世帯数は最大約1,000世帯人口は約2,400人増加すると見込まれ、さらに、駅西側において民間開発等によるマンション建設等も見込まれております。  

佐賀市議会 2018-03-12 平成30年 2月定例会−03月12日-08号

この基本計画につきましては、現在、パブリックコメントを実施しており、今年度末に策定を完了する予定としております。  以上でございます。 ◆野中宣明 議員   それでは、まず初めに、佐賀市の老人クラブの現状についてお伺いしていきますが、まず、組織数の推移がどうなっているのか、この点をお示しください。

佐賀市議会 2018-03-08 平成30年 2月定例会−03月08日-06号

最後になりますけども、現在、佐賀県においては第3次の佐賀県がん対策推進基本計画案の策定に向けて、3月12日までパブリックコメントが行われております。  佐賀市においても、就労支援を含め、がんの予防、医療の充実と、がんの対策を推進して市民健康を守るためにも、佐賀市がん対策推進基本計画、この策定が必要かと考えます。

佐賀市議会 2018-03-05 平成30年 2月定例会−03月05日-03号

学習指導要領が改訂になるときには、必ずパブリックコメントがございます。その中で広く国民から意見を求めるというふうになっておりますので、この国民の意見が生かされる場があるということです。  例えば、今回、「鎖国」という言葉がなくなりつつありました、教科書の中から。ところが、パブリックコメントによって、また復活いたしました。