9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

今回、交通・買い物弱者対策デマンド交通を早期に取り組むべきではないかということで一般質問を通告させていただきました。  今日、皆様御承知のとおり、全国的に75歳以上の高齢者は約3.9人に1人ということで、大変高齢化が進んでいるところでございまして、我が町も令和元年度で4,350人程度となって、ますます増加傾向になっておるところでございます。  

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 名簿

             令和元年第4回定例会一般質問通告書 ┏━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓ ┃順位│ 議 員 名 │       質  問  要  旨       │  答 弁 者  ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┫ ┃  │       │1.交通・買物弱者対策デマンド

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

私はこのフォーラムにおいて、「デマンド交通路線バスタクシー新幹線……障害者にやさしい移動とは」というシンポジウムにパネリストとして参加いたしました。そこで、2つの残念な出来事がありました。  まず1つ目は、このパネリストの中に車椅子の方がおられたのでありますが、このステージには車椅子の方が上がられるスロープがないため、演台の下のフロアでシンポジウムを行わざるを得なかったことであります。  

みやき町議会 2019-06-06 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

誰でもが安心して住みなれた町で、その人らしく暮らしていける社会を構築していくためには、外出支援、乗り合いタクシーデマンド交通制度の施策は喫緊の課題となっております。  このような声が寄せられております。「土地柄、病院に行くにも買い物に行くにも大変なんです。巡回バスの拡充を含め、より隅々まで運輸を小まめにしていただければ助かります」「隣保班18軒中5軒がひとり暮らし。

みやき町議会 2018-09-12 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第2日) 本文

(1)誰もが安心して住みなれた町でその人らしく暮らしていける社会を、高齢者外出支援、デマンド交通制度の施策について質問いたします。  デマンド交通は、超高齢化社会を迎える市町村にとって避けて通れない課題だと思います。デマンド交通とは、タクシーのように指定の場所から場所へ移動を低料金で行う外出支援事業です。本町コミュニティバス運行の拡充に努めておられます。

佐賀市議会 2018-03-08 平成30年 2月定例会−03月08日-06号

◆松永幹哉 議員   それぞれ数値を出していただきましたけれども、デマンド交通は全国で展開されまして、地域性を生かした運行が各地でなされております。松梅のべんりカーについても先進地視察を行い、地域に合った運行が功を奏して、今紹介があったように、当時のバスの乗車数を超えているものと思われます。

佐賀市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-04号

北部地域においては、松梅地区のデマンドタクシー、それから、富士地区、三瀬地区のコミュニティバスの運行、今、聞くところによると、大和の川上地区でも検討されているということなんですけれども、先ほども言いましたけれども、本当に交通弱者対策としては、デマンド交通システムの検討がかなりの自治体で、いろんな模索をされているというふうに思いますけど、先ほど言われた佐賀市が導入しているこの3地区の交通弱者対策の利用状況

佐賀市議会 2014-03-06 平成26年 2月定例会−03月06日-04号

◆野中宣明 議員   ただいま佐賀市北部、また南部地域においての富士町コミュニティバスの運行など、またはデマンド交通とか、そういったものを今後検討を実施されていくということでございましたけども、それと同時に、佐賀市南部においてはそういった実施に当たってのモデル地区の試験運行、こういったものもということの話でございました。  

佐賀市議会 2013-12-11 平成25年12月定例会−12月11日-06号

◎石井忠文 企画調整部長   デマンド交通コミュニティバスの運行に対する国庫補助は、自治体人口規模に応じた上限が定められております。佐賀市の場合は、算定基準に基づいて算出いたしますと、約3,300万円、これが上限となってまいります。このことも十分考慮に入れながら、デマンド交通コミュニティバスなど、新たな地域公共交通の導入を検討していく必要があるというふうに考えているところでございます。  

  • 1