76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2017-09-08 平成29年 8月定例会−09月08日-03号

昨日の川副議員質問にもあったように、昔は障がい者を隔離していた施策から、現在ではノーマライゼーションの理念のもと、健常者と一緒に暮らすということが施策の中心になっております。もちろん、障がい者の方も旅行もされますし、食事にも行かれます。ただ、普通の観光情報だけでは障がい者の方は自分が行けるかどうかの判断ができないため、行動に移しづらいという面があったということでありました。

佐賀市議会 2017-03-06 平成29年 2月定例会−03月06日-03号

本市では、障がいのあるなしにかかわらず、全ての人が当たり前に生活できることを目指しましたノーマライゼーションに基づく環境整備を目指しておりますので、市が居場所づくりを行う場合には、全ての方々を対象に検討する必要があるというふうに考えております。  しかしながら、障がいのある方の中には、やはり福祉サービスの利用や相談支援事業所につながらず、家の中に閉じこもりがちな人も多いことと思われます。

鳥栖市議会 2014-12-09 平成26年12月 定例会-12月09日−03号

近年、障害者を取り巻く環境は、ノーマライゼーションや合理的配慮などが提唱され、住みなれた地域の中で、いかに安心して生活していくことができるのかということが求められております。  また、国の方針についても、そういった理念に基づいて政策が進んでおり、鳥栖市においても、就労や居住について環境を整えることが求められてきております。  

佐賀市議会 2014-03-05 平成26年 2月定例会−03月05日-03号

3点目に、ノンステップバスの導入状況でございますが、近年、高齢社会の進展やノーマライゼーションといった社会の要請を受け、市営バスでは平成13年に県内で最初にノンステップバスを導入し、その後も関係機関補助金を活用しながら導入を図り、現在は68台中33台、導入率は約50%となっております。昨年2月には導入率が顕著であるということで、九州運輸局表彰をいただいたところでございます。  

鳥栖市議会 2013-03-11 平成25年 3月 定例会-03月11日−03号

9点目、ノーマライゼーションの理念の普及。最後、10点目でございますが、福祉団体等の育成でございます。さらには、災害時要援護者避難場所についても資料として掲げてございますが、以上10項目についての進捗状況についてお示しください。  答弁を求めます。 ○議長(齊藤正治)  野下総務部長。 ◎総務部長(野下政信) 〔登壇〕  太田議員の御質問にお答えをいたします。  

唐津市議会 2012-09-13 平成24年  9月 定例会(第4回)-09月13日−05号

ノーマライゼーションとかバリアフリーという横文字を聞くようになって久しいわけでありますが、住民の会合を行う会場が2階以上の階にある公民館が、市内25の公民館のうちの20カ所に上っております。25の公民館のうちにエレベーターがあるのが、わずか3公民館という実態にあります。これではお年寄りの皆さんや体が不自由な人に対する差別となっているのではないかということで、今回この問題を取り上げました。  

佐賀市議会 2010-06-15 平成22年 6月定例会−06月15日-04号

今はですね、ノーマライゼーションといってですね、障がい者もなるべく外に出ていただいて、地域の方と一緒にというのが流れでございますので、その方たちが例えば文化、芸術活動について、例えば文化会館の利用等があればですね、やはり所得についてはですね、やはり普通の健常者と比べたらそんなにないわけですから、そういう団体とかが、文化、芸術については、やるときは減免をぜひお願いしたいなと、今現在は東与賀の文化ホール

多久市議会 2009-12-07 平成21年11月 定例会-12月07日−04号

また、佐賀県が制定されています佐賀県福祉のまちづくり条例、これはノーマライゼーションの理念の浸透や高齢者社会の進展等を背景として制定をされました。  これらの関連からの質疑ですが、我が市役所本庁の正面玄関入り口、ポーチと舗装部分とが約10センチ程度の段差がありますが、そこら辺の段差の解消はできないのか質問をいたします。  

佐賀市議会 2009-12-04 平成21年11月定例会−12月04日-03号

今後、市として、さらに障がい者の皆さん方がノーマライゼーション、非常にそういう社会を私どもは目指さなければなりませんけれども、もっと民間の企業だとか、そしてまた、一般市民に対しても、その販売の機会の拡大とか、その交流の促進を積極的に推奨をするということも市として必要ではないかと思います。  

佐賀市議会 2008-03-27 平成20年 3月定例会−03月27日-10号

障がいを持つ人たちが人間として生きていく上で必要な支援、保障を利益だとして、負担能力の有無を度外視して、その利益を享受したのだから、相応の負担をしろという考え方そのものが強者の論理であり、ノーマライゼーション、共生社会の考え方に逆行するものであります。  この間、佐賀市議会においても、幾多の議会質問で障がいを抱える市民の窮状が明らかにされてきました。

鳥栖市議会 2007-12-12 平成19年12月 定例会-12月12日−03号

私は、昨年3月定例会一般質問において、国のゴールドプランに伴う老人福祉計画の策定、あるいは国のノーマライゼーション7カ年計画に伴う障害者福祉計画の策定、また国のエンゼルプランに伴う子育て支援計画の策定、介護保険のスタートに伴う介護保険事業計画の策定、そして国の健康推進法の施行に伴う地域保健計画の策定などなどの計画が策定されております。

鳥栖市議会 2007-06-12 平成19年 6月 定例会-06月12日−03号

このような国における社会的弱い立場にある人、あるいは移動制約者に対するノーマライゼーションの推進策が講じられている状況下にあって、本市においても、いろいろと事業、施策の計画及び推進が取り組まれていることも承知しており、努力されていることに対しましては敬意を表するところでもございます。  

みやき町議会 2006-12-14 2006-12-14 平成18年第4回定例会(第3日) 本文

それで、国の方も県の方もということで、町長の方も言われておりますけれども、これは何ですか、まだはっきりしないまま、この自立支援法というのは、国がまだまだ、十分に障害者の声を踏まえないままスタートしたということで、こういったぎくしゃくな問題が生まれて、低所得者でサービスが必要な人ほど、ノーマライゼーションといいながら放置される。この人たちは、もう何らですね、お金もなければ動けないようになってしまう。

佐賀市議会 2006-12-07 平成18年12月定例会−12月07日-03号

佐賀市といたしましても、今後さらに施設から地域へというノーマライゼーションの流れがございます。これから進んでいくと思います。雇用率のさらなる上昇を目指していきたいと考えております。そのためにも、ことし8月から就労支援嘱託員を2名配置しまして就労支援を図っているところでございます。また、その嘱託員の個々の技術力のアップにも努めております。

佐賀市議会 2006-09-29 平成18年 9月定例会−09月29日-09号

記 1.障害者自立支援施行による障がい当事者、家族、事業者、地方自治体への影響調査を早急に行い、真にノーマライゼーションの理念に則して同法の検証を根本から行うこと。 2.応益(定率)負担制度を抜本的に見直すこと。また、10月から導入される障がい乳幼児の療育に関する応益負担については、児童福祉法の理念を踏まえて凍結し、現行の公的責任による施策を継続すること。

佐賀市議会 2006-09-19 平成18年 9月定例会-09月19日-05号

2点目の受け皿としての授産施設等の運営を含めて自治体としての取り組みの課題は何かということですけれども、障がい者施策が大きく変化する中で佐賀市自治体としての取り組みの課題は、まず大きな理念的な問題ですけれども、大型入所施設での生活がどうしても障がい者に不自由を強いることになり、ノーマライゼーション精神に反するのではないかということから、大型入所施設から地域生活へ、いわゆる脱施設化、これは世界的な

佐賀市議会 2006-06-20 平成18年 6月定例会−06月20日-付録

をすることとなっているが、この10年間の工程(組織機構・人的配置を含む)はどのようになるのか  (2) 空き部屋の活用についてどのように考えているのか  (3) 支所長の権限について 2.ITを活用した市政づくりについて  (1) 合併協議でもあった合併町村におけるケーブルテレビの接続計画はどのようになっているか  (2) 地上波デジタル放送に伴い、難視聴地区(富士町・三瀬村・大和町松梅地区)への対応は 3.ノーマライゼーション